ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

延々、出る出ると言われていたBOZOの新作は津上さんのソロ名義みたいな状態で、さらに水谷さんのバンド"Phonolite"の面々が加わった豪華な布陣での登場となりました。

BOZOのメンツが以下の4人
津上研太(As,Ss)、南博(P)、水谷浩章(B)、外山明(Ds)
phonolite ensembleのメンツが
Miya(Fl)、小林豊美)Fl)、松風鉱一(As,Cl)、松本治(Tb)、平山織絵(Cello)
となっています。

演奏曲は、以下の8曲。8曲目以外が津上さんの作曲。8曲目は南さんの曲です。
1 Beyond The Mind Age
2 On A Little Red Bridge
3 夜雪 ~in Between Rain & Snow~
4 A Spring In Our Step
5 Mars Rush
6 Floating Boat
7 Autumn 41
8 Elegy 3

5曲目が2枚目"DUENDE"からの再演、6曲目が3枚目のライブ盤に収録されていた曲と再演も含んでいますが、何度か津上さんのライブに足を運んでいるからか、聴いたことのある曲の含有率は高いイメージです。

演奏ですが、個人的にはかなり満足度高いです。津上さんの魅力の相当の部分が出ていると思います。
津上さんもそうですが、南さんの魅力もかなり出ています。て言うかBOZOの4人の魅力は皆それぞれにかなり良い感じに表出しています。

全体に、躍動的とか勢いの演奏ではなく、じっくり奏でていくような演奏になっているのですが、聴いていてゾクゾクしてくるほどにじわじわとにじみ出てくるような凄みに、思わずたじろいでしまいそうになるくらいです。
そういう魅力のアルバムです。


4曲目から6曲目にphonolite ensembleの面々が加わっているのですが、こちらも全体のイメージは維持しつつ、やっぱり同様にゾクゾクしてくるような凄みを醸し出した演奏が繰り広げられています。


封入されている、南さんから津上さんへのお手紙に「残念ながら、音楽的クオリティが高い演奏が、いつもそれと同等の評価を受けることが稀な・・これが世に出ればびっくりする人は必ず居るよ。」なんて一文があるのですが、泣けてくるほどに、私は"びっくりする人"の一人であることを自負し、同等の評価が得られる程に話題になるべきアルバムであると確信している次第であります。


Kenta Tsugami "BOZO & Phonolite ensemble"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/3530150)

この記事に

  • 顔アイコン

    なるほど とても興味深いアルバムのようですね^^
    この方も知りませんでした。欲しいものリストに入れときます。
    もっとも今月は上旬ですでにCDやらなにやら買いすぎたので
    来月以降になるかと・・・。(^^ゞ
    ご紹介ありがとうございます。

    ps グレアムペンギン♂と名乗ってブログしてます、よろしければ
    ご覧下さいませ<(_ _)>
    http://grahampenguin.blog123.fc2.com/

    [ dan*yu* ]

    2009/6/12(金) 午前 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    >dan*yu*
    そうなんです。メンツだけ見てもソソられるものがあると思います。(^^)
    この盤はすぐにはなくならないと思うので、近々入手というスタンスで大丈夫と思います。


    blog見させていただきました。+さっそく「お気に入りブログ」にも登録させていただきました。

    oza。

    2009/6/13(土) 午前 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます^^
    amazonじゃ品切れ状態でした。頼む時はHMVですね〜♪
    きのう、like someone in love 到着しました わ〜い!喜
    んでも、5枚ほど到着したのでまだ未聴です(^^ゞ

    私もお気にに入れて飛んできてます^^

    [ dan*yu* ]

    2009/6/13(土) 午前 8:01

    返信する
  • 顔アイコン

    邦盤ジャズは製造枚数も限られているようですが、それでも売れ残っているのが実情のようです。
    なので、当分の間は買い逃しても比較的容易に取り寄せられそうです。

    本当は、ライブとかで本人から購入するのが良いらしいです。(ギャラが現物ということもあるとか!?)

    oza。

    2009/6/14(日) 午前 9:20

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントとTB有難うございます。

    この作品が素晴らしい仕上がりになっているのは、Phonolite のメンバーが加わっても BOZO の本質が失われていない点だと思います。
    やはり、水谷さんのアレンジが絶妙と言えるでしょうね。

    このメンバーでのライブにも期待です。 削除

    [ funky_alligator ]

    2009/7/10(金) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >funky_alligatorさん
    TBありがとうございます。

    BOZOの人選はかなり絶妙なんじゃないかと、ひそやかに思っています。
    人気者が多いので、BOZOだけでもスケジュール合わせは大変そうです。

    が、この盤のリリース直後に新宿PIT INNでライブあったようです。

    oza。

    2009/7/11(土) 午前 7:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事