ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

プリズムと言っても、日本の有名なFusionグループではなくて、フランスのピアノトリオのほうです。

"On Tour"というアルバムが出た頃にちょっと話題になりまして、その前後の活動が全然わからん状態だったのですが、いろいろ調べておおよその状況が掴めたというところです。
"On Tour"が1999年録音の2001年発売で、2枚目が1997年録音の1998年発売、3枚目で1999録音で発売が..
と言う感じらしい。
ということで、2001年以来活動が止まっていたわけですが約8年ぶりに活動を再開ということなんでしょう、この盤は2009年6月のライブ録音ということになります。
Pierre de Bethmannのサイト(http://pierredebethmann.com/en/concerts.html)でスケジュールを見るとまだPrysm名義のスケジュールがありますので活動は続いているようです。

メンツは、従来からのピアノトリオフォーマットに、ゲストでアルトサックス3曲、ギター2曲が加わります。
Prysmの3人は初期からメンバー変更していないようです。
Pierre de Bethmannは、Moutin Reunion Quartetの現ピアニストで、上記スケジュールでもMoutin Reunion という名前がそこここに見え隠れしています。(2011/06時点)
Pierre de Bethmann(P)、Christophe Wallemme(B)、Benjamin Henocq(Ds)
Guest: Rosario Giuliani(As:1,2,8)、Manu Codjia(G:5,7)


演奏曲は、下記8曲で、全部Prysmの3人うちの誰かの曲になっています。
1 Reflexion
2 Secret world
3 Temps dense
4 X-ray intro
5 X-ray
6 The stone cutter intro
7 The stone cutter
8 Un des sens

冒頭、低い拍手のなかベースがリズムを刻む音からスタート。ピアノがピャ〜ン、ピロピロと演ったその直後にドラムがアグレッシブなビートを刻み始める。 ここまで30秒経っていません。
が、この時点で買って良かったぁ〜と思わされます。このゾクゾクするようなオープニングは、何度聴いてもシビれます。くーーっ、たまらん(笑)
2曲目以降1曲目の衝撃は薄れるものの聴きどころ満載のテンション高い演奏を1ホーンカルテット、ギターカルテット、ピアノトリオと3つのフォーマットで楽しめます。
SAXが入ると骨太なサウンド、ギターが入ると少しクールで幻想感漂うような雰囲気。トリオだと3者のバトルが熱い。

Pierre de Bethmannの生ピとエレピを駆使したフレーズの多彩さに耳が惹きつけられます。
Rosario Giulianiの彼が演奏するとしっかり主役の座を持っていくが如くのソロの凄さ。
Manu CodjiaのギターはJAZZでなくFUSION系の音色とフレーズで、全体の雰囲気をがらっと変える影響力を持ちながら、全体的には違和感を感じさせない変な魅力がある感じ。
と皆それぞれに個性を発揮していてかなり良いのですが、このバンドのキモはBenjamin Henocqのドラムなんだと思います。
彼のかなりゴリゴリな音で演奏の骨格が形作られるような感じがありまして、このドラム抜きにはこのアルバムを語れないと言ってしまいましょう。

8年ぶりくらいのアルバムですが、ここまで凄い演奏をやらかしてしまうなんて、なんで解散したの?なんでそれだけブランクあるのにこれだけの演奏が出来るの?てなくらいに完全にヤられました。

ベストは・・・他にも聴きどころ満載だけど1曲目になるでしょう。


Prysm "Five: Live At Opera De Lyon" (http://www.hmv.co.jp/product/detail/4011012)

  • 顔アイコン

    こんばんは。このアルバムは本当に強烈でした。このテンションとスピード感には多くの人がまいってしまうのも当然ですね。私も同じでした。

    TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2011/6/22(水) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂 さん
    どうしてこんなに熱い演奏になってしまったの?ってくらい、ブチ切れの演奏に唖然としてしまうくらいとんでもないアルバムで、本当に
    >多くの人がまいってしま
    っていると思います。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/6/22(水) 午前 6:03

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    音狂閣下ではありませんが、これは燃えないと潜りですなぁ。
    って、ジュリアーニもかなりぶち切れでした。

    で、久しぶりの新譜なので、もう一ついってしまうなら、今度はトリオで勝負してみてくれ。って、感じでしょうか。
    イヤ、、もう、すごいんで、文句ではないんですけどね。

    [ すずっく ]

    2011/6/22(水) 午後 5:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > suzuckさん
    いやほんとに"燃えないと潜りです"よ。
    たしかに、本領はトリオにあると思うので、まだまだ活動続いているようなので、今度はトリオで勝負してもらいたいですよね。


    TBが知らないうちに承認制になっているようで。。(汗)、今後はコメントはさておき(大汗)TBだけは早めに公開するようにしますので。。
    逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/6/23(木) 午後 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    やっとアップしました。真空管アンプで聴くのは夏は修行のようです。。
    これはやはり熱くなりますね。カッコいいです。ピアノが要。
    TBします〜。

    [ madame ]

    2011/7/21(木) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    この時期、真空管アンプはキツいでしょう。石のアンプでも、天板がかなり熱くなっています。
    (ちなみに、デカいのは最近休眠中でもっぱら小さいので聴いてます(笑))
    部屋が暑くなっても熱い演奏を聴きたくなるような、演奏だと思います。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/7/22(金) 午前 6:13

    返信する
  • 顔アイコン

    皆さんが紹介していて、かなり評価が高いので、年末に入手して聴いてみました。かなりツボでした。自分とは接点がなかったのと、夏に入手しようとした時に、入手できなかったのが遅れた原因なんですが。

    トリオだけではなく、サックスもギターもバッチリハマってましたです。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2012/1/9(月) 午前 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    これは年間ベストの3枚に入れるくらいにインパクトの強かった盤なんですが、遅れてでも聴けて良かったんじゃないかと思います。
    "燃えないと潜りです"よ。という演奏は、今聴いても圧巻です。

    個人的にはこの時期前年の皆さんの評価の高かった盤を買い漁ることが多く、今年もちょっとずつ散在しはじめています(笑)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/1/9(月) 午前 8:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事