ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
御礼Blog開設10周年(2005/2/11〜) ほとんどJAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。

書庫ごあいさつ

すべて表示

次回も、開催決定してます。 できるだけCD店の試聴機で聴けないけど良い作品を紹介したいと思ってます。 このblogを見ている方、新しいジャズに興味のある方、お近くにお住まいの方、お時間のある方、是非ともお越しください。このBlogに掲載のアルバム、掲載前のアルバム等々いろいろかけられると思います。(かけない盤も持ってくつもり) また、聴くだけでなく"これぞ!!"という新譜(JAZZ限らず)をお持ちください。私の時間が終了以降は持ち寄りの会になります。 当然、聴くだけでも良い出会いがあります。 ※自分も、この会で良い盤をたくさん教えてもらってます。 Maria Schneider, Walter Smith III, Rebecca Martin, Giulia Valle , Jenny Scheinmaすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • "Time Being" Tim ...

    2017/4/26(水) 午前 6:21

    最近多いんですが、この盤もメンツ買いです。ちょっと前の黄金のピアノトリオを擁したカルテット作という様相で、これは聴かないと。と思った次第。 もうちょっと説明すると、最近の活動が少ない Jeff "Tain" Watts がドラムで全面参加していること。 ワンホーンカルテットで良い仕事をするという認識を持っているDavid Kikoskiが、そのワンホ ...すべて表示すべて表示

  • "Regina" Becca St...

    2017/4/24(月) 午前 6:08

    Becca Stevensも、出たら買いする数少ない女性ボーカル(というには、最近比率が上がっているような)の1人になっています。 最初は2011年の"Weightless" ( https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61019768.html )を買ったところからなので、6年聴いていることになります。 2014年に" ...すべて表示すべて表示

  • "Fe...faith" Gonz...

    2017/4/22(土) 午前 7:21

    Gonzalo Rubalcabaのリーダー作を買うのは、昨年のCharlie Hadenとのデュオ作以来ですが、これはどちらかというとCharlie Hadenのデュオ盤買い、しかも追悼ということで、あまりGonzalo Rubalcaba目当てと言う感じでもありませんでした。  “Tokyo Adagio”( https://blogs.yahoo. ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事