全体表示

[ リスト ]

山中湖から車で15分。あまりに近いので
しっかりお参りした事もなかったのですが、世界遺産登録を機に
お参りをしてきました。
須走口登山道の起点となる、東口本宮冨士浅間神社(須走浅間神社)です。
イメージ 1
鳥居の富士山が”不二山”と書かれています。
二つとない山、富士山という意味でしょうか?
イメージ 2
まずは、楼門です。この前にいる1対の狛犬がめずらしく、また素晴らしいです。
富士山の熔岩が固まった岩の上にいるのですが、
右側の狛犬は、子供の狛犬(?)が親の狛犬を見上げています。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
楼門をくぐった後、ふりむくと、
イメージ 11
イメージ 12
富士山を形どった、お神輿が左右に1基づつ置いてあります。
イメージ 13
亀の形をした”長寿亀石”をすぎると、
イメージ 14
拝殿、本殿があります。
富士山最後の噴火、1707年の宝永の大噴火で大破。
1718年に再建されたもので、2009年に修理をし、今の姿となりました。
 
北口や、富士宮同様、富士講の方が多く訪れ、
信者が寄進した70基もの登山記念石碑や石像。
東京の富士塚から移転したものが、所狭しと立ち並びます。
イメージ 15
イメージ 3
イメージ 4
以前の須走口登山道の説明ブログでも少し触れましたが、
富士山頂の散銭取得権を持ち、富士宮の浅間大社と争ったほどの
力をもった神社で、富士講の盛んさを伺えます。
イメージ 5
こちらの鳥居から、須走口登山道へ向います。
イメージ 6
境内に、富士山の湧水が豊富に湧き出している場所があり、
この湧水が集まり、神社の正面に流れ、立派な滝をつくっています。
イメージ 7
 
また、鎮座1200年を記念し造られた、記念資料館があります。
(入館料無料)ここは、是非、是非見学してください。
 
食行身禄の像をはじめ、須走口の富士講の栄えた様子や
当時に服装や、多数の古い白黒写真などが展示されています。
また、宝永の大噴火で壊滅的被害を受けた時の様子や
それを救った伊奈半左衛門の資料があります。
伊奈氏の偉業を読んでみてください。グッときますよ。
また、時間があれば、その伊奈氏を祀った”伊奈神社”も
すぐそばにありますので、是非お参りしてみてください。
 
 
 
 
ペンションからも15分ほどです。
山中湖にお越しの際は、是非立ち寄ってみてください。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事