ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Brad Mehldau "Ode"

イメージ 1

Brad Mehldauのトリオの新作です。
The Art of Trio のメンツからdrummerがJeff Ballardに変わってから3作目のアルバムとなります。
初作が2005年の
 "day is done"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/12660457.html)
次が
 "Live"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/52936081.html)
となり、それから4年ぶりの新譜となります。
この3人のトリオの演奏はかなり気に入っていたので、こんなに低頻度のリリースだったというのはちょっと驚きというか。。(渇望感がでてても不思議でないところでもあります。)
それくらい普段は他のアルバムにうつつを抜かしていることにほかなりませんが。。(汗)
ベースとドラムの両者ともひっぱりだこの人気者でしょうから、ライブはもとより、スタジオでもレコーディングにしても、スケジュールを合わせるのは至難の業なんじゃないか?というのは容易に想像できるところではあります。
録音が2008年11月に8曲を録音し、2011年4月に3曲を録音してアルバムにしているようです。
ということは、当初アルバムリリースを予定して録音に臨んだが何かが気に食わなくてお蔵入りさせちゃったということなんですかね。
そしてそれを3年後に引っ張り出してきて、アルバムとして完成させたということなんでしょう。
でも全部やり直さなかったというのは。。。(悩)

メンツはそういうわけでおなじみの3人となります。
Brad Mehldau(P)、Larry Grenadier(B)、Jeff Ballard(Ds)

演奏曲は以下の11曲。全部、Brad Mehldauのオリジナルのようです。
過去のアルバムがどうだったか記憶定かではありませんが、彼のトリオ作品で全部オリジナルってのはかなり珍しいんじゃないかと思うのですが。。
1 M.B.
2 Ode
3 26
4 Dream Sketch
5 Bee Blues
6 Twiggy
7 Kurt Vibe
8 Stan the Man
9 Wyatt’s Eulogy for George Hanson
10 Aquaman
11 Days of Dilbert Delaney

演奏ですが、さすがの磐石なピアノトリオ体制を実感させてくれる実にスリリングな演奏が並んでいるという印象です。

Jeff Ballardのまさに的を得たという感じのドラミングが冴え渡っているところが、当初からの聴き所の1つと認識していますが、本作品でもそれは継承されています。格好良いっす。
Larry Grenadierも普段あまり派手な印象を持っていないサウンドが妙に張りを持った感じで、演奏を鼓舞しているのが印象的。
この辺、Pat Methenyが重用しているところから実力をメキメキとつけてきているというのもあるかもしれません。
Brad Mehldauのピアノは・・・いわずもがなです。

曲としても、陽系でノリよい演奏が3曲並んだ前半。グっとスローな曲になり、そこからアメリカンな雰囲気を持った曲が並び、Kurt Rosenwinkelに捧げた曲から現代ジャズな雰囲気の曲になって..とシーンが微妙に移り変わっていくような感じも◎じゃないでしょうか?

3曲(3,8,10)が最近の録音となりますが、そこが特に違和感を感じることもないですが、このときの録音がこの3曲だけだったとも思えず、なんか気になります。。


ベストは1曲目(Michael Breckerにささげた曲)のインパクトにあげたいと思います。


Brad Mehldau "Ode"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/4956070)

  • 顔アイコン

    最近は、録音後、しばらくしてからのCD化が多いですけど、これもそうですねえ。ただ、内容はけっこう良くて、聴いた当初、4つ星以上にはなるけど、もっともっと、というような書き方をしていたけど、最近聴き直したら、聴く方もあまり欲ばらず、よりいい印象が前面にでてきました。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2012/5/10(木) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    > 録音後、しばらくしてからのCD化
    Keith Jarrettもそうですがたしかに多いですね。これってなんなんでしょうね?
    フレッシュな演奏を聴かせてくれても良いと思うんですが。。って、フレッシュな演奏はライブで聴けってことなんですかねぇ

    話変わりますが、Pat MethenyトリオのベーシストをBrad Mehldauが、ドラマーをEnrico Pieranunziが起用しているって構図はなんか面白いなぁと感じます(笑)

    TBありがとうございます、逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/5/12(土) 午前 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    やっぱり、話題騒然、って、感じですよね。

    メルドーとは相性が悪かったせいか、リーダーもサイドも結構アルバム聴いていたんだけど、、、
    ほぉ、って、思いだしたのは、この5、6年なんですよ。
    そのわたしが、あぁだ、こうだぁ、って、おこがましいけど、、

    心の空虚の部分から生まれる、渦巻く何かが原動力だった気がするんですが、違う部分が大きくなってきた,って、感じは本人の中であるんじゃないのかなぁ、、・・。。
    と、これも良かったですが、、次も楽しみにしてますよ。

    [ すずっく ]

    2012/5/12(土) 午前 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > すずっくさん
    泣く子も黙る(?)Brad Mehldauの新譜ですからねぇ(笑)

    5,6年前ってことは、Jeff Ballard加入後の"day is done"のあたりってことですよね?
    このメンツの変化って演奏にもろに効いていると思っているので、そこに惹かれたってことですかねぇ。
    正直、個人的にもBrad Mehldauが(!)になったのってここかもしれません(汗)

    って、5,6年前は、Metheny/Mehldau ってことっすか?

    TBありがとうございます、逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/5/12(土) 午後 0:30

    返信する
  • 顔アイコン

    すまんです。
    光陰矢の如しで、すっかり、年月を勘違いしてるわ。


    東京ライブのソロが、気に入ったのだ。

    当日、他のアルバム聴いてすげっておもうっても、あんまりいれこまなかったです。すげぇ!と、大好きはちがうから。

    でも、東京ソロはどこかわたしを惹きつけるものがあって、その辺から新譜でるとちゃんとチェックするよーになりました。
    だから、たぶん10年弱?なんじゃん!!!ちがうかな。わかんなくなってるぞ。(笑)

    で、day is doneが、とどめだったです。
    なんだかんだと、さみしげな人が好きって、女性特有のパターンかも。
    世間のメルドーファンに怒られそだ。。(*^^*) 削除

    [ すずっく ]

    2012/5/12(土) 午後 1:57

    返信する
  • 顔アイコン

    "Live in Tokyo"(http://www.bradmehldau.com/writing/papers/tokyo.html) 2004年ですねぇ。だから8年ってことですね ^^

    「なるほどねぇ」と思いつつ。。。この盤の記憶がなく。。(汗) 今引っ張り出してきたのでこれから聴きます(笑)

    oza。

    2012/5/12(土) 午後 4:32

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。Mehldau狂の私にとってはまさに待望の一枚でした。世間での皆さんの評価は二分していて面白いなぁと思いますが,まぁ期待の裏返しみたいなところもあるんでしょうねぇ。私には十分楽しめましたが(笑)。

    ということでTBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2012/5/13(日) 午前 1:06

    返信する
  • 顔アイコン

    私も、しっかり楽しめている組です。

    > 期待の裏返しみたいなところもあるんでしょう
    まさに、これだと思いますよ。期待が相当高いと評価が悪くなるのはしかたのないところだと思います。
    次作への期待もいやますってもんです。って、(4年も待たせず)立て続けに出してくれないかしら..

    TBありがとうございます、逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/5/13(日) 午後 3:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事