ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Pat Metheny "Unity Band"

イメージ 1

Pat Methenyの新譜は、80/81以来?のSAX入りカルテットでの演奏でした。
しかもそのSAXプレイヤーにあの Chris Potter を従えての登場となりました。
Pat MethenyとChris Potterの共演というだけで、期待感に胸膨らます状況になります。
まぁ、はずれは絶対にないところではありますが、どんなサウンドがでてくるのか興味津々で長い月日を待ち続けました(笑)
patweekへの情報提供が"ゲスト"名義になってますが私でして、それが4/9。約2カ月待ったわけであります。

メンツは以下の通り。ドラムにAntonio Sanchezを起用するのは、昨今のPat Methenyの嗜好を考えれば妥当なところでしょう。ベーシストのBen Williamsは自blogでは、Marcus Stricklandの盤で多く登場してくる人で、若手でイキの良いという位置づけでしょうか
Pat Metheny(G)、Chris Potter(Sax)、Ben Williams(B)、Antonio Sanchez(Ds)

演奏曲は以下の9曲。すべてPat Methenyのオリジナルのようです。
1 New Year
2 Roofdogs
3 Come and See
4 This Belongs to You
5 Leaving Town
6 Interval Waltz
7 Signals (Orchestrion Sketch)
8 Then and Now
9 Breakdealer

全体に思った以上にPat Metheny臭が強い印象があります。やっぱり人気、知名度の問題からか、バンドのイニシアチブの問題からか、こういう状況はいたしかたないんでしょうかね。
個人的にはもっうちょっと音作りにChris Potter臭が多く出てくれていることを密かに期待していたんですけど、その部分だけはちょっと肩透かしを喰らいました(笑)

1曲目こそスローテンポの曲で、イントロがギターで主旋律はSAXなので、対等感を感じさせますが..。
2曲目はPMGで演っても違和感なさそうなサウンドで、(来年リリースが噂されている)PMGの新作の没曲か?なんて勘繰ってしまったり(笑)
Pat Methenyの個性的なギターシンセのサウンドに、これまた個性的なAntonio Sanchezのドラムサウンドが、個性豊かに演奏されるとそこはPMGサウンド以外の何物でもない音世界が繰り広げられると言っても過言ではない状況になりまして..。
3曲目のイントロのピカソギターがこれまた個性的なサウンドでPat Methenyな音世界で満たされますし..。
7曲目の出だしはフリースタイルの演奏で度肝を抜かれますが(笑)途中からは、まさか(!)のOrchestrionの登場で、これまたとっても個性的なPat Methenyの音世界に満たされます(笑)
先日のLarry Grenadierとのデュオでも持ち込まれていたようにOrchestrionの大掛かりな装置は、今後多かれ少なかれ彼のアルバムでの登場頻度は高いと予測しています。

とはいえ、Chris Potterに注目して聴けば全体的にとは言えないが要所ではがっつりとした演奏を繰り広げているので、それをしっかり聴取できれば、そこそこの満足度は得られるかなぁと.. 5曲目、8曲目、9曲目とかのソロはなかなかがっつりとした演奏を聴かせてくれています。
ただ、Pat Metheny好きでこの盤を買った人がこの盤でChris Potterの凄さに開眼して他のアルバムを漁るような状況はちょっと想像しにくいですかねぇ。
とはいえ、知名度がグッと上がるのは間違いないところだと思いますし、しばらくはこのバンドのツアー生活になるんでしょうけどその後のソロ活動がどう変化するか、彼のリーダー作の売れ行きの変化とかが非常に興味津々になってます。


全体に、Pat Methenyの音楽を求めて買えばかなりの満足度の得られる演奏だとは思います。
が、サウンドがPat Metheny臭が強過ぎることに自身がこだわり過ぎているのか、個人的にはもうちょっとchris Potter臭が欲しいとか思ってしまうのは。。。(苦笑)

肩透かしなんて冒頭に書いていますが、先入観なしなら内容は最高に良いです。今年のベストに入りそうな作品であることは間違いありません。


ベストは5曲目にしておきます。

Pat Metheny "Unity Band"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/5046303/)

  • 顔アイコン

    笑ったぁ。
    これさ、パットメセニーのアルバムだし。
    マイケルの遺作盤でたときに、パットメセニーのことを

    「マイケルブレッカーのアルバムなのにパットメセニー臭が強い」

    とか、憤慨してた人いたけど。。(笑)

    クリスポッターのすごさはなぜか、、自作でも、遠くおよばなかったですよ。
    話題になり、世界中でたくさんの人が聴いて、それで次回へつながっていくといいな。

    わたしは予想以上にうまく行ったとおもったわ。皆さん、クリポタに注目してくださってうれしいわぁ。
    って、おたく業界以外はやはりパットメセニーだよねぇ。。(笑) 削除

    [ すずっく ]

    2012/7/19(木) 午後 6:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > すずっく さま
    笑っていただき本望ですw
    たしかにPat Methenyのアルバムですが、それにしてもPMGで演っても違和感ない演奏してたら金太郎飴なわけで、それは期待していなかったんですけどねぇ(肩透かし)
    せっかくChris Potterを起用するならちゃんと彼の色を出して欲しかったなぁと..

    完成度については異議ありません。「おたく業界以外は。。」の一文も異議なしです。残念ながら..

    oza。

    2012/7/19(木) 午後 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    やっとUnity Bandの記事がリリースされましたね!首を長くしてお待ちしておりました。レビュー内容に賛同致します。

    いい意味でも、逆の意味でもメセニー作品ですよねぇ。
    メセニーが自身の築いた金字塔を超えるべく、かれこれ20年以上苦闘し続けている姿勢には敬意を超えた凄みすら感じます。
    金字塔を超えられるはずがないと知りつつも、新譜をどうしてもゲットせずにはいられない所が、しいて言うとメセニーの強みなのかもしれませんね(^ ^;

    横道にそれますが、クリポタ主体で考えると、ギターとのコラボ作品の頂点は、Ultrahang につきると思ってます。
    コラボ相手のAdam Rogersはモロジャズ・デビューの前に、Lost Tribeの活動でM-Baseの洗礼を受けていますので、むしろ正調ではないジャズを弾かせた方がイケてると思っているのは私だけ???

    ではではm(_ _)m

    [ bet**_tar* ]

    2012/7/19(木) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    今年はあまり枚数を聴いてないのですが、結局このアルバム、上半期の3枚のうちに入れてしまいました。クリポタのファンでもありますが、もっとずっと長くメセニーファンだったわけで。なかなかいい感じのサウンドになっていると思います。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2012/7/20(金) 午後 6:04

    返信する
  • 顔アイコン

    そっか、いろいろな見方、聴き方があるわけですね。
    クリポタファンとしては、クリポタに沢山思い入れてもらって、嬉しいです。はい。

    トラバしました。

    [ すずっく ]

    2012/7/21(土) 午後 3:01

    返信する
  • 顔アイコン

    > bettataro さん
    マイペースですいません。これでも何枚か吹っ飛ばして、先出ししてたりします(汗)
    >いい意味でも、逆の意味でもメセニー作品ですよねぇ。
    ない、そう感じてます。80/81はPMGとは一線を画す作品に仕上がっていたと思うので..
    良くも悪くもメセニーの好きなスタイルの方向性が一貫してきた(あるいは、周囲の意向を汲む必要がなくなった)と解釈しています。
    それでも、作品としての完成度も満足度も充分高いので、買って損した感は皆無なので、偉大な人だと思います。

    undergroundはその前の"underground"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/28045913.html)のインパクトが強すぎて。。(^^;;
    でも、先日のライブは行けてませんが orz

    oza。

    2012/7/22(日) 午前 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    私は、半年でベストの公表をしてないのでアレですが、私もこの盤は入れると思います。
    年ベストにも入れそうな勢いです。なんだかんだ言ってます(汗)が、やっぱり凄い作品だと思います。
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/7/22(日) 午前 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > Suzuck さん
    私もクリポタファンとして、この盤が起爆剤になることを期待しております。
    ということは、このメンツで来日してくれると良いんですけどね。。
    あ、PMGの次作に参加してくれても良いなぁ(妄想)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/7/22(日) 午前 7:50

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。まぁ,このアルバムを聞いていると,やはりこれはPatのアルバムだってことになってしまうのは仕方ないでしょうねぇ。それでもその中で,ほかのメンツも相当個性を表出させているとは思いますが,もっとやってもよかったようにも思えます。

    しかし,彼らがツアーを経てコンビネーションを強化した時にはもっと激しい演奏を聞かせるだろうと期待してしまいます。やはり日本に来て欲しいですね。

    ということで,TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2012/7/26(木) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂 さん
    個人的にはPat Metheny色が強いなぁという印象が強い作品
    彼の音色に馴染み過ぎているからかなぁと。。

    今、ツアーの真っ最中だと思いますが、後半になるに従ってもっともっと融合して凄い演奏を聴かせてくれそうで、想像すると怖いくらいです(笑)
    で、(来日もそうですが)そんなライブ盤を期待したいところです。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/7/28(土) 午前 7:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事