ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Jim HallとBill Frisellの共演盤です。
Jim Hallは、積極的に最近のFUSION系大御所ギタリストとDUOを作ろうとしているんでしょうかね。
pat methenyとのDUO盤に続く2作目(だと思う)にBill Frisellときました。次は、john scofield、John Mclaughlinあたりになるんでしょう(笑)

この盤は2枚組になっていまして、1枚目は2人だけ、2枚目はベースとドラムが加わって4人での演奏となっています。

DISC1 : Jim Hall(g)、Bill Frisell(g)
DISC2 : Jim Hall(g)、Bill Frisell(g)、Scott Colley(b)、Joey Baron(ds)

演奏曲は、以下のような感じで合計20曲のてんこ盛りとなっています。

DISC1
1 Thoroughout
2 All Across The Way
3 Bag's Groove
4 Migration
5 Family
6 Waiting To Dance
7 Bimini
8 Masters Of War
9 Beijing Blues
10 Monica Jane

DISC2
1 I'll Remember April
2 Barbaro
3 Chelsea Bridge
4 Owed To Freddie Green
5 Beija Flor
6 Here And Now
7 My Funny Valentine
8 Card Tricks
9 In A Sentimental Mood
10 Sonnymoon For Two

1枚目は、Bill Frisellに特有の雰囲気が前面に出ている感じです。
逆に2枚目は、Bill Frisellの幽玄的な雰囲気というのはスポイルされてJim Hallの香りが強い感じがしますかねぇ
曲的にも、1枚目はfrisellの曲多め、2枚目はhallのオリジナル多めって感じなのでそう感じさせるんでしょう。
でも、それぞれにそれぞれにそれぞれの持ち味が微妙に混じり合って、中間で化学反応を起こして違う魅力が出て来ちゃったってのがあると思います。

2枚目も悪くはないのですが、どちらかと言えば1枚目の2人だけで演奏しているほうに、この盤の魅力(化学反応)が出ていると思います。



Jim Hall / Bill Frisell "Hemispheres"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2811160)

  • 顔アイコン

    Jim Hallと言えば アランフェス! あの美しい音のハーモニーに
    やられてたび重ねて聴くマイ・フェバリットアルバムですが
    エヴァンスとのデュオ等は 悪くは無いが私の琴線にふれてきません><
    このアルバムは デュオが1枚目ということなので興味しんしんです。
    へイデンとバロンのナイト&ザ・シティが大好きなのですが その手の
    感じを期待していいのでしょうか? ベースとピアノのデュオとは
    違いすぎて比較対照にはしにくいですかねぇ?(^^♪

    [ dan*yu* ]

    2009/1/13(火) 午前 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    このアルバム、マークしているんですが、オススメ度はどうでしょうか?
    文面からは、あまりオススメの雰囲気が伝わってこないのですが。。。

    東信JAZZ研究所

    2009/1/13(火) 午後 1:14

    返信する
  • 顔アイコン

    えーっと、一言でこのアルバムをあらわすと、「地味」って感じですが、個々のフレーズをとらえると、けっこう冒険的な部分もありますよね。2人とも追っかけしているギタリストなので、私は迷わず買いましたけれども。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2009/1/13(火) 午後 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    >dan*yu*さん
    え〜と、たぶん"Night And The City"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/671050)は持っていません。
    なので、参考になるコメントは難儀です。ゴメンナサイ

    地味なんですかねぇ。実は、文章化するのに相当難儀しています。
    ただ、聴き応えは充分と認識していますので、買って損はないと思います。

    oza。

    2009/1/13(火) 午後 9:07

    返信する
  • 顔アイコン

    >jazz power of 3さん
    そういうわけで、文章化に難儀するような内容です。

    この文章にするまで、年末年始をかけて相当回数聴いています。
    が、何回聴いてもそのたび認識を新たにしていますので、聴き応え充分であることは間違いないと思います。

    ただ、文章化に難儀しているのが。。。(--;;

    oza。

    2009/1/13(火) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    >jazz910kazu
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    地味ってことになるんですかねぇ..

    2枚が別アルバムでも問題なしってくらい、それぞれの中身が濃いですし、
    聴くたびに毎回新たな聴き所を見つけてる感じがありますし、
    今までに、相当回数聴いていますが、まだ飽きてる感じ全然しませんし..

    でも、文章にするのは、かなり難儀だったのは事実でありますが..


    私も興味津々度は相当高かったので、即買いを決めてます...。

    oza。

    2009/1/13(火) 午後 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん,こんばんは。当方ブログにコメント,TBありがとうございました。

    確かにこのアルバム,文章で評価するのって大変なような気がしますが,でもやっぱり面白いアルバムだと思います。

    こちらからもTBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2009/1/13(火) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    >中年音楽狂さん
    TBありがとうございます。

    聴き応え充分なれど、文章化に難儀する。
    まさに、地味なアルバムって表現になるんでしょうか..


    スルメ盤になってます..。

    oza。

    2009/1/14(水) 午後 8:42

    返信する
  • 顔アイコン

    随分前に届いてたのですが、
    やっぱ、文章にしづらくて。。なんちゃって。

    ビルフリ流な世界が強いけど、、1枚目が好き☆
    トラバしましたァ。。

    [ すずっく ]

    2009/6/6(土) 午前 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。

    本文は"化学反応"だけ、上のコメントは"地味"しか書いてないですねぇ
    悪くはないですけど.. 書きづらいんでしょうね(^^;;

    逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/6/7(日) 午前 9:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事