ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

山中千尋 "Running Wild "

イメージ 1

ベニー・グッドマン生誕100周年企画作品なんだそうです。
ですが、なんで山中がこういう企画でアルバムを出すのかいまいち理解できないのです。邪推してみますと
 (1)あまり使われないネタを持ち出してきた(話題作り)、
 (2)本人が異常にベニーグッドマンが好き、
 (3)前々作"After Hours"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/53115798.html)の
   oscar petersonトリビュートに続くトリビュートのシリーズ化。
とか。。。
当初、1番かと思っていたのですが3番が堅いかもしれません。ピアノトリオでない編成はトリビュートシリーズで活動をするということかもしれません。
メンツも"After Hours"の2人(GとB)がそのまま起用されていることからも、この可能性が高く感じられます。
ということで、メンツは以下の通り。当然のクラリネット(と驚きのVib)入りとなります。
6人いますが彼女のアルバムではこれが最多メンバー構成と言うことになると思います。
CHihiro Ymanaka(P)、Janelle Reichman(Cl)、Tim Collins(Vib)、Avi Rothbard(G)、Yoshi Waki(B)、Luca Santaniello(Ds)

演奏曲は以下の通り。2曲(B.G.、G.B.)がオリジナルで、残りはベニーグッドマンゆかりの曲のようです。
1.If I Had You
2.Airmail Special
3.B.G.(Bad Girl)
4.G.B.(Good Boy)
5.Slipped Disc
6.Stompin' At The Savoy/Last Call
7.Get Happy
8.Smoke Get In Your Eyes
9.Tico Tico No Fuba
10.Rose Room
11.Rachel's Dream
12.These Foolish Things
13.Runnin' Wild
14.If I Had You

演奏ですが、1曲目で古い録音調のモノラルの演奏からスタート(というパターンは過去にも記憶があるぞ:上原だったはず)。
ベニーグッドマンらしい、古風でありながらハッピーな曲調の曲が多く並んでいます。
前面には、Cl、Vibが出ている比率が高く(まぁ、こういう編成ならそうなるでしょう)、山中は古い奏法を駆使したバッキングを多くの場面で聴かせてくれています。で、ここゾというときに前面に出てきて聴衆の意識をさらって行ってしまうと(笑)

モダン以前のジャズを元にしているので、楽曲自体が難しい構成になっているわけでもありませんし、特に小難しいアレンジを施してもいませんので、安心して楽しめるアルバムとなっています。
あまり高度なことには踏み込まず(おしゃれな)ジャズの雰囲気を楽しむには好適と感じれば、昨今の軽くジャズを楽しもうという国内ジャズの購入層を意識した作品になっているとも言えるわけですが..。

とはいえ、その程度の演奏にはなっていないと思いますので、うるさ方にも納得していただける内容にはなっていると思います。


山中千尋 "Running Wild "(http://www.hmv.co.jp/product/detail/3655463)

  • 顔アイコン

    このアルバム、けっこう気に入ってしまいました。変拍子も入っているところがあったり、ハッとするようなアレンジの仕掛けがあったりと、「普通に料理しないもんね〜」的なノリが、古きよき時代を意識したサウンドと相乗効果で、グッと来るものがあるのだと思います。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2009/10/24(土) 午後 0:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > jazz910kazu さん
    たしかに、スタイルが古いものを基調にしているのですが、「普通に料理しないもんね〜」は感じられますね。
    だから「うるさ方にも納得していただける内容にはなっていると思います。」に通じてるということになるんでしょうかね。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2009/10/25(日) 午前 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    とても心地よく楽しめるので、気に入っています。
    TBを送らせて頂きました。

    [ ken*am*68 ]

    2009/10/27(火) 午後 3:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > kenyama さん
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    心地良さと聴き応えとを兼ね備えた快演だと思いました。
    山中さん、まだまだいろいろな側面を見せてくれそうで楽しみです。

    oza。

    2009/10/28(水) 午前 6:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事