ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Chick CoreaとGary Burtonのデュオ作というと、名盤Crystal Silenceを含めて都合4作品存在しているようですが、これだけコリア好きの私でありながらこの辺は買い逃しているというか、買う機会を逸していたというか、全ては持っていませんで、聴かずじまい状態になっています。
まぁ、名盤はいつの世にも存在するので、爺さまになってからでも、手に入ることでしょう(笑)

ということで、Chick CoreaとGary Burtonのデュオ35周年ということで話題を振りまいているこの作品ですがCD2枚組になっていまして、1枚目がSydney Symphonyが後ろに入ったオーケストラ作品になっていて、2枚目が完全な2人だけでの演奏となっています。双方ともライブ収録(時期は違う)であります。

演奏曲は、以下の通り。いつもながらのいつもの楽曲が目立ちます(笑)
DISK1
1 Duende
2 Love Castle
3 Brasilia
4 Crystal Silence
5 La Fiesta

DISK2
1 Bud Powell
2 Waltz For Debby
3 Alegria
4 No Mystery
5 Senor Mouse
6 Sweet And Lovely
7 I Love You Porgy
8 La Fiesta


1枚目は、オーケストラ入りと言うことでアレンジも周到に用意されていたんだと思いますが、1曲が10分超になっているものが大半を占め、全部で5曲と抑えめな曲数となっています。
2枚目は、逆に10分超は最後の1曲だけで全部で8曲。
こちらはテーマの後、2人のソロまわしでまるく収めていると予感させてくれます。

さて、肝心の演奏ですが、1枚目はオーケストラのダイナミクスを効果的に利用した演奏になっていて、バイオリンのソロがあったり、ホーン陣のビャーッという厚みのある音に驚いてみたり、さらに低音の押し寄せるような迫力に圧倒されてみたりと、デュオ作品としてよりオーケストラ作品としての楽しみを得られるような感じの仕上がりになっています。

2枚目は、2人だけの演奏なので、当然ですが2人の音数が1枚目と比してだんぜんに多く(あたりまえか(汗))2人のコラボレートが存分に楽しめます。
っていうか、この2人の一心同体的な音、ツーと言えばカーと言うほどにそれはそれは見事な一体感。
もしかして、細部までしっかり譜面になっているんじゃないかってくらい、どの曲も荒れずに進行していきます。
それでいて作られた感ってのが実は希薄で、緊張感を感じさせるってのはいったい何なんでしょう。

1枚目のオーケストラの迫力も相当聴き応えありますが、2枚目を聴いちゃうとやっぱりこっちが本編なんだろうなぁと思ってしまうのでありました。


しかし何度も書いていますが、昨年から今年にかけてのアルバム発売ラッシュはなんだったのでしょう。
一通り、手に入れている上に、輪をかけてRhumba Framenco(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2008/3/8)までも手に入れたので、かなりの金額をchick coreaにお布施したことになると思います。
一応、予定ではこれで一段落と言うことになります。


Chic Corea & Gary Burton "New Crystal Silence"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2672282)

  • 顔アイコン

    ozaさん、こんにちは,monakaです。
    コリア多いですね。このアルバムは拾わないわけにはいきませんでした。オーケストラ聴いた後デュオに移るとほっとしますね。 削除

    [ monaka ]

    2008/3/26(水) 午前 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    20年!!前にNYのブルーノートでChic Corea & Gary Burton を観ました。そして、これが素晴らしく、興奮さめませんでした。
    遠い昔の良き思い出であります。

    TRIK

    2008/3/26(水) 午後 6:05

    返信する
  • 顔アイコン

    こちらからもTBさせていただきました。
    1枚目と2枚目のどちらが好きかは人それぞれの好みがあるにせよ、本作は実に素晴らしい作品でした。
    また録音的にもピアノとバイブが良く録れているのは当然として、オーケストラの線が細くなかったのが良かったです。

    [ nary ]

    2008/3/26(水) 午後 6:48

    返信する
  • 顔アイコン

    私ももう、このところチック・コリアの新譜漬けです(笑)。このアルバムは、1枚目の本格的にクラシック寄りのようなカチッとしたオーケストレーションも、2枚目のデュオの楽器同士の音が普通ぶつかり合うのに、何だこの一体感は、と思うような、それでいてホンワカと暖かい感触もあって、どちらの面も好きでした。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2008/3/26(水) 午後 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    >monakaさん
    コリア盤に翻弄された年末年始って感じでした(笑)
    でも、買わずにいられない期待と、それに充分応えているクオリティに満足しています。
    個人的には、1枚目のオーケストラ入りが予想以上にヨカッタって印象です。
    TBありがとうございます。

    oza。

    2008/3/26(水) 午後 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    >TRIKさん
    burtonのライブは見ました(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2006/06/04)のですが、coreaとのDUOは見たことありません。
    この2人の演奏、目の当たりにすると相当にぶっ飛ぶと想像されるだけにうらやましいです。

    oza。

    2008/3/26(水) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    >naryさん
    おっしゃる通りオーケストラの音が良かったです。
    最初に聴いたときのインパクトは相当に強かったです。

    TBありがとうございます。

    oza。

    2008/3/26(水) 午後 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >910kazuさん
    1枚目から聴いたので、オーケストラ入りに、ムム???と思った途端に、その迫力にヤられちゃったのが後を引いてます(汗)
    1枚目2枚目ともそれぞれに、それぞれの良さがあるのは重々承知の上で、1枚目が印象的に残っちゃっています。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2008/3/26(水) 午後 9:20

    返信する
  • 顔アイコン

    35年前の感動を元に触手を伸ばしましたが、それを超えるか並ぶ事は出来ませんでした。
    オケ・サイドがいいと言う意見がありますので、もう一度じっくり聴いてみます。
    それにしても、チックはよく働く人ですね。

    東信JAZZ研究所

    2008/3/27(木) 午後 4:50

    返信する
  • 顔アイコン

    僕はこの盤の真骨頂か1枚目だと思いますが(笑)。

    こればかりは個人的な趣味の問題ですからね。
    そんなこと言うと、音楽なんてすべて個人の趣味の世界ですか。

    僕はクラシックでもチェンバーよりもシンフォニーが好きだし、ロックもシンフォニック・プログレが好きだし、どうしても「壮大なドラマ仕掛け」という演出に弱いんですよね。チックの一枚目なんか、かなりササリマス、ハイ。

    こちらからもTBさせていただきます。
    では、また。

    [ - ]

    2008/3/28(金) 午前 1:24

    返信する
  • 顔アイコン

    >jazz_power_of_3さん
    個人的には、この盤で充分満足していますが..(^^;;

    35年前の若さと勢いは、無いってことなんでしょうか
    monakaさんの"円熟が聴けて"ってのが言い得ているんでしょう

    oza。

    2008/3/28(金) 午前 6:32

    返信する
  • 顔アイコン

    >crissmorganさん
    わはは、真骨頂は1枚目ですか
    私も1枚目が好きなのですが、一般的には2枚目なのかなぁと..

    この1枚目は、結構ダイナミックなオーケストラの音が聴けて、満足度は高かったです。

    TBありがとうございます。

    oza。

    2008/3/28(金) 午前 6:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事