ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

イメージ 1

Wolfgang MuthspielのECMからの2〜3作めです。
 "Driftwood" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62702978.html)
 "Travel Guide" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00CE27F5U/) <これを入れると3作め。

ここ最近、ECMでの中堅ミュージシャンを起用したリリースが続いていましたが、これを個人的には一過性のものと見ていたのですが、外れているかもしれません。
Wolfgang Muthspielがこれで2(3)作めですし、Tigran Hamasyan, Vijay Iyerとか、複数作出てますし..。
今後、Chris Potter, Avishai Cohen, Aaron Parksとかも2作めをリリースするんでしょうか..。(興味津々)
と、言いつつ最近はEgberto Gismonti, Kenny Wheelerと古(いにしえ)の方々のアルバムのリリースがあるので、波がこっちに移ってきているのかもしれません。(だとしたら、一過性なのはあたっているかも..)

Wolfgang Muthspielとの個人的馴れ初めは、"Real Book Stories"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/14670269.html)で、その後いろいろ買い続けていますが、最初の印象が強すぎるせいか、"Real Book Stories"を凌駕したと思わせる盤とは巡り会っていないかなぁって感じであります。

が、本作はメンツがかなり豪華でかなり期待できそうな気配濃厚でありまして、そのメンツは以下の通り。
Wolfgang Muthspiel(G)、Ambrose Akinmusire(Tp)、Brad Mehldau(P)、Larry Grenadier(B)、Brian Blade(Ds)

演奏曲は、Wolfgang Muthspielのオリジナルが9曲と、Brad Mehldauの曲が1曲という構成で、全部で10曲。
01 Rising Grace
02 Intensive Care
03 Triad Song
04 Father And Sun
05 Wolfgang's Waltz
06 Superonny
07 Boogaloo
08 Den Wheeler, Den Kenny
09 Ending Music
10 Oak

大筋としてはコンテンポラリー系のサウンドと言えそうだが、重めで陰を感じる雰囲気を感じさせるのは、いかにもECMらしいと言いたくなるところ。
Wolfgang Muthspielの丁寧な演奏でのアルペジオ、Ambrose Akinmusireのtpの美しい響きによるテーマ吹奏と、これらに付かず離れず絶妙に寄り添うBrad Mehldauのピアノとのコラボレーションの見事さ。
なんと言ってもBrad Mehldauの、独特のフレーズを少し織り交ぜつつ、しっかり両者と溶け合うバッキングの素晴らしさに感嘆する。

これを、ベース、ドラムのリズムがこれまた良い塩梅の音量音圧でバックアップしていて、全体のサウンドバランスもまた秀逸と言うしかない。
ECMらしさをしっかり感じさせ、全体の印象は温度感低めでありながら、難解過ぎにならず、さりとて平易にもなり過ぎないところで音楽を組み立てていて、軽く聴き始めても演奏に耳が傾いていってしまい、結局じっくり聴いていることしばし。
良いもん聴かせてもらいました。

ベストは5曲めでしょう。

"Rising Grace" Wolfgang Muthspiel(https://www.amazon.co.jp/dp/B01IWXRWUM/)

  • 顔アイコン

    アヴァンギャルドにして、即興の醍醐味と、クインテットとしてのアンサンブルの美しさなど、ECM世界であり、これはやっぱり一枚上のジャズを聴かせてくれる。
    M5.”Wolfgang's Waltz”では相変わらず美しさと流麗なピアノの音が流れて良いですね。

    [ jph*t*floyd ]

    2016/12/21(水) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > 風呂井戸さん
    各メンツの個性とECMらしさの双方を感じさせつつ、見事なアンサンブルを見事なサウンドバランスで聴かせる。
    いろいろと絶妙にコントロールされたバランスを感じさせる作品で、感嘆しました。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/22(木) 午前 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    これだけのメンバーが揃うと、ECM的ではあるけれども、期待以上の内容で、よかったです。でもよく今このメンバーがそろったなあ、とも思います。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2016/12/22(木) 午前 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101さん
    ECMらしさと、各メンバーの良さとをうまくバランスした作品に仕上がっていると思います。
    さすがにこのメンツだと、文句の出るはずもないんですが。

    たしかに、このメンバーをよく揃えたなとは思いますね
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/23(金) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん,こんばんは。中年音楽狂です。

    Brad Mehldauコレクター,ECMレーベル好きとしては無条件に購入なんですが,このアルバムのキモはAmbrose Akinmusireのラッパだったと思います。こういう吹き方もできるんだと知って,正直驚きました。

    ここでのBrad Mehldauはどちらかと言えば助演に徹しているという気がしますが,いい仕事ぶりですね。

    ということで,TBさせて頂きます。

    [ meh*d*u_col*ect*r ]

    2016/12/23(金) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂さん
    ECMらしさと各人の演奏の凄さが見事に融合していて、聴き応え充分でした。
    Ambrose Akinmusireがキモであるというのは、わかります。
    Brad Mehldauとの絡みとか、素晴らしかった!!

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/24(土) 午後 0:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事