ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Enrico Pieranunzi "Dream Dance"

イメージ 1

先般紹介した、mads vinding盤( http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/57870642.html)を購入する際、どちらか1枚と決めて落とした方のアルバムです。
理由は、同じメンツでの演奏という意味では、聴いたことあるし.. って程度のもんですが。。
mads盤がどうも煮え切らない印象だったと、本文に記載したところ、中年音楽狂さんから
 確かに"Dream Dance"はいつものメンツではありますが,
 いつもと感じはかなり違っていると思いますので,
 機会があればお聞きになってみて下さい。
なんて、コメントをいただいて、俄然聴いてみようと意欲がわいた次第であります。

と言うことで、メンツはおなじみの以下の3人
Enrico Pieranunzi(P)、Marc Johnson(B)、Joey Baron(Ds)

演奏曲は、以下の9曲で、約50分弱の演奏となっています。
1 End of Diversions
2 No-Nonsense
3 As Never Before
4 Castle Of Solitude
5 Peu De Chose
6 Nippono Ya-oke
7 Pseudoscope
8 Dream Dance
9 Five Plus Five


さすがに、ひれ伏すほどにたいしたもんでありました。Enrico Pieranunzi。
美しい旋律を奏でる右手と、饒舌でありながら毅然とした音を奏でる左手のコラボレーションは筆舌に尽くしがたいものがあります。
もっとも、Pieranunziはevans派というイメージからするとかなりアグレッシブな演奏ではありますが、それがツボにはまったかのように、耳を惹きつけさせて離さない求心力を持っているというイメージです。これはなんなんだろう?

そもそも、この3人それぞれにリーダー作を発表している実力者揃いであること。
さらに、この3人での演奏歴は、きちんと調べたことないけど、相当量あると思う
という2点から、高度なインタープレイを伴った相当凄い演奏をすることは自明なのでありますが(だから、当初買わなかったんだけど)。

そういう予想と、期待感と、想像と、予感 をいろいろ抱えて聴き始めても、しっかりそれら先入観を凌駕した凄い演奏を繰り広げていてのけぞってしまったというのが正直なところ。
冒頭で言った通り、 Pieranunziのpianoが凄い。さらに3者の絡み具合が絶妙で聴き応え充分。曲が良い。とかなり満足度の高いアルバムでありました。


mads盤買わずに、コッチを買っておけば良かった..(悔)


Enrico Pieranunzi "Dream Dance"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/3532569)

  • 顔アイコン

    ・・・っと言うことはamazonのリストに入れとかなきゃぁ!
    月も替わった事だし、発注のチャンスです(^^ゞ
    by グレアムペンギン♂

    [ dan*yu* ]

    2009/7/2(木) 午前 7:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >グレアムペンギン♂さん
    私も、blog仲間の皆さんに薦められてからのかなり遅れての入手なので、偉そうなことは全然言えませんが、この盤は「買い」です(^^)v

    oza。

    2009/7/3(金) 午前 6:35

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん,こんにちは。中年音楽狂です。私のコメントを再掲して頂き恐縮です。

    Pieranunziは日本ではリリカルな面が強調される傾向が強いと思いますが,このアルバムの力感が私は好きでした。お気に召したようでなによりです。TBさせて頂きます。

    [ meh*d*u_col*ect*r ]

    2009/7/4(土) 午前 10:51

    返信する
  • 顔アイコン

    >中年音楽狂さん
    おっしゃるとおり、この盤は"力感"が感じられてかなり好感触なアルバムでした。
    お馴染みのメンツだから。。とジャズのごく基本を考えればそういう発送はダメなことは百も承知でありながら。。(不覚でした)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/7/5(日) 午前 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん、こんにちは。
    去年リリースされたこの作品とTarge Geweltの"oslo"でのEnrico Pieranunziのプレイは強力さと美しさが絶妙なバランスで、名作の域にはいってると思いました。
    トラバありがとうございました。TBさせていただきました。

    [ - ]

    2010/4/18(日) 午後 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    この盤のPieranunziは、なんで一旦買わないと決めたのかと後悔し、聴いた後にそれでも聴けて良かったと思うくらいに驚喜したのですが。。。"oslo"は。。。聴き直してみます(汗)
    TBありがとうございます。

    oza。

    2010/4/18(日) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    これは、皆さんがおススメするだけのことはあるアルバムですね。録音が’04年だったけど、そういうことよりもう内容をむさぼるように聴いてしまった1枚ではありました。けっこうパワフルです。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2012/5/12(土) 午後 5:49

    返信する
  • 顔アイコン

    本文にも書いている通り、自分も遅れて入手しているクチなので全然偉そうなこと言えないのですが、録音からリリースまでのタイムラグがあろうと、この盤のクオリティの高さは圧巻でした。
    遅れてでもこういう盤を聴く機会を持てる(教えてもらえる)仲間の存在が貴重です。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/5/13(日) 午後 3:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事