ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Ronnie Lynn Patterson "Music"

イメージ 1

これは、メンツ買いです。先にメンツを書いちゃいますと
Ronnie Lynn Patterson(P)、Fransois Moutin(B)、Louis Moutin(Ds)
ということです。そういうことです。

Ronnie Lynn Pattersonは、前作"Freedom Fighters"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/57504972.html)が売れたかは知らないけどいろいろ話題になってました。
Fransois & Louis のMoutin兄弟は、泣く子も黙るフランスの鉄壁リズム双子隊。
我がblogでは、Moutinで検索するとMoutin Reunion Quartetがたくさん見つかると思います。

演奏曲は、下記の8曲。見たことのある(というか旋律を思い浮かべちゃうような)タイトルがずらっと並んでおります。
1.Lazy Bird
2.Moon And Sand
3.Evidence
4.All Blues
5.Blues Connotation
6.It's Easy To Remember
7.Summer Night
8.Blue In Green

ということで演奏ですが、楽曲からするとかなりオーソドクスなピアノトリオな演奏かと危惧(?)しておりましたが、どうしてどうして、一筋縄ではいかない内容でありました。
とはいえ、出だしはテーマを普通に弾いていてオーソドクスなピアノトリオを感じさせる演奏からスタートするのですが..
普通に聴き進んでいくと、徐々にRonnie Lynn Pattersonのうなりが聞こえだしてきまして..
これが全盛期のkeith jarrettばりにやかましいのですが(笑)、彼のうなりが段々うるさくなるとピアノのフレーズが俄然早くなってきて、演奏の楽しさはいや増すばかり。

ということで、ピアノだけでも充分楽しい("楽しい"って感じです)のですが、そこにFransois Moutin、Louis Moutin
ですからねぇ。
Fransois Moutinのベースがここでも良い味だしてまして、まぁ相変わらずと言えばそれまでですが、良く歌う気持ちの良いベースを楽しむことが出来ます。
で、これまた相変わらずと言ってしまえば身も蓋もない双子のLouis Moutinとの連携の見事さも、いつも通りの特筆事項になるでしょう。


全体構成としては、"Music"というタイトルが諮詢する通り、特に凝ったアレンジとか、奇抜なアイデアで度肝を抜こうとかそういう演奏ではなく、まっとうに奏でるテーマのあと、純粋にテーマ->ソロ->テーマという、ごくごくオーソドクスな節回しでの演奏に終始しています。
終始していますが、各人の演奏の技量で聴かせてしまうところが言ってみれば聴きどころ満載とも言えるわけで、しっかりじっくり聴きたいアルバムに仕上がっています。


Ronnie Lynn Patterson "Music"(http://www.amazon.co.jp/dp/B003H2E3AG/)

  • 顔アイコン

    ムタン兄弟が参加しているというのに、Ronnie Lynn Pattersonが知らない人だったので、すっかり見逃しておりました。
    さっそく注文しましたが、一昨日から未聴盤がゼロの状態でブログの更新ネタがなくなっていたところなので、Amazonに在庫があり2〜3日中に入荷するのはラッキーだったです。

    [ nary ]

    2010/10/9(土) 午前 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > naryさん
    自分は前作をStephan Kerecki買いしていたので、名前を見てCHECKできました。
    HMVで扱いがあればいろいろ調整できたのに、といろいろ考えるところはありますが(笑)
    でもamazonに在庫があったのはなによりです。
    blog記事を楽しみに待ちたいと思います。

    oza。

    2010/10/9(土) 午後 1:06

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。oza。さんがこのアルバムを取り上げられなければ,絶対気がついていなかっただろうなぁと思います。ご紹介ありがとうございました。

    中身は結構普通のアルバムだとは思いますが,演奏の質は高くて,楽しんで聞くことができました。ということでTBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2010/10/21(木) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    >中年音楽狂さん
    前作を買っているので、うまく引っかかってくれたんだと思います。
    おっしゃる通り、"普通の演奏"ではなく"構成は普通だけど演奏で聴かせる"というのがキモですよね(^^)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2010/10/23(土) 午前 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    こちらからもTBさせていただきます。
    私としては初Ronnie Lynn Pattersonだったのですが、バックのムタン兄弟のカッコよさも相まって、本作は最高に気に入りました。
    同じくルイ・ムタンが参加している「Ronnie Lynn Patterson/Freedom Fighters」の方も、機会があったらぜひ聴いてみたいと思います。
    それにしてもこれだけの良盤が、いまだにHMVで取り扱いがないのも不思議ですね。

    [ nary ]

    2010/10/23(土) 午後 6:28

    返信する
  • 顔アイコン

    >naryさん
    曲とか演奏構成とかあまり凝っていないので想像以上に気に入られたようで、実はちょっと驚いています。
    ただ、演奏はさすがに良いのではありますが。。(唸りがうるさいのは..)

    TBありがとうございます。

    oza。

    2010/10/24(日) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    こんんちは。
    oza。さんの記事を拝見してから、即ゲットするつもりだったのに在庫切れとかでずいぶん待たされてしまいました。
    キースより高いキーの唸り声でまくりはともかくとして、情熱も技術もあるいいピアノトリオですね。このフォーマットでもキャラは出すムタン兄弟はさすがですね。
    Jazz聴き初めの時なら、この唸り声は敬遠していたかも・・。免疫って怖いっす。
    TBさせていただきます。

    [ - ]

    2010/12/23(木) 午前 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    >とっつぁん さん
    ちょっと前からHMVでも紹介しだして、この盤の認知度も相当上がってきたって感じですね。良いことです。
    naryさんが書いてるマンネリstandardsよりこっちのほうが聴き応えがあるというのが、ひとことで言い得てる印象です。
    が、このメンツでコンスタントな活動は望めないかなぁと..

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2010/12/25(土) 午前 8:03

    返信する
  • こんばんは。
    これは、最初はむたん兄弟であたまにはいり、すきな曲で、買う気になりました。

    >が、このメンツでコンスタントな活動は望めないかなぁと..

    そうなんですか。
    もう、二枚くらいは同じメンバーで聴いてみたいもんですよね。
    とか、、いいながら、、ピアノトリオの再買率が低いわたしです。。繊細さにかけるのかも
    しれない。。

    とラバしたいのですが、わけあって、、とらばアドレスが表示されません。。お手数ですが
    、、わたしのブログでとらばあどれすをおしえてください。

    [ すずっく ]

    2011/2/12(土) 午前 0:53

    返信する
  • 顔アイコン

    >suzuckさん
    リーダーの前作"Freedom Fighters"がジャズ批評の年ベスト(あたり)で、それにムタン兄弟なので、メンツだけで買っても大丈夫な面々だと思いますが、なにかもう一押しあると買いやすいですよね(^^)
    という人気者同士なので、コンスタントな活動は厳しいのかなぁと勝手に思ったんですが、実際のところはどうでしょうかね。。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/2/14(月) 午前 6:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事