ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

大西順子 "Baroque"

イメージ 1

大西順子さんの復帰2作目です。
ですが、なんだか本人気合いが入っているようで、今作リリース前後にいろいろ露出が多くなっている印象があります。

1作目は、ちょうどほぼ1年前紹介の"楽興の時"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58339374.html)でした。
前作はトリオでの演奏でしたが、本作は3管を配して、ベースが2人入った7人編成となっています。

メンツ詳細は下記の通り。
Junko Onishi(P)、Nicholas Payton(Tp)、James Carter(Ts,Bc,Fl)、Wycliffe Gordon(Tb)、Reginald Veal(B)、Rodney Whitaker(B)、Herlin Riley(Ds)
Roland Guerrero(Per)-1


演奏曲は以下のとおり。3曲のオリジナルと、ミンガス、モンクなどを織り交ぜて全部で8曲となっています。
1.Tutti
2.Mother's, The (Where Johnny is)
3.Threepenny Opera, The
4.Stardust
5.Meditations For a Pair of Wire Cutters
6.Flamingo
7.Street Beat/52nd Street Theme, The
8.Memories of You

1曲目サンバ調のリズムを打楽器が打ち鳴らすところから、今までとは雰囲気違うぞと思わせてテーマになって以降、屈強な3管の面々が八面六臂の大活躍という感じでゴリゴリブリブリバリバリに吹き鳴らす中、それを軽くいなすようにピアノが果敢に攻め込む様は、気合いと気合いのぶつかり合いのごとき様相を呈して、聴いてるこっちは、ウハウハしてりゃ良いから気楽ですが。。てな感じですが、完全に圧倒されます。
2曲目、最初スローな演奏かと思わせるイントロからスタートするのですが本編になると1曲目ほどの緊張感ではありませんが、それでも気合い感充分の演奏にのけぞります。
途中、ソロピアノを挟んでインターバルを入れつつも、(7曲目最後がフェードアウトなのはちと残念ですが..)一気に怒濤の如く1枚聴き終えてしまう勢いのあるヘヴィ級なアルバムでありました。
しかし、リーダーもさることながらJames Carterの重戦車然としたサウンドには相変わらず圧倒されます。

彼女の最近始めたblogに"バンドスタンドで成長させて貰ったラストジェネレーションが〜経験者全員集めれば、みんなあの時のサウンドに自然になるんじゃない?」とちょっと閃いた。"という一文があるのですが、これを知るとこの選曲は納得がいくし、それがうまく表現できている演奏になっていることが良く判ります。

しかし、この極彩色のジャケは演奏に負けず劣らず凄いなぁ..

大西順子 "Baroque" (http://www.hmv.co.jp/product/detail/3829421)

  • 顔アイコン

    こんばんは。この作品は予想をはるかに上回るハイパーな出来でした。やっぱり大西順子,女傑です。ということでTBさせて頂きます。

    それにしても,彼女のつぶやきもブログも結構激しいですねぇ。見ながら笑っています。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2010/8/21(土) 午後 8:01

    返信する
  • 顔アイコン

    もうすぐ輸入盤が発売になります。1カ月待った甲斐がありそうですねー。楽しみです!。

    ぜっぷりん

    2010/8/22(日) 午前 3:08

    返信する
  • 顔アイコン

    >中年音楽狂 さん
    >やっぱり大西順子,女傑です。
    というのは薄々判っていたつもりだったのですが、"これほどとは"と驚いております。
    凄い演奏で本当にビックリです。

    >ブログとつぶやき
    私も、読んでます(^^

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2010/8/22(日) 午前 6:59

    返信する
  • 顔アイコン

    >ぜっぷりん さん
    よくぞ、1ヶ月待ちました。って感じです。
    今年聴くべきアルバムの筆頭といっても過言ではないと思っております。

    しかし、輸入盤安いですよね。。

    oza。

    2010/8/22(日) 午前 7:02

    返信する
  • 顔アイコン

    アルバムのジャケットやタイトルにいい意味でだまされました(笑)。

    やっぱりフツーのアルバムではなかったので、喜んでおります。それにしても、気合いはいってますよね。さすがに繰り返し聴いたら、満足感とともに、その気合の疲れというか緊張感も...。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2010/8/22(日) 午後 3:05

    返信する
  • 顔アイコン

    >9101さん
    タイトルとジャケのそれぞれからちょっとずつ違ういろいろなことを想像しますが、おっしゃる通り私も「いい意味でだまされました」

    しかし、こうも化けるとは思いも寄りませんでした。凄いアルバムを作ったもんです。
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2010/8/22(日) 午後 6:23

    返信する
  • 顔アイコン

    夏休みが終わりましたね。

    と、、これは、全編、テンションが高くて、面白かったです。
    前半、オリジナル3曲だけでも、ミニアルバムになりますなぁ。

    この方の呟きわたしも偶然発見して、ビックリしました。
    なんか、、強気だけど。。かわいいね。

    [ すずっく ]

    2010/8/26(木) 午後 6:37

    返信する
  • 顔アイコン

    >suzuckさん
    なるほど、前半3曲という発想は出てきませんでした。
    たしかに雰囲気がころころ変わるけどそれが演劇的だというのは判りますし、それで1枚でも通用しそうですね。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2010/8/27(金) 午前 5:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事