ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫ごあいさつ

すべて表示

私が関わってる、ここで開催報告している「新譜試聴会」は、中央線立川手前の国立駅にある「中央線ジャズ」の牙城「NO TRUNKS」( http://notrunks.jp/ )で、年4+1(+1は年間ベスト)回開催されています。 場所は、お店のURL( https://notrunks.jp/#access )で確認願います。 年4回の通常の回では...。 できるだけCD店の試聴機で聴けないけど良い作品を紹介したいと思ってます。 このblogを見ている方、新しいジャズに興味のある方、JTNCを買った人、読んでる人、お近くにお住まいの方、お時間のある方、是非ともお越しください。 このBlogに掲載のアルバム、掲載前のアルバム等々いろいろかけられると思います。 (かけない盤も持ってくつもり) また、聴すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Dizzy Reece "Asia...

    2019/3/19(火) 午前 5:41

    Dizzy Reece の1962年に発売された作品で、Prestigeレーベルからのリリース。 本作は、さるイベントでPrestigeレーベルのトランペットのフィーチャされた演奏を捜していた際に、No Trunks店主からお借りしたもの。 ジャズ批評の”Prestigeレーベル”本( https://www.amazon.co.jp/dp/4 ...すべて表示すべて表示

  • "Real Feels: Live...

    2019/3/17(日) 午前 6:50

    John RaymondのReal Feelバンドの作品は、昨年6月に体験したライブがことのほか素晴らしく、そのときの観戦記は以下。  "John Raymond & Real Feels(20180612)"( https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64523890.html ) この来日が新作を引っ提げてのものだっ ...すべて表示すべて表示

  • Brad Whiteley "Pr...

    2019/3/15(金) 午前 6:22

    Brad Whiteleyというピアニストのリーダー作。 本人のhp( https://www.bradwhiteley.com/discography )を見ると、まだまだ参加作も少ない若い人のよう(1980生なので40近い)で、本作が2枚めのリーダー作になるようです。 これは、新譜情報を見ていてなんか気になって購入したもの。 特に、メン ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事