ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Kevin Eubanks "Messenger"

イメージ 1

先日、Dave Hollandの新ユニット"Prism"の存在を教えてもらい、そこに参加して格好良い演奏をしていたのを気に入って、最近出た彼のリーダー作を買い込んできた次第であります。
ちなみに、そのPrismってユニットのメンツは以下のとおりとなります。
このユニットでアルバムが出ないかというのも、実はここと街にしております。当面の音源はyoutubeその他になると思います。
 Dave Holland(B)、Kevin Eubanks(G)、Craig Taborn(P)、Eric Harland(Ds)

さて、こっちのアルバムのメンツですが以下の通り
KEVIN EUBANKS(G)、BILL PIERCE(Ts,Ss:1-5,7-9,11)、RENE CAMACHO(B:1-5,7-9,11)、MARVIN “SMITTY” SMITH(Ds:1-7,11)
ROBIN EUBANKS(Tb:4,8)、DUANE EUBANKS(Tp:2,4,5)、ALVIN CHEA(Vo:3,6)、JOEY DE LEON JR.(Per:1,5)


演奏曲は、3曲目のjohn coltrane、6曲目のmaxwell middleton以外はオリジナルとなります。
1 The Messenger
2 Sister Veil
3 Resolution
4 JB
5 420
6 Led Boots
7 M.I.N.D.
8 Queen of Hearts
9 The Gloaming
10 Loved Ones
11 Ghost Dog Blues

1曲目の最初の軽快なベースとドラムのイントロから気持ち良いFUSIONサウンドを予感させる曲ですがこれが格好良い。
フロントの少しこもり気味のサウンドを使ったギターとサックスの共演が演奏を熱く盛り上げます。
2曲目が、グッと静かな曲にかわり、トランペットとギターのデュオとなります。後半ちょっと怪しげなサウンドに変化するのはギターサウンドがそんな音を出しているからです。
3曲目は、聞いたことある曲だなぁと思ったら、John Coltraneの曲でした。本来はサックスがテーマを奏でる曲と言うことになりますが、ギターで奏でるテーマがなかなか良い感じで気に入りました。
4曲目、5曲目は、曲でリズムを変えているがファンク調のリズムの上で、2管+ギターが即興の競演をするようなサウンド。
6曲目が、単調なリズムの上をラップというか口パーカッションのようなボイスをフィーチャした曲で、これがこの盤の中では異色でありながら、惹かれる1曲。

前半はリズムを重視したちょっとファンク臭の効いた演奏が多く、後半はメロディに重きをおいたような聴かせる曲が並ぶような構成になります。
実は、Kevin Eubanksの過去のリーダー作って聴いたことないのですが、後半のような聴かせる楽曲をしっかり聴かせられるようになって、前半のようなリズムで勝負する演奏の良さが引き出されてきているのか?などと勘繰っています。
(などと、過去盤を軽く試聴してきたらこの盤の良さがひときわ際立った(笑)。過去盤の雰囲気から敬遠していたとしたら、試聴(http://www.amazon.co.uk/dp/B009HWLONY/)で良いから聴いてみる価値はあると思います。)


ベストは、この盤としては後半の聴かせるところに本来はあると思いますが、個人的嗜好と昨今のNYジャズの流れをも鑑みたところで6曲目にしたいと思います。


Kevin Eubanks "Messenger"(http://www.amazon.co.jp/dp/B009AJDEHS/)

  • ついに、本盤が登場しましたか!

    KEVIN EUBANKS盤は、ギターはハイテク&内容充実間違いなしでいつも楽しめますね。

    大昔のジャズ批評のギター特集記事で見つけ、以来ずっと追っかけてきました。
    その記事の内容は、テクニカルなギタリストだが、方向性が見えないというものだったかと思います。

    はからずも、十数年(二十数年?)を経た今でも KEVIN EUBANKS は本当は何がやりたいのか今ひとつ分からず、作品群の一貫性の欠如は相変わらで、ちょっと微笑んでしまうのは私だけ…

    PS 例によって、別件ですが Shane Theriot なるギタリストをごく最近知りました。非ジャズ、かつ、ニューオリンズ・スタイルという事で、全くマークしていなかったのですが、Oz NoyのExtensionとしてとらえると…
    中々どうして、ストラトサウンドの魅力を巧みに引き出し、音使いも一筋縄ではいかないユニークなところもあって興味深いプレイヤーです。これからちょっと聞いてみようと思っております。

    ではでは

    [ bet**_tar* ]

    2012/12/14(金) 午後 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > bet**_tar* さん
    実は、個人的にKevin Eubanksをまともに聴くのは初めてでして。。
    たぶん、15年くらい前は、参加作を多少は聴いていたと思うのですが..
    やっぱり、一貫性の欠如という感じではあるんですね。次作は買わない気がします(笑)
    それよりも、冒頭に書いたDave Hollandの新ユニット"Prism"の活動とアルバムリリースに期待を持ってます。

    Shane Theriot って人は知りませんでしたが、試聴したら好きなタイプでした。oz noyというかHiram Bullockを彷彿させるというか..

    oza。

    2012/12/15(土) 午前 7:10

    返信する
  • 顔アイコン

    Dave Holland's Prismの情報有難うございます!
    チュービンゲン・ライブBOOTを早速手に入れ拝聴している所です。
    ガチンンコ勝負のスリリングな演奏で正式盤のリリースが楽しみです。

    ベースや、ドラムがリーダーをやっている作品の方が、ユニット全体のサウンドに目がゆきとどいていて、ギタリストがリーダーの作品よりも引き締った作品に仕上がるケースってあると思います。
    E_L_B、Marc Johnsonのright brain patrolやSound of Summer Running、Brian BladeのSeason of Changes、Eberhard WeberのLater That Evening、 HellborgのTemporal Analogues of ParadiseやOctave of the Holy Innocents等々枚挙にいとまがありませんね… (つづく)

    [ bet**_tar* ]

    2012/12/15(土) 午前 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    …(つづき)

    Amazon USAで漁盤していたらOz Noyリスナーが、合わせて買う事が多い盤としてShane Theriotの作品があがっていて、3枚程聞き込んで見ました。

    ちなみに部分的にハッとされられる要素はあるモノの、非JAZZ的要素に満ち満ちており、総じて私はついていけませんでした(X X)

    しかるにJAZZリスナーさんに対してはShane Theriot作品はお勧めしがたいというのが、私の結論です(^ ^;

    Hiram Bullockですか… なる程、似ているかもです。カーラ・ブレイ・バンドでも一時期プレイしてましたね。存命中は追っかけているプレイヤーの一人でした。
    ギター好きの私としては、えらくボロい彼のストラトに惚れました → http://bobbybroom.com/blog/wp-content/uploads/2008/08/hiram-bullock-way-kool-300x295.jpg
    本盤 Way Coolはベスト作の一つと思いますが、余談として彼のギターはFender Japanで売られてました。(買いそこねましがたw)

    [ bet**_tar* ]

    2012/12/15(土) 午前 10:27

    返信する
  • 顔アイコン

    > bet**_tar* さん
    ライブ音源の入手が素早いですね(驚)
    dave holland自身のリーダー作も、子おkのところ出ていないようなので、近々にもリリースされるんじゃないかと期待していますが..

    > ベースや、ドラムがリーダーをやっている作品の方が、
    おっしゃる意味はわかります。たしかにそういうのってあるのかもしれないと思いますです。 なるほど

    Shane Theriotについて、そういう見解になったんですね。個人的には、試聴のレベルではありますが、なかなかおもしろそうに聴こえていたのですが。。(買うまでには至ってはいませんでしたが)

    oza。

    2012/12/16(日) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ライブ音源ですが… 最近はCD盤ではなく、ほとんどデータでコレクションしてますので、足でかせぐ必要がないので楽チンです。便利な時代になりました。

    Shane Theriotは更に聞き込んで見ました。やはりJazzリスナーさん万人にはお勧めとは言えませんが、盤(The Grease Factor(2003年)が良さげ)によってはOz Noyやハイラム・ブロックを聴かれる方は楽しめるかもです。
    同盤の Track 07のThe Apartmentとかは完全にfusionスタイルですし、オープニングもいけてますw

    ではではm(_ _)m

    ではでは

    [ bet**_tar* ]

    2012/12/16(日) 午後 3:37

    返信する
  • 顔アイコン

    まだまだ、実体で聴きたいと思ってしまうので、相変わらずCD買いまくってます(汗)

    とはいえ、音源のダウンロードも気になる演奏は積極的に保管してはいます。
    していますが、全然聴けてません(汗)

    oza。

    2012/12/17(月) 午前 6:49

    返信する
  • 顔アイコン

    彼の出身、元々はフュージョン・ギタリストとしてのデビューだったと記憶してます。ただ、その後のBlue Noteレーベル(だったかな?)のリーダー作や、デイヴ・ホランドのバンドに加わっていた時(’90年代だったかな?)は割と硬派なギターを弾いていたように思います。

    今回のアルバムはセルフ・プロデュースということもあって、やりたいことが出ていると思うのですが、けっこういろいろなサウンドがありますよね。個人的にはけっこういいとは思いましたけれども。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2013/1/3(木) 午後 4:11

    返信する
  • 顔アイコン

    わあ、途中で「投稿」を押してしまいました(笑)。

    本年もよろしくお願いします。
    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2013/1/3(木) 午後 4:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101 さん
    前述の通りKevin Eubanksってこれまでまともに聴いたことがなかったのですが、この盤は良い演奏を聴かせてくれていたんじゃないかと感じています。
    おそらく近い将来にリリースされるであろうDave Hollandの新ユニット"Prism"の期待が高まっております。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2013/1/3(木) 午後 9:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事