ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫ごあいさつ

すべて表示

私が関わってる、ここで開催報告している「新譜試聴会」は、中央線立川手前の国立駅にある「中央線ジャズ」の牙城「NO TRUNKS」( http://notrunks.jp/ )で、年4+1(+1は年間ベスト)回開催されています。 場所は、お店のURL( https://notrunks.jp/#access )で確認願います。 年4回の通常の回では...。 できるだけCD店の試聴機で聴けないけど良い作品を紹介したいと思ってます。 このblogを見ている方、新しいジャズに興味のある方、JTNCを買った人、読んでる人、お近くにお住まいの方、お時間のある方、是非ともお越しください。 このBlogに掲載のアルバム、掲載前のアルバム等々いろいろかけられると思います。 (かけない盤も持ってくつもり) また、聴すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Nguyen Le "Stream...

    2019/5/20(月) 午前 5:22

    Nguyen Leはベトナム系フランス人ギタリストです。 過去に、E_L_Bというユニットのアルバム "DREAM FLIGHT"( https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/53729879.html )を聴いていますが、これが10年以上前。 本人単独のリーダー作を、本人のhpのジャケ写( https://www. ...すべて表示すべて表示

  • "Playtime 2050" N...

    2019/5/18(土) 午前 9:34

    この盤は、このジャケだと購入意欲が湧くわけもなく、さりとてメンツも知ってる名前があるわけでもなく、どうして買ったのか一瞬悩むくらいだが、実はリーダーのNick SandersがFred Herschの弟子だという宣伝文句になんとなく釣られたもの。 リーダーのNick Sandersは、New Orleans出身でこのアルバムが単独では3枚めのリーダ ...すべて表示すべて表示

  • "Berlin People" T...

    2019/5/16(木) 午前 5:17

    Tobias Meinhartというサックス奏者はこの盤を見つけたときに初めて知った人で、ドイツ出身でNYに拠点を移して活躍している人とのこと。 本作はタイトルの通り、ドイツ(ベルリン?)出身のミュージシャンに、ドイツを拠点にしている皇帝 Kurt Rosenwinkel が客演しているもので、購入動機はKurt Rosenwinkelの参加にほか ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事