ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Michel Camilo "What's Up?"

イメージ 1

Michel Camiloのアルバムですが1989年の"ON FIRE"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/43226150.html)が馴れ初めでありまして、この演奏にヤられてその後しばらくの間、店頭でいろいろ漁っている中で持ってない盤を見つけては買いをしばらく続けておりました。
当時のトリオでラテンタッチのピアノを弾き倒す熱い演奏に魅せられて、BN東京のライブにも何回か行った記憶があります(遠い目)
が、21世紀になってからだったか、Tomatitoとのデュオアルバムが出た後くらいだったか、ラテンタッチの熱い演奏でピアノを弾き倒すという彼の持ち味を発揮しきれてないと感じられる作品が続き(最近聴いてないからいつなのか覚えてないが)、今後彼の作品を買わなくても良いんじゃないかとも思っていたのですが、2007年のトリオ作"Spirit of the Moment"( http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/46580559.html)で、だいぶ以前の感じが戻ってきたかなぁなんて、その後も買い続けてまして、おおざっぱには2年に1枚のペース?でリリースされている作品を律義に買い続けている次第であります。
 "Caribe"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60026272.html)
>2009年のアルバム。でも録音は1994年
 "Mano A Mano"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60687698.html)
>スローな曲も多いが、ピアノの上手さで聴かせている感じか?

ということで、ちょっと持ち直してきている演奏の熱さを期待しての購入となります。
が、本作はソロピアノ作となりますので、トリオのような熱さを期待しないほうが良さそうです。

演奏曲は、オリジナル7曲にその他4曲で全部で11曲と言う構成になります。
01 What's Up?
02 A Place In Time
03 Take Five
04 Sandra's Serenade
05 Island Beat
06 Alone Together
07 Paprika
08 Love For Sale
09 Chan Chan
10 On Fire
11 At Dawn

演奏ですが、すでに私(というか絶頂期のMichel Camiloの演奏を知っているファンのほとんど)が期待しているラテンタッチの熱い演奏が充満しているアルバムを彼に期待してはいけないのということを実感したと言ってしまいましょう。
さすがに、前作でも感じた通り熟年のピアノの上手さというのはしっかり堪能でき、ジャズピアノとして完成度の高い演奏を聴くことはできますが、それをMichel Camiloの演奏に求めているかと言われれば、そういうこともあるわけでなく..。
そうは言っても、上手い演奏はやっぱり上手いわけで、スタンダードのAlone Together、Love For Saleの解釈の秀逸さ、意表をついたTake fiveをまっとうに弾いていながらとても魅力的(一部、破綻してるところもあるが)な演奏に仕上げているところ。
さらに、冒頭に記したon fireの再演(手が追いついてるとは言えないが..)とか、聴きどころはいろいろあるわけではありますが..。

ベストは、そういうわけでスローな曲をじっくり料理したものにせざるを得ず..。と言う意味では4曲目とかですかねぇ。本領とは言えないんですが..

選曲とか見てると、本人もファンが期待している自身の演奏スタイルがわかっていて、それに十全に応えきれないもどかしさなんてものを感じているのかもしれないと思ってみたり..。


Michel Camilo "What's Up?"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00BNIZKSA/)

  • 顔アイコン

    昔はバリバリだったんだけど、今は落ち着いている、っていうパターンはミュージシャンも多くありますね。ただ、なぜかミシェル・カミロは追っかけをしてしまいます。まあ、いい意味で歳をとってきたっていうことなんでしょうけれども、パッともうひと花咲かせてほしいなあ、という気持ちもありますです。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2013/8/8(木) 午後 6:05

    返信する
  • 顔アイコン

    9101さん
    枯淡の域といったら言い過ぎかもしれませんが、年を重ねた味わいが出てきているんだとは思うのですが、どうしてもMichel Camiloには勢いのある演奏だけを期待してしまってまして...(汗)

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2013/8/10(土) 午前 7:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事