ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

John Mclaughlin "Now Here This"

イメージ 1

John Mclaughlinの4th Dimensionsの(映像作品を除くと)4枚目のアルバムになると思います。
 "Industrial Zen" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/35395082.html)
 "Floating Point" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/53563833.html)
 "To The One" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59465609.html)
2006年、2008年、2010年、2012年とちょうど1年おきでのリリースと良いペースを保っています。

メンツは以下の通りの4人で、Ranjit Barotは前作では抜けていて、前々作では参加していたというくらいで、基本的なメンツは固定されているようです。
John McLaughlin(G)、Gary Husband(P,Key)、Etienne M'Bappe(B)、Ranjit Barot(Ds)

演奏曲は下記8曲。すべてオリジナルのようです。
1 Trancefusion
2 Riff Raff
3 Echoes From Then
4 Wonderfall
5 Call & Answer
6 Not Here Not There
7 Guitar Love
8 Take It Or Leave It

前作でも似たようなコメントになっていると思いますが、マクラフリンのギターが冴えわたる典型的なハードフュージョン作品ということで、良くも悪くもそれ以上のものではありません。
と書くとネガティブな文章に読めますが、実際聴けばスカッと潔くも格好良い演奏に圧倒される野は間違いのないところだと思います。
正直、昨今の還暦越えのミュージシャンの活動の中でも、この4th Dimensionsの活動ってが回顧でもなく現在進行形的な活動として充分クオリティも高く満足度の高い演奏をしている稀代のユニットと言えると思います。
ドラムが若干うるさいかな?という(中年音楽狂さんの)意見もわからでないですが、このドラムが煽って煽って演奏にドライブ感を与えているのは、曲によっては必然性を感じられるくらいのものと受け取っています。(逆に言うと、曲によっては"やり過ぎだろ"と感じられるものがあるのも否定しない)
そのドラムの煽りに乗って、タイトなサウンドで攻めるベースが強靭なリズムを形成している上でキーボード/シンセサイザが勢いだけとはいえない絶妙に格好良いソロを繰り広げていて平伏したくなるところを、さらにギターが ・・・・・ でも、ここでのギターってJohn Mclaughlin節満載の弾きまくりって感じでもなく、(年による衰えかもしれないが)弾きまくらないところで、それでも要所をしっかり押さえた範疇での演奏ってぇのが、逆に飢餓感すら感じさせて、最高に良いバランスでの演奏になっていると感じるのは、贔屓の引き倒しって感じもなきにしもあらず。。


ベストは、1曲目の圧巻と言わざるを得ないようなパワー感満載な演奏にあげるしかないでしょう。


John Mclaughlin "Now Here This"(http://www.amazon.co.jp/dp/B008S847X2/)

  • 顔アイコン

    こんにちは。John McLaughlin,老いてますます盛んと思いますし,演奏はハード・フュージョンとしてレベルは高いと私も思います。

    でも,Ranjit Barotのドラムスだけはもはや生理的に受け付けないレベルと言う感じです。とにかくうるさくて,私には駄目です。まぁ,音楽なんて,聞く人それぞれの趣味ですからいろいろな評価があるのは当然としても,私にとってはとにかく受け入れ不能だということは間違いないところです。

    ということで,評価は全然違いますが,TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2012/12/1(土) 午後 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂 さん
    個人の嗜好の問題だし、おっしゃる通り評価はいろいろあって良いもんだと思います。
    が、個人的には結構気に入っている演奏です。

    本文にも書いたとおり、曲によってはこのやかましさに必然もあったんじゃないかと感じているところもあります。
    たしかに、やり過ぎだろってところがあるのも事実ではありますが(笑)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2012/12/2(日) 午前 8:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事