ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Pat Methenyの新譜は、カバー集ということで情報が世の中に出た直後の評判はあまり芳しいものではないのが多かったような印象を受けていました。
なんで、この時期にカバー集なのか?しかも、選んでいる曲が アレにソレにコレっていうのは??
みたいな(笑)
冷静に考えればJAZZなんてスタンダードを演奏することが基本として発展した音楽で、New StandardなんてタイトルのアルバムをHerbie Hancockがリリースしたのは、もう15年も前のことです。
そうでなくてもBeatlesの楽曲なんて発表直後に、Count Basieや、Wes Montgomeryにカバーされていたのは有名な話(だと思う。)
なにもPat Methenyだけ特別扱いする必要はないと思うんですけどね。。

ということで、Pat Metheny のソロギターです。前作(Orchestrion)同様のソロ作品(と書くと、書いてて驚く(笑))となりますが、今回はでっかい装置は起用されていません。
一応メンツを書き出すと
Pat Metheny(G)

演奏曲は、そう言うわけでカバーだらけです。全部の曲を知っているかというと。。全然自信身ありません。
1 The Sound of Silence
2 Cherish
3 Alfie
4 Pipeline
5 Garota de Ipanema
6 Rainy Days and Mondays
7 That’s the Way I’ve Always Heard It Should Be
8 Slow Hot Wind
9 Betcha by Golly, Wow
10 And I Love Her

演奏ですが、冒頭ピカソギターによるS&Gの名曲からスタートなんですが、これが某氏曰く「1人ウィチタフォールズだっ」だったのですが、そんな耳でウィチタフォールズを聴き直したら、逆にピカソギターの発想の元が、ウィチタフォールズの音世界を1人で演奏したいという欲求からだったんじゃないかとそこまで発想が飛躍してしまいました。

演奏は、曲によっては原曲に忠実なものと、原曲の雰囲気を崩した演奏と分かれている感じで、有名すぎる曲では崩しぎみの演奏と言う印象を受けます。
受けますが、ベーシックな部分での演奏の上手さが冴えわたり、いわゆるPat Methenyであるところの音なんですが、曲がなんであろうとあまり関係なく、そのギターを聴いているだけで満足度が高いって感じです。

一番の興味は、4曲目のPipelineだと思いますが、イントロとリズムは緩急と強弱をつけた演奏でアクセントをつけ、主旋律は単音でなくコード(複数音)で奏でることで音の厚みを持たせたているような感じ。
これは、そのまんまでは決してないのですが、思ったよりも忠実に演奏している印象で、良い意味で予想を裏切られたような感じ。 テケテケは残念ながらありません(笑)
次のイパネマの娘もどう料理するか興味津々だったのですが、こちらも主旋律としては、そんなに崩しているような印象はありませんが、テンポはかなり遅くして幻想的な雰囲気を醸し出しています。

全体に、前述の通り”ギターを聴いているだけで満足度が高い”演奏という印象で、聴いている間はこの音世界に全部を委ねてしまうのが吉なんだろうと思います。


Pat Metheny "What's It All About"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/4077579)

  • 顔アイコン

    おはようございます。

    このアルバムはoza。さんがおっしゃる通り,カヴァー集ということもあり,聞き手が構えてしまったのではないかと思えるんですよねぇ。私もそうでした(爆)。

    でも曲のよさと妙に生々しいギターの音に身を委ねるというところまでいけば,相当気持ちよくなってしまうっていうところなんでしょう。聞く回数が増えるほど,当初のような構えた気持ちがなくなっていき,私にとってはかなり気持ちいい作品に変わってきました。

    ということでTBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2011/7/30(土) 午前 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    バリトン・ギターがメインっていうのがいいですねえ。普通のギターの曲もありますが、音域が低いのがメインな分、落ちついてCD1枚分聴けるっていう感じでもあります。あとはゆったりとした曲が多いことかな。そこまで聴いた人の感じを予測して作ったのではないと思いますが、結果的にそうなったのでたいしたアルバムだと思います。もちろん、お気に入りです。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2011/7/30(土) 午後 9:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂 さま
    なんだか、巷の前評判が異様な感じありましたよね。
    が、おっしゃる通り、あまり先入観とか曲名に囚われることなく、ただただ聞き惚れるのが吉なんだと思います。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/7/31(日) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さま
    おおざっぱには、"One Quiet Night"の延長上ということになるんじゃないかと思います。
    ソロギターの魅力全開と言う感じで、この音世界に浸ってしまうとかなり気持ちよい作品だと思います。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/7/31(日) 午前 7:58

    返信する
  • 顔アイコン

    自分も買おうかどうしようか迷っていたCD、ブログ記事を参考にさせていただきます。
    買ってみようかな?

    [ s_jazzblog ]

    2011/7/31(日) 午前 9:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > s_jazzblog さま
    輸入盤ならそう高くないので、先入観に囚われずに是非聴いてみてください。
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/4077579
    http://www.amazon.co.jp/dp/B004ZN8MH6/
    円高なので、直接のほうが安いかもです。
    http://patmetheny.shop.musictoday.com/Dept.aspx?cp=13944_47498

    oza。

    2011/7/31(日) 午前 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    まぁ、、再び、ただひたすら弾いたのでしょう。。
    あまり、意味もないのかもしれませんが、でも、聴く側がついいろいろ考えちゃうのってのが、うまいギターだなぁ、、って、
    証拠でしょうか。
    トラバしました。

    [ すずっく ]

    2011/8/9(火) 午後 0:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > Suzuck さん
    こんばんは
    >まぁ、、再び、ただひたすら弾いたのでしょう。。
    正直なところ、そう言うことでしょう(笑)
    が、その深層(真相)部分を類推するのが、("好き勝手書いて公開するのも評論"という解釈で)評論というもんでしょうと。。

    一聴"??"と感じてもその後聴き返そうと思う(思わせる)ところが、それだけで偉大なギタリストって言うことなんだと思いますです。(おっしゃる通りです。)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2011/8/9(火) 午後 8:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事