ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Joe Zawinulの75歳の誕生日ライブが秘やかにリリース告知がされていまして、国内盤だけでの告知だったのでそのうち安い米盤の告知がされるだろうと購入(予約)を躊躇していたのですが(海外版告知されるも価格的に余り魅力ないし...)。
発売日が近づくと"world tour"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1216225)の頃からのzawinulのアルバムはとんでもなく良いということで刷り込まれていた身としては、いてもたってもいられず国内盤の購入をしました。

2007年7月7日ハンガリーでのライブとなります。ちなみに、命日は9月11日なので死の2ヶ月前の録音と言うことになります。

メンツは以下の通り、
Joe Zawinul(Kb)、Sabine Kabongo(Per)、Alegre Correa(G)、Linley Marthe(B)、Paco Sery(Ds)
Jorge Bezerra(Per)、Aziz Sahmaoui(Per)
そして、なんと!! スペシャルゲストとして
Wayne Shorter(Ss) In A Silent Way

Weather Report解散後のZawinulバンドは、SAXが参加したものが無かったらしい(全部は確認していない)のですが、それはWayne Shorterの存在が影響していたというのは、知ってる人には有名な話です。
そのZawinulがWayne Shorterとの共演を果たしたというだけでも快挙でありますが、Weather Report解散後唯一のSAXと共演したZawinulの演奏と言うことにもなるわけであります。

 ちなみに、"world tour"以降のアルバムは以下の通り
  "Faces & Places"2002年9月
  "Vienna Nights: Live At Joe Zawinul's Birdland"2005年8月
  "Brown Street"2007年2月

演奏は、2枚に渡って以下の通り、WRの楽曲を含むおなじみと言える曲が並んでいます。
Disk2の後半4曲目で、Zawinulの誕生日を祝う"Happy Birthday"。続いて、ハイライトとも言えるShorterとの共演と、怒濤の構成となっております。

Disk1
1 Introduction To Orient Express
2 Orient Express
3 Madagascar
4 Scarlet Woman
5 Zansa
6 Cafe Andalusia
Disk2
1 Fast City / Two Lines
2 Clario
3 Badia / Boogie Woogie Waltz
4 Happy Birthday
5 In A Silent Way
6 Hymn

演奏としては、圧倒的なベースとドラムの音圧と、怒濤のぶ厚いリズムで下支えされた上で、Zawinulのシンセサイザが自在に飛び回るという、おなじみの構成ではあります。
ありますが、この演奏は聴いていると、聴いていて次第に集中してきて、さらに熱くなって来るという所がありまして。
いや、Zawinulの最期の演奏だからというのではなく、演奏の強度的に、コンサートの構成的に、素晴らしいモノがあります。
アルバムとしての満足感が相当高いものがあります。
全体的にスピード感疾走感のある演奏が多い中、絶妙に聴かせる演奏が入ってきて、飽きさせません。
それどころか、何回聴いても飽きることなく聴き入ってしまいます。
そして、後半。濃厚だがオーソドクスなHappy Birthdayの歌唱に続いて、怒濤のリズムで締めくくられる誕生日のお祝い。
そしておもむろに始まるsopranoの響き。まさに背中ゾクゾク、鳥肌もんであります。


まだ、次のアルバムを期待したくなるアルバムなのでありました。もう次は無いんですけど...(とどこかと同じ終了フレーズ)

Joe Zawinul "75: Last Birthday Live!"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2763561)

  • 顔アイコン

    ozaさん、こんにちはmonakaです。
    凄いアルバムが登場しましたね。私はショップで海外のアルバムをみて即買ってしまいました。それには“5 In A Silent Way”がありませんからかなり今となっては残念です。
    やせ我慢ですがこちらにはない“Gibraltar〜Night Passage”もとてもライブを盛り上げる素晴らしい演奏です。
    国内版を買いなおすことはしないとおもいますので、幻の演奏が出来てしまいました。
    TBさせていただきました。 削除

    [ monaka ]

    2008/10/21(火) 午後 9:26

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。

    おそらくbootと思いますが、収録曲が違うんですね。
    こちらの立場としては“Gibraltar〜Night Passage”は非常にソソられるものがあります。
    できれば、両方入手を検討したいところです。しなくても、未聴曲を1回聴いてみたいです。

    逆TBさせていただきます。

    oza。

    2008/10/22(水) 午後 8:42

    返信する
  • 顔アイコン

    最近当方から夜にTB打てなくて、朝か昼間に打っています。
    このアルバム、盛り上がり状態で聴いていましたよ。
    非常にいいアルバムで、「イン・ア・サイレント・ウェイ」も収録日が違う割には、流れているように聴けました。
    いつものVictorのアルバムのように、輸入盤が2枚組で国内盤が1枚というような、理不尽なこともなく、助かりました。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2008/10/24(金) 午後 3:09

    返信する
  • 顔アイコン

    >9101さん
    これまでの国内仕様での不当な扱いで不遇をかっていたのですが、最後の最後に改心してくれてよかったです。

    輸入盤の価格を考えると、この盤の相当な売れ行きに(Victorは)ビビッてるんじゃないでしょうか(笑)

    ここ最近、閲覧だけでもちょいと重いと感じてます。<夜のyahoo blog

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2008/10/25(土) 午前 8:10

    返信する
  • 顔アイコン

    こちらからもTBさせていただきました。
    ザヴィヌル関連では今まではウエリポの「8:30」が最高だと思っていたのですが、本作はそれに勝るとも劣らない素晴らしい作品でした。もう今年のフュージョン部門のベスト1に確定です。
    注文時点で輸入盤もいつかリリースされるだろうと思ってはいたのですが、発売日が10月27日とずいぶん遅いですし値段も500円しか違わないので、これは日本盤を買って正解でした。

    [ nary ]

    2008/10/25(土) 午後 6:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >naryさん
    この盤は、輸入盤の魅力がほとんどないアルバムですよね。なかなか珍しい状況だと思います。

    それでもって、この演奏は素晴らしいです。最後にとんでもないアルバムを残したもんです。

    TBありがとうございます。

    oza。

    2008/10/26(日) 午前 8:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事