ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Brad Mehldauの新作は、カバー集ということのようです。そして、前作"ode"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61271055.html)と同じ録音日の演奏となります。
"ode"では2008年の演奏が8曲。2011年の演奏が3曲。本作では2008年の演奏が5曲。2011年の演奏が6曲という内訳となります。
前作のとき、「当初アルバムリリースを予定して録音に臨んだが何かが気に食わなくてお蔵入りさせちゃった」と推測したのですが、間違いだったようです。
おそらく、当初のコンセプトとリリース時のコンセプトに変化が生じて、その穴埋めに2011年に2枚のアルバムになるよう追加録音をして、オリジナル集とカバー集に仕立て上げたということなんでしょう。

メンツは、ここのところ不動の以下の3人。
Brad Mehldau(P)、Larry Grenadier(B)、Jeff Ballard(Ds)

そういうわけで、本作はオリジナルは1曲だけで、他は誰かのカバーということになります。
なんで、オリジナルを1曲残したんだろう。。
今回のハイライトは10曲目のToninho Hortaと言うことになると思います。
Brad MehldauがToninho Hortaをねぇ。。(感慨)
1 Got Me Wrong (Jerry Cantrell)
2 Holland (Sufjan Stevens)
3 Brownie Speaks (Clifford Brown)
4 Baby Plays Around (Elvis Costello & Cait O’Riordan)
5 Airegin (Sonny Rollins)
6 Hey Joe (Billy Roberts)
7 Samba e Amor (Chico Buarque)
8 Jam (Brad Mehldau)
9 Time Has Told Me (Nick Drake)
10 Aquelas Coisas Todas (Toninho Horta)
11 Where Do You Start? (Johnny Mandel, Marilyn Bergman & Alan Bergman)

カバー集ということですが、残念ながら普段ジャズばっかり聴いている身には、知らない曲も多数あるような状況です。
いろいろなサイトでそれぞれの曲の出自を紹介しているのでそれを参考にするのが吉かと思います。
 たとえば(http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/9457/)
出自が判れば、きっとyoutubeで原曲を聴くこともできるでしょう。
1曲目もAlice in Chainsというバンドの有名曲らしいですが・・・知りません(自爆)
youtubeで原曲を聴くと、ギターかき鳴らし系のアメリカンロックな荒々しさが気持ち良い演奏でサビがあまり印象的に響かないかなぁ..なんて聴いたのですが、これをピアノトリオで音数をぐっと減らしてリズムを際立たせつつ全体の音を洗練させ、主旋律から曲の良さを引っ張り出して、そこからの即興でサビを覆って格好よさ倍増したような感じ。
個人的には、こっち(Brad Mehldau)のバージョンのほうが好きであります。
2曲目は、バンジョーとピアノの演奏がオリジナルのようですが、これもオリジナルの温度感をぐぐっと下げたような印象で、主旋律の朴徳さを際立たせたような演奏に仕上げているようです。
全部、原曲と聴き比べはするつもりはないですが、Brad Mehldauの選曲と曲の料理方法のセンスの良さを際立たせたような演奏であることは疑う余地はありません。

曲の料理の仕方もさることながら、それを元にしっかりと独自の世界を作り上げ、いまや見事な個性となっているBrad Mehldauのピアノ(トリオ)サウンドを作り上げているところも、大したもんだと言わざるをえないところであります。
なんだかんだいって、Brad Mehldau恐るべしということに他ならないわけであります。

個人的には、Brad Mehldauに関してはオリジナルを聴いているよりもカバー曲を聴いているほうが(たとえ原曲を知らなくても)楽しいような気がしているのですが。。 
と言う意味も含めて、この盤は結構好きです。

ベストは、7曲目の味わいのある曲と演奏が個人的には好きですかねぇ・・
原曲よりも冒頓とした演奏で味わいを出している感じでしょうか。。

Brad Mehldau "Where Do You Start"(http://www.amazon.co.jp/dp/B008V635XE/)

  • 顔アイコン

    nice

    [ soh*oa*o2*z5*z0b ]

    2012/11/1(木) 午前 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    thanks

    oza。

    2012/11/1(木) 午後 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    オリジナル集の先日1枚だけの発売だったのと、今回同時録音でカヴァー集まであったのと、だと、やっぱり聴いていても、意味が違ってきますよね。せめて、オリジナル集に、「次回の発売をご期待」とか記載があればよかったのに。

    私もどちらかというとカヴァー集の方が好きですが、この前通しで2枚聴いてみましたけど、そういうのもよかったでした。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2012/11/2(金) 午後 5:04

    返信する
  • 顔アイコン

    oz。さま、、
    わたし、勘違いしてましたよ。
    oz。さまはすでにメルドーの新譜はブログにあげていたのだと思ってました。

    メルドーの選ぶ曲は、その時代に居れば珍しい曲ではないと思うのですが、彼の曲へのシンパシーを表現する能力は凄いなぁ、と、思います。
    1曲、1曲にとても惹きつけられました。 削除

    [ Suzuck ]

    2012/11/3(土) 午前 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    たしかに"To Be Continue"な一文はあっても良かったかもしれませんね。
    もしかしたら、2枚組でもいけたんじゃないかという気もしますしね。

    通して聴いてみるというのは、良いかもしれません。今度試してみます。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/11/4(日) 午前 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > Suzuck さん
    最近、更新ペースに新譜購入がリンクしてませんで。。
    買うだけ買って、書くだけ書いて、淡々と更新ペースにのって出している感じになってます(汗)
    ということで、この盤も結構タイムラグが出てしまってます。。

    中年音楽狂さんも書いてますが、選曲眼の秀逸さは凄いものがありますね。
    私も、前作よりも今作を推します。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/11/4(日) 午前 9:07

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。最近は記事を書くのも青息吐息状態で,皆さんのブログにコメントできずにおり,この作品についても随分遅くなってしまいました。

    今年の来日公演を見ても,Mehldauがカヴァー曲に注力していたことはわかったのですが,あの時は"Ode"しか出ていませんでしたから,本作が出て,あぁ,なるほどねぇと思いました。とにかくMehldauの音楽への目配りはかなり幅が広く,どうしてこの曲をって驚いてしまうような曲までレパートリーにしてしまうのはびっくりしてしまいます。英国でのラジオでの生演奏ではPink Floydの"Hey You"とかもやっちゃいますからねぇ。私のように雑食な人間にとってはそれもこの人の魅力だと思っています。

    "Ode"とどっちがいいかというのは人それぞれだと思いますが,人の心に響く,あるいはより深い感動を呼ぶのはこっちでしょうね。タイトル・トラックでまいらない人はいないでしょう。

    ということで,TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2012/11/11(日) 午後 2:37

    返信する
  • 顔アイコン

    かくいう私も、この記事が出るまで相当の時間がかかっているので偉そうなことは言えません(汗)

    本作を聴いて、おっしゃっている通りBrad Mehldauの選ぶ他人の曲のセンスの秀逸さに感嘆するしかありません。
    個人的にも、前作とどっちを取るかと言われれば、(たとえ、原曲を知らない曲だらけだとしても)こっちをとるというのは本文に書いている通りです。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/11/13(火) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは、ドラです。
    ご無沙汰していますがお元気そうでなによりです。

    今作で久し振りにメルドー・トリオを聴きました。
    間が空いたけどかえってそれが良かったみたいです。
    とても新鮮に聴けましたよ。
    やっぱりこのトリオは素晴らしいね。

    先日はわざわざのお知らせ、どうもありがとうございました。
    お蔭で聴くことができました。

    もうすぐ12月、1年が弾丸のように過ぎていきます。
    今年も「ベスト3」を楽しみにしています

    [ dor*su*sun ]

    2012/11/27(火) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ドラさん コメントありがとうございます。
    個人的に、Brad Mehldauを久々に聴いたって感覚が希薄なんですが。。。。(汗)
    が、直前作の"ode"よりはこっちだと思ってます。 見識眼に平伏いたします。

    ベスト3は、まだいろいろ悩みながら、何枚か聴き直してます (^^;;
    お知らせの件、よかったです。

    oza。

    2012/11/28(水) 午後 8:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事