全体表示

[ リスト ]

富士山の構成資産”富士山域”の中に含まれる
構成要素”吉田口登山道”の紹介です。
 
富士吉田市にある北口本宮冨士浅間神社を起点とした、富士山頂への
登山道です。
 
現在スバルラインによって5合目まで車で行けるため、
1合目から登る人は少ないが、そんな中でも
ここ最近、浅間神社から5合目までも歩いて登る人が
徐々に増えているようです。
 
この吉田口は富士講の礎を築いた”食行身禄”が信者の登山本道は
吉田口と定めたことから、以後多くの富士講信者が吉田口登山道から
山頂を目指した、重要な登山道です。
 
浅間神社から中ノ茶屋〜馬返しまでの写真は割愛させていただき
馬返しより上の神聖域の様子を紹介させていただきます。
イメージ 1
馬返しの鳥居は、狛犬ではなく、猿が祀られています。
庚申の年に富士山が現れたという伝説によるものらしいです。
イメージ 2
登山道は枡も整備され、とても歩きやすいです。
イメージ 9
1合目鈴原神社(このあと紹介する神社等は全て廃墟というか跡です)
イメージ 10
2合目 御室浅間神社(現在は麓の勝山に移されています)
この少し登った辺りが”女人天上”で江戸時代女性が登れる限界地点が
あります。江戸時代にはそれより上は女人禁制だったようです。
イメージ 11
3合目 3軒茶屋跡(茶屋は2軒しかなかったようです)
イメージ 12
4合5勺 御座石浅間神社跡 富士講の開祖、長谷川角行の修行の場所です。 
イメージ 13
5合5勺 経ヶ岳 日蓮が法華経を奉納
イメージ 14
5合目〜6合目の間が森林限界です。この後木々は無くなります。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 3
6合目より上は見慣れた登山道ですね。
多くの山小屋が連なり、つづら折の登山道が続きます。
イメージ 4
水を司る八大竜神が祀られた亀石。
その他、食行身禄が入定した烏帽子岩(8合目)等があります。
8合目より上は、冨士浅間大社奥宮の境内(紳域)となります。
イメージ 5
イメージ 6
そして吉田口登山道の頂上”久須志神社”に到着です。
イメージ 7
イメージ 8
と、こんな感じの登山道です。
 
是非、世界遺産となった”信仰”の観点からの視点を
持ちながら登山してみてください。
 
 
 
 
 
今年も登りたいと思いつつ、チャンスをうかがいながら
ペンション業を営んでおります。
いつでも世界遺産のお話もしますので
お暇な時に、覗いてください
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事