ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

この盤は、本年10月開催の異種格闘試聴会で気になった盤となります。
リーダーはイスラエル人ギタリストとなるのですが、昨今のイスラエル人の活躍は目を見張るものがあるので、もしかしたらそういう流れで見出されたひとなのかもしれません。
この盤が3枚目のリーダー作になりますが、以前はまったくのノーチェックでした。
Gilad Hekselman自体は、Ari Hoenigのリーダー作で聴いていることになっていますが..(汗)

メンツは以下の3人。Joe Martinとはずっと共演していて、ドラムは1枚目がari hoenig だったようです。
で、本作は、Mark Turnerがゲスト参加しているところが白眉となります。
Gilad Hekselman(G)、Joe Martin(B)、Marcus Gilmore(Ds)、
Mark Turner(ts on M-3,5,6,8)

演奏曲は以下の10曲。全部Gilad Hekselmanのオリジナルとなるようです。
1 Prologue
2 Hazelnut Eyes
3 One More Song
4 Flower
5 Brooze
6 Hearts Wide Open
7 The Bucket Kicker
8 Understanding
9 Will You Let It?
10 Epilogue

冒頭、カーンと鐘の音から始まるところからスタート、全体的なイメージはPat Methenyのギタートリオの雰囲気を感じます。
ギターの音色としては、Pat Methenyよりはしっかりした音で昨今のギタリストよりも実体感がある印象ですが、かといってロックほどにタイトってことはありません。。
演奏もコード進行でソロを奏でるようなところは少なく、しっかりフレーズを作り出していく奏法が多い印象で、この辺は個人的には結構好感触。

前半は牧歌的な雰囲気を醸し出した演奏で耳馴染みの良い演奏が続きます。後半は4ビート基調の静かめな曲が並ぶのですが、前半が軽いイメージなので後半の重さがより際立っているのは良いのか悪いのか。。
個人的には前半の雰囲気がしっくりきているところがありますが、8曲目のMark Turnerのソロがかなり感情の静かな高まりをググッと感じさせる良い演奏だと感じるのですが、万人受けでもないかな??
ということで、Mark Turnerは曲の雰囲気にしっかり合わせた演奏(特にソロ)を繰り広げていながらかなり良い味をだしています。出していますが他のギタートリオの演奏と違和感ないところは、ある意味唸らされるところです。

Joe Martinのベースはさすがに長らく共演をしているだけあって息のあった演奏をしていると思います。
で、Marcus Gilmoreですが結構暴れていると感じる部分が多くあるのですが、それでも曲の外形を崩さずに鼓舞する演奏で結構聴かせてくれます。

全体にアルバムの温度感に対して奏者の温度感が近いところを保っている感じが全体の一体感をより際立たせていると感じさせるアルバムです。
あまり派手なアルバムではありませんがじわじわと良さを感じさせてくれる好盤と感じています。

最後が1曲目のリフレインになって、鐘の音からスタートして、1曲目の録音をわざと音の悪い装置で再生してノイズをたっぷり混入させたトラックで、心の扉の隙間から垣間見た・・・とかいう演出なんでしょうけど、いらなかったかも(笑)

ベストは3曲目か8曲目だと思っています。双方とも主旋律が耳に残る良い曲だと思います。

Gilad Hekselman "Hearts Wide Open" (http://www.hmv.co.jp/product/detail/4176976)

  • 顔アイコン

    本年もよろしくお願いします。

    けっこう内向的な演奏だとは思うのですが、それでもその雰囲気でバリバリと弾いていて、ピアノレスというのに音数が少ない感じもせず弾くのはけっこうのやり手だな、と思いました。最近はギタートリオ中心で演奏する人、多くなってきたように感じますが、その中でもけっこういいギタリストですね。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2012/1/8(日) 午前 9:35

    返信する
  • 顔アイコン

    あけましておめでとうございます。

    Split Life(2006), Words Unspoken(2008)と追っかけてきましたが、三作目がリリースされていたんですね。
    Mark Tunerの参加が興味深いです。
    早速ゲットせねば(^ ^)y

    最近はSUNO SUNO, INVOCATION, North Light( by Steven Kirby)と一緒に買った Steve Cardenasの WEST を気に入って良く聴いてます。
    Paul Motian Bandの流れをくむ感じがなんとも言えず美味です…

    Gilad HekselmanもMotian Band系の香気をほのかに感じますね。

    ではでは 削除

    [ betta_taro ]

    2012/1/8(日) 午後 0:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    本年もよろしくお願いいたします。

    彼の本質が前半にあるか後半にあるかが争点になるようですが、個人的にはなんとも言えないまま(naryさんは、後半の雰囲気と捉えているようです)なのですが、でもアルバム全体を通して、そう違和感がある感じに聴いているわけでもなく。。
    内向きと言えばそうかも知れませんが、言う程には感じないかもしれません。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/1/8(日) 午後 7:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > betta_taro さん
    本年もよろしくお願いいたします。

    個人的には、Gilad Hekselman のリーダ作はこれが初なので、まだなんとも言えないところではありますが、Mark Tunerが良い味だしているのは間違いないです。

    Steve Cardenasはこれ(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59800845.html)でしょうか?店頭で聴いて買っているので、一聴は◎な盤だったと記憶しています。

    Invocationは、これ(http://www.hmv.co.jp/product/detail/3952005)だとしたら、門外漢ですね(汗)
    North Light(http://www.hmv.co.jp/product/detail/886925)も聴いてませんです。Chris Potterが入っているのは気になりますがメンツ多そうなので、どれくらい前面に出ているのか・・

    oza。

    2012/1/8(日) 午後 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    レスありがとうございます。
    Steve Cardenasはそれです。レビュー済みの作品だったのですね。流石!
    Invocationはそれではありません。Rez Abbasi"s Invocation の Suno Suno の事でした… 要はダブって書いてしまいました。すいません。
    North Light はそれですが… 買って買うほどの内容ではありませんでした。コンテンポラリーギター作品でそれなりに上手いのですが…

    そうそう、こちらの別の記事を拝読し、シルヴァン・リュックのSUD以降の盤を漁っております。良さげな作品がありそうで、楽しみです。

    ではではm(_ _)m 削除

    [ betta_taro ]

    2012/1/9(月) 午前 9:50

    返信する
  • 顔アイコン

    > betta_taro さん
    >ダブって書いてしまいました。
    ということなら安心です(汗)

    Sylvain Lucは。。でもSUD名義(3作あると思います)がベターのような気がしています。(記憶薄ですが。。)

    oza。

    2012/1/9(月) 午後 5:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事