ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Dirty And BeautifulのVol.2というアルバムです。
Vol.1(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60124365.html)の文末に、「すいません、単純に個人的には合わない音楽だってことだとだと思います。」なんて書いているくせに、性懲りもなく買い込んでいます(笑)

メンツですが、前作もそうですがいろいろな人が参加しているようです。まとめると大変なのでバッサリ割愛させていただきます。
えーと、ギタリストだけ列挙しておきます。
John McLaughlin, Allan Holdsworth, Mike Stern, Wayne Krantz, Alex Machacek, Jimmy Herring, Ray Russell, Neil Taylor, Robin Trower

演奏曲は以下の通り。これも参加メンバーのオリジナルが中心になっていて、最後の曲がMiles Davisなのが特記事項になります。
1 If The Animals Had Guns Too (Featuring Ray Russell)
2 Rolling Sevens (Featuring Mike Stern)
3 New Blues, Old Bruise (Featuring Sean Freeman)
4 East River Jam (Featuring Wayne Krantz)
5 Fred 2011 (Featuring Allan Holdsworth And Jan Hammer)
6 Rain (Featuring Neal Taylor)
7 Lock, Stock & Two Smoking Brothers (Featuring Alex Machacek)
8 Fuguie
9 Sulley (Featuring John Mclaughlin And Mark King)
10 England Green (Featuring Jimmy Herring)
11 Yesternow - Epilogue (Featuring Robin Tower)

演奏ですが、当然の如くVol.1の路線上から大きくは逸脱している感じではないハードフュージョン作品となります。
16ビートの早いドラムビートの上で、高音基調の早いフレーズのベースがのっかり、その上でギターが主旋律を奏でるその後ろではスペイシーなキーボードサウンドが彩りを添えているというのが全体の印象になりますが、典型的ハードフュージョンって感じで。。(笑)

前作より参加ギタリストが有名どころを多数起用していることになると思いますが、それだけギターサウンドが前面に出た演奏が中心になっています。
前作では、「メンツが変わると音楽性が変わるようなイメージ」で散漫な印象を持ったようですが、そう言う意味ではギターサウンドという統一ラインができたからか、それほど散漫な印象は持っていません。
とはいえ、これだけギタリストが変わると、そのギターサウンドの如実な違いに笑ってしまうと言うか。。。

さすがに名手そろい踏みと言うことで、隙のない緻密な演奏が繰り広げられているのは間違いありませんが、とはいえ、やっぱり個人的にはこの辺の演奏はあまり思い入れを感じるものではなく..
Wayne Krantz, John McLaughlinとか個人名義では好んで聴いている人が多いのに、何が差になって好嫌をわけているのか自分でもよく判らないところが自分で自分がわからない。。。


Gary Husband "Dirty And Beautiful Vol.2"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/4930061)

  • 顔アイコン

    こんにちは。私にとってのこのアルバムは冒頭2曲でもOKって感じでした。私はここに参加のギタリストには相応の思い入れがありますが,本作についてはRussell,Sternがよかったと思っています。特にMike Sternは「かくあるべし」って感じのサウンドで大好きですねぇ。

    ということで,TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2012/3/25(日) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    自身がどういう基準で好き嫌い(合う合わない)を感じているのか自分でもよく判っていないのですが、この辺はあまり思い入れを感じない方の音楽となっています。
    もしかしたら、多少なりともの(ある種の)ルーズさが欲しいと思っているのかなぁと思ってみたり。。

    >Mike Sternは「かくあるべし」って感じのサウンド
    ってのは判ります。御意です(笑)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/3/25(日) 午後 4:16

    返信する
  • 顔アイコン

    前作と比較すると、W.Krantz参加がサウンド的には目新しい気がしました。

    ちなみにW.Krantzの4月リリース予定の新譜サンプルを聞きましたが…
    前作より更に意味不明なPOP?路線ですね…(- -;

    この前の来日のモーションブルー・ライブに行きましたが…
    歌も?だし、クランツだけでなくリフェーブレまでギミックなパフォーマンスをするため、カオス状態に陥り…
    勘違いして来ていた若いカップルは青ざめてるし、途中で高齢ジャズマニア風の方は離席するし…
    その上クランツのMCの「今日のお客さんは元気がないみたいだね〜」という文句がわびしかったのを思い出しました。

    今思うと 東京ブルースアレイ・ライブ(特に1st ステージ)あたりが絶頂期だった様な気がします。

    ものすごくポテンシャルの高いギタリストなので、今後の作品に期待してやみません。

    ではでは

    [ ext**_vehic*lar ]

    2012/3/27(火) 午後 0:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > ext**_vehic*lar さん
    この盤でのWayne Krantzは、(らしさはしっかりあったので)なかなか良い演奏を楽しめました。
    新作も期待して注文済みになっていますが、ちょっと懐疑的な内容なんですね。。
    メンツは豪華そうなので、金が使える変わりに万人受けを強いられたとかあるんでしょうかね?(笑)

    ライブは未だ見たことないのですが、今後はみなくてもよさそうで.. (^^;;

    oza。

    2012/3/28(水) 午前 6:58

    返信する
  • 顔アイコン

    私も文句をいいつつ買う事になるかと思いますが…

    もしや未だKrantz新譜のサンプルをお聞きになっていないのかと思い、補足コメントします。

    ↓Krantz新譜サウンドサンプルはこちらのURLにて…
    http://www.waynekrantz.com/album/howie-61/

    左上の「Album Sampler by Abstract Logix Howie 61 」
    ないし、中央の「Album Sampler ♪」ってあたりをクリックすれば聴く事ができます。

    ここしばらく、Krantz や Horta & Winkel プロジェクト等のハズレのライブによく良く当たりますね(X X)

    逆に、会社の労組からもらったブルーノートのタダ券で行った Bob James / Angels of Shanghai とか、Omar Sosa とかの方が面白かったりして、不思議なモノです…

    結論… やっぱ、地元エアジンで中牟礼貞則さんのライブを聴くのが一番気持ちいいですねぇ〜 (^ ^)y

    [ bet**_tar* ]

    2012/3/28(水) 午後 0:42

    返信する
  • 顔アイコン

    > bet**_tar* さん
    Wayne Krantzのサンプル音源情報ありがとうございます。近々、聞いてみます。

    ライブですが、結論部分に(固有名詞はおいといて)御意です。近所で、邦人のライブを聞くのが良いと思います。
    最近、都会(笑)のジャズクラブなんて全然行ってません。chris potter悩み中ですが(汗)

    oza。

    2012/3/29(木) 午前 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    2月には届いていながら、今になって聴いたことを後悔しています。もっと早く聴けばよかったです。今回は1回目はクレジットを見ないで通し聴き、2回目はブログにクレジットを書きながら聴いていて、1枚で2度おいしく聴けたと思います。

    かなり豪華なメンツですが、Volume3をこうなると期待したいですね。ベーシストが半分ぐらいの曲にしか参加してないですけど、その分キーボードがかんばってくれたんでいいか、と思いました。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2012/4/1(日) 午後 4:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    個人的に、たぶん"キメ"がしっかりし過ぎている音楽が、ちょっと肌にあわないんだと
    思いますが、一般的には高テクニックの満足度の高いアルバムであることは理解できているつもりです。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/4/2(月) 午後 8:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事