ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんどJAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。

書庫全体表示

seamus blake "Live In Italy"

イメージ 1

seamus blakeと言うと、最近ではSam Yahel "Jazz Side of the Moon"、Tal Wilkenfeld "Transformations"なんてあたりで見かけた名前なのですが、実は特に意識して聴いていた記憶はなくて、名前だけは何となく覚えていたって程度だったのですが、なぜかこの盤は買ってしまったのでありました。

メンツは以下の通りで、特にこの人がいるなら買いって感じでもないですし..
Seamus Blake(ts) David Kikoski(p) Danton Boller(b) Rodney Green(ds)

イタリアでのライブというのに異常反応したってことにしておきましょう(笑)
ちなみに2007年2月のイタリアツアーだよん なんて書いてあります。

演奏曲は、最近のライブ盤は2枚組だらけというテーゼのご多分に漏れず2枚に全部で9曲の演奏が入っています。

DISC1
1 The Jupiter Line
2 Way Out Willy
3 Debussy String Quartet In G Minor
4 Fear Of Roaming

DISC2
1 The Feeling Of Jazz
2 Spacing
3 Ladeirinha
4 Darn That Dream
5 Dance Me Home

肝心の中身ですが、これが買って大正解ってくらいにヨカッタです。
っていうか、1枚目の1曲目の最初ちょっとだけ聴いただけでこれは良さそうと思わせる勢いを感じさせてくれます。
Rodney Greenはガシガシぶっ叩くし、David Kikoskiってこんなに良かったっけ??と思うくらいに弾き倒してますねぇ。
で、それにもましてSeamus Blakeが本人も気持ちよく朗々と、聴いてる側も満足できるほどに吹きまくってまして、満足度高いです。

音としては、アコ楽器以外にちょっとシンセサイザーだかが効果音的に含まれていますが、特にそれが演奏に好悪とも影響を与えているような感じではありません。

当然、早めの曲、遅めの曲と演っているのですが、どちらもそれぞれにそれぞれの良さを感じるというか、おそらく演奏に迷い(あるいは頭でっかち感)を感じさせないところが、良さに繋がっているような気がします。
想像できる通り、1曲が10分を超えるものが多数(1曲(8分)以外全部。最長は17分)を占めているのですが、長さを感じさせるようなことはなく、あっという間に10分が過ぎている。50分が過ぎているって感じです。


しかし、この演奏の強度は相当のものがあります。おそらく彼(seamus blake)は、現在脂が乗りきっているんじゃないでしょうか。

聴衆もラテン系な乗りで喝采を浴びせています。
おそらく複数の会場の音源が入っているんだと思いますが、おおむねどこも大きな会場を使用しているように思えます。
ってことは、イタリアでは人気者になっているってこと??
私は、この盤好きです。


seamus blake "Live In Italy"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2808521)

この記事に

  • 顔アイコン

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。
    こちらからもTBさせていただきました。

    本作もまた2枚組のライブ盤で、ホント最近はこういうパターンが多いですよね。
    しかもどれもこれもが演奏内容が良いので嬉しいです。
    わたし的には全曲4ビートのCD2が特に良かったです。
    ちなみに今日聴いた今年の初聴き盤も2枚組ライブ盤でしたよ(笑)

    [ nary ]

    2009/1/3(土) 午後 4:54

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。

    2枚組ライブ盤というパターンが定着しちゃいそうですね。(もう、してる?)
    私も良い傾向だと歓迎しております。(文章化はちと大変ですが(汗))

    そして、本盤も充実した演奏2枚分に満足でありました。

    oza。

    2009/1/4(日) 午前 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    昨年12月上旬には手に入れていたのですが、なかなかアップする機会がなく、今日に至ってしまいました。ライヴで思いきりの良い演奏だったので、もっと早く聴けばよかったかな、と思います。あまり長尺な演奏を感じさせないところも、さすがですねえ。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2009/1/11(日) 午前 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    seamus blakeがイモだって書いてあるのは「新しいJAZZを聴け!」のP105だったのですが、約10年経過しての成長は充分なものであったと言うことなのでしょう。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/1/11(日) 午後 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    PeopletimeというJAZZレビューのblogをやっております、なおきと申します。しばしば拝見させて頂いておりました。
    ちょうどSeamusの記事をupしましたのでTBさせて頂きます。最近のSeamusはホントすごい勢いですね。Liftを出した頃のChriss Potterを思い出してしまいます。

    今後とも宜しくお願い致します。

    [ thr*e*iews1*5 ]

    2009/2/8(日) 午後 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    >なおきさん
    はじめまして
    TBありがとうございます。

    おっしゃる通り
    >Liftを出した頃のChriss Potterを思い出
    すほどの勢いを感じさせてくれます。

    逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/2/9(月) 午前 6:42

    返信する
  • 顔アイコン

    >David Kikoskiってこんなに良かったっけ??と思うくらいに弾き倒してますねぇ。

    同感です。キコスキのライブ演奏のCDってあるのかどうかわかりませんが、少なくとも僕は聴いたことがなくて、こんなにイイとは思ってもいなかったので驚きました。シーマスはクリス・ポッターとともにこれからますます注目を集める存在になるでしょうね。

    [ - ]

    2009/2/17(火) 午後 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。

    そのkikoskiのリーダー作がcrisscrossから出るってんで、ささっと発注したのですが、まだ未入荷のようです。

    oza。

    2009/2/18(水) 午前 6:42

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    おめでとうございます。引き続き、ヨロシクお願いいたします。

    と、クリポタ並みの勢いは認めますが。。。
    やっぱ。クリポタが好きだな。。
    トラバさせていただきました。

    [ すずっく ]

    2009/3/28(土) 午後 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    >suzuckさん
    1000エントリのお祝いありがとうございます。
    と、TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    クリポタならではの魅力ってありますからねぇ。
    でも、Seamus Blakeこれからどう化けるか、非常に楽しみであります。

    oza。

    2009/3/29(日) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん,こんばんは。このアルバムに関してはてっきりコメント,TBを入れさせて頂いたつもりでいましたが,失念していたようです。このアルバムに関してはブログ界では盛り上がりを示していますが,メディアでは取り上げられているとは思えないですよね。ブログはつでも何でも,こういうアルバムが注目されるのであれば,それはやはりいいことだと思います。遅ればせながらTBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2009/3/29(日) 午後 10:37

    返信する
  • 顔アイコン

    >中年音楽狂さん
    こちらからTBしてなくてすいません。

    最近、雑誌とか見なくなっちゃったので雑誌とかでの取り扱いは不明ですが、HMVでは"入手困難"ですし、amazonではひっかからないし
    unionでは在庫なしですし、入手性があまり良くない影響もあるかもしれませんね。
    でもunionに中古は出てましたが..(てことは、聴く人を選ぶ??)

    逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/3/30(月) 午前 6:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(6)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事