ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

John Patitucci "Brooklyn"

イメージ 1

John Patitucciの新作です。本作は2ギターのカルテットという、ちょっと過激な編成。
調べると、前作がSAX Trioで2009年、その前がギター、サックス入りのカルテットと、リーダー作リリースの頻度も低いですが、同じ楽器構成でのアルバムを作っていないところが..。
 "Remembrance"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58539472.html)
 "Line By Line"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/48009764.html)

肝心のメンツですが、Wayne Shorterバンドでも一緒の名手Brian Bladeに、Adam Rogers、Steve Cardenasという若手、中堅の
勢いの良いギタリストを据えたところが興味深いところ。
John Patitucci(B)、Adam Rogers(G)、Steve Cardenas(G)、Brian Blade(Ds)

演奏曲は、John Patitucciが6曲、Thelonius Monkが2曲、Wes Montgomeryが1曲、他2曲で全部で11曲。
01. IN9-1881 / The Search
02. Dugu Kamalemba
03. Band of Brothers
04. Trinkle Trinkle
05. Ugly Beauty
06. JLR
07. Do you?
08. Bells of Coutance
09. The Thumb
10. Go Down Moses
11. Tesori

冒頭、ちょっと大仰なイントロからスタート、そこから2ギターの掛け合いにベースが絡んで、折り重なるようにフレーズが重なるちょっと複雑なテーマの楽曲。直後にJohn Patitucciはエレベで、高音基調のソロを繰り広げると書くとFusionライクな演奏と思われそうだが...。
これだけのメンツで、さらにBrian Bladeが重厚感のあるドラムを叩いているので、軽いノリの演奏には全然なっておらず、逆に重厚な聴き応えをすら感じる内容に仕上がっている。
2曲目はベースと1つのギターが奏でるミニマルなリズムが耳に残る曲、そこにもう1つのギターが断片的にソロをのせてくる、単調だけど格好良い。
3曲目は、ブルース、ロックを彷彿とさせるノリの片方のブルージーなギターソロに、もう片方のギターがリフ的にあいの手をいれて行くような進行。このギター2者の掛け合いが気持ち良い。格好良いというより耳を思わずそばだててしまう妙を感じるような内容。
4曲め5曲めがThelonius Monkの曲で、4曲めはあまり重さを感じさせない演奏で、5曲めはゆったりとしたテンポでじっくりと演奏に取り組んでいくような感じ。
6曲目は、John Patitucciのベースソロからスタートするブルース、7曲目もJohn Patitucciのベースソロからだが、こちらは4ビートのハードバップな曲。
ここで1分超のハープのような響きを強調した小品を挟んで、この後はベースとドラムのデュオの9曲目、10曲目は2ビート基調のシンプルな曲、最後がベースソロでしっとりとした曲を演奏してアルバム終了。

2つのギターのどっちがどっちかはちょっと判別付きにくいが、両者の掛け合い(曲によって、ベースも絡んで3者)が重奏的な面白さを出している曲が良い感じ。
なんで、個人的には後半4曲はいらないんじゃないかとも思っている。
もちろん、John Patitucciの上手さ、巧さを感じさせるベースが主役だし、良い演奏をしっかりと聴かせてくれているのは間違いないところだが、個人的に本作はなんといっても、Brian Bladeのドラムが曲毎にその雰囲気をしっかりととらえたドラミングをしているところが聴きどころだと思ってまして、そう言う意味でも前半7曲の雰囲気で通してもらったほうが良かったようにも思ってる。

ベストは、3曲目にしましょう。


John Patitucci "Brooklyn"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00UVUBK6M/)

  • 顔アイコン

    ジャケを見るとセミアコ風6弦ベースとギターはセミアコ2台のようなので、何だか3人とも皆似たようなサウンドの印象がありますが、それが狙いだったのかも。個人的にはもう少しタイトなサウンドが好きですけど、こういうのもいいかなあ、とも思います。

    TBさせていただきます。 削除

    [ jazz910kazu ]

    2015/7/29(水) 午後 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > jazz910kazuさん
    言われてみると、たしかにセミアコ風3者の共演の様相はあったかもしれないです。
    タイトな演奏を期待するのも、大いに御意ではありますが、今回、個人的にはなぜだか最初から妙にしっくり聞いています。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2015/7/30(木) 午後 8:39

    返信する
  • レビュー通りの内容で、Patitucciのリーダー作の中では最良の出来栄えではないかと思います。

    海外のレビューを見るとPatitucciのBrooklynというオリジンと、ヤマハ製の6弦エレクトリックベースにインスパイアされて本作が出来た模様です。

    S.Cardenas、A.Rogers、B.Bladeという完璧な布陣で、どのパートを聴いても素晴らしいと思います。

    右側のブライトで輪郭のハッキリしたサウンドがA.Rogersであると思います。精度の高いリズム感や、うっかり?出てしまう高速フレーズから推察すると間違いないと思います。

    本作中のMonk2連続部はS.Cardenasの出身であるMotian Bandを思い出させるパフォーマンスで、A.Rogersもヒメヤカに?ビルフリ的なギミックなワザを使っていて楽しめました。

    今年リリースされたSteve Gaddの『70 strong』も原点回帰という点では通じる所がある気がしました。いずれ劣らず粋な佳作だと思います。

    ではではm(_ _)m

    [ bet**_tar* ]

    2015/8/4(火) 午後 0:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事