ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

Fred Hersch "Floating"

イメージ 1

Fred Herschの新作がリリースされました。
この盤は、4月の新譜会(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62526625.html)で、マスタリング前?の音源を聴かせてもらってこれは良い演奏が聴けると確認して、正式リリースされるのを待っていた盤です。
それまで、Fred HerschはVanguardライブを3種と、Julian Lageとのデュオ作の4枚を聴いている程度。
本作が5枚目の購入です。
 "live at the Village Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/42519413.html)
 "Alive at the Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61559678.html)
 "Alone at the Vanguard"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61865504.html)
 "Free Flying"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62298826.html)

メンツは、以下の通り。2つめの"Alive at the Vanguard"と同じメンツでの録音です。
Fred Hersch(P)、John Hebert(B)、Eric McPherson(Ds)

演奏曲は、オリジナル7曲に、スタンダード等3曲で全部で10曲と言う構成。
01. You and The Night and The Music
02. Floating
03. West Virginia Rose (for Florette & Roslyn)
04. Home Fries (for John Hebert)
05. Far Away (for Shimrit)
06. Arcata (for Esperanza)
07. A Speech to the Sea (for Maaria)
08. Autumn Haze (for Kevin Hays)
09. If Ever I Would Leave You
10. Let's Cool One

1曲目は有名曲過ぎて、ヘビロテ時には飛ばすことが多いんですが(汗)
2曲目以降、リリカルな曲はしっかりしっとりとした演奏で聴衆を魅了し、途中、思い入れたっぷりなバラード、少しテンポを上げた小気味良い演奏と、たっぷりとを楽しませてくれます。

3者の力関係としては、主役はピアノで、ベース、ドラムは従者近い位置づけにはなると思うが、とはいえ、3者対等を彷彿させる部分も多々あり、そこでのインタープレイはBill Evansトリオを聴いているときの満足感を感じさせるような、見事な演奏を聴かせてくれます。言いすぎかなぁ

Fred Herschの真骨頂は、スローめな曲を思い入れたっぷりに演奏しているところにあると思うのですが、
6曲目とか10曲目のように、少し速いテンポの曲でハネるような演奏をしているのもなかなか味わい深いものがあります。
4曲目も早めのテンポの曲だが、重厚感のある演奏でこれも素晴らしい。

ひと言でいうと、美麗フレーズを良い塩梅のバッキングで支えた好ピアノトリオ演奏となるが、美麗だけでは言い表せない奥深さと言うか、語り口の巧妙さというか、聴き飽きない演奏です。

ベストは、6曲目ですかねぇ。この盤のこの演奏はかなり良いと思います。


Fred Hersch "Floating"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00K6D1OJ2/)

  • 顔アイコン

    私も偶然、本日このアルバムをブログ出取り上げました。”arcata”がベストとのご評価ですが・・・ちょっと私には難しいところがありまして、そうですね、やっぱり”floating”とか”west virginia rose”あたりが引き込まれます。いずれにしてもいろいろな意味でレベルが高いピアノ・トリオものだと思ってますが。トラックバックもさせていただきました。

    [ jph*t*floyd ]

    2014/8/5(火) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    jph*t*floydさん すいません。TB来てないので、時間があるときに再度入れてみてください。m(__)m

    oza。

    2014/8/7(木) 午前 6:24

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。ちょいとご無沙汰してしまいました。自分の記事をアップするので精一杯で,皆さんのところに書き込みができませんでした。

    このアルバムはHerschの美的感覚がちゃんと出ていますし,プログラム自体もバランスが取れている気がしました。本人によれば,ライブもスタンダードで肩慣らしをして,オリジナルを演奏し,有名曲に戻って,最後はMonkで締めるのが通例だそうですが,それによって適切なバランスが保たれるってことでしょうね。

    いつも期待を裏切らないFred Herschですが,本作もバッチリでした。ということで,TBさせて頂きます。 削除

    [ 中年音楽狂 ]

    2014/8/7(木) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    どうもすみません。二ー三回やってみたんですが・・・・うまくトラックバック出来ていないようです。中年音楽狂さんの方にはうまくいっているんですが?
    いずれにしても、こちらにはよく訪問させていただいてますので、よろしくお願いします。

    [ jph*t*floyd ]

    2014/8/8(金) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    jph*t*floydさん は、風呂井戸さんですね。TB入らず、ご迷惑おかけしてます。blogによって相性があるようで... (--;;

    Fred Herschは、これが5枚目なんで偉そうなこと言えないんですが、だんだんと魅力に開眼してきてる感じです。

    逆TBは入ってるようなんで、今後ともよろしくお願いいたします。

    oza。

    2014/8/9(土) 午前 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    中年音楽狂さん。こちらからの先行トラバがほぼ無いので、すいません。
    通常のライブと同じ流れでのアルバム構成だから、耳馴染みが良い部分もありそうですね。
    とはいえ、1曲目が。。。(^^;;

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2014/8/9(土) 午前 6:30

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん、こんにちは。
    修行が足らなくて、ハーシュのソロほどの感動がまだ得られてないんですが、そのわりに聞いているとoza。さんご推薦のArcataやHazeとか、聴き入ってしまっている自分に気づきます。きっとスルメ盤なんだと思ってのんびり楽しんでいます。
    それにしても、ブログで取り上げられる音楽のレンジの広さに驚愕しつつ楽しませて頂いています。 削除

    [ とっつぁん ]

    2014/8/9(土) 午前 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    とっつぁんさん。私も、人のこと言えないですから。。(汗)
    私も、Fred Herschはゆったり楽しむのが吉のような気がしてます。

    > それにしても、
    ありがとうございます。
    レンジ広いですかねぇ(^^;;
    ほとんどが、広義のジャズに全部収まっているとは思うんですが..
    これからもよろしくお願いします。

    oza。

    2014/8/9(土) 午後 3:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事