ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんどJAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。

書庫全体表示

2016年のBEST3

今年も、昨年から続くラージアンサンブルを披露するコンポーザー勢に面白いものが多かったと思いますが、その派生のような、変わった楽器での中規模編成のバンドみたいなのも多く出てきていたと感じています。


今年もいろいろ良い盤が多く、まさに「悩みだすとキリがない」状態に陥いるのは例年のことでw、あまり悩まずズバッと決めて公開いたします。

例年の通り順番をつけないで下記3枚と、特別賞として発掘盤を1枚挙げます。



"Lovers" Nels Cline (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63915967.html)
"Lovers"なんて甘いタイトルだが、非常に緻密に作り込まれていて、楽器の特性に合わせた和音を巧みに組み合わせ、音量、音色、そのバランスと絶妙にコントロールされたアンサンブルの妙に圧倒されました。
もちろん、曲調に合わせて巧みに弾き倒すNels Clineのギターも秀逸であります。

"THE UNQUIET SKY" Albert Vila (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63683518.html)
主役無視でメンツ買いした1枚であるが、ことのほか聴き応えのあったアルバム。
目当ての面々の演奏が良いのは当然として、その一線級のメンツが盛り立てるAlbert Vilaのギターがもの凄く上手で、露出が多いにも関わらず、インパクトを感じない恐れすら感じるほど破綻なく淀みなく流暢なソロをたっぷりと聴かせてくれ、その素晴らしさに圧倒されました。


"Melancholy Of A Journey" 佐藤浩一 (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63804663.html)
佐藤さんは、Rabbitoo(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63674453.html)のピアニストとして知ったんですが、抑制を利かせつつ響かせる美しくも主張のしっかりしたピアニズムもさることながら、クールにさまざまな情景を想起させる作曲、アレンジ能力にも魅せられています。
リリースライブも堪能させていただきました。
 20160610 (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63741587.html)

特別賞
Bill Evans "Some Other Time" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63711376.html)
「お城盤」として有名な"At The Montreux Jazz Festival"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/10166931.html)と同じメンツで、わずか5日後に録音されたという音源が世に出たもの。
「お城盤」が名演なので、同じメンツ(Eddie Gomez、Jack DeJohnette)の他の音源は以前から渇望されていたと認識しているが、その3人がスタジオ録音を残していたということに驚愕。
これを世紀の発掘と言わずしてなんという!!

この記事に

  • Nels Clineをベスト盤に選ぶとは! 大英断ですね。
    轟音歪みでの破壊的なパフォーマンスが信条の N.Cline ですが、本作ではバランス感覚とセンスの良さが光っていると思います。

    ではでは<(_ _)>

    ベタロより(何故か投稿名がshojinに固定されてて、変更不能なのです…)

    [ shojin ]

    2016/12/29(木) 午前 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > bettataroさん
    Nels Cline盤ですが、聴くたびに凄さを実感してたんで、これは個人的には外せませんでした。

    年末にリリースされたギタリスト関連数作も、実はかなり強力盤だったんですが、来年にまわせるかなと。。(汗)

    oza。

    2016/12/29(木) 午後 3:05

    返信する
  • 顔アイコン

    oza。さん,おはようございます。中年音楽狂です。

    遅ればせながら,私も今年のベスト作の記事をアップしました。oza。さんとは全くかぶっていませんが,皆さんのブログを拝見していても,今年は結構ばらつきがあるかなって感じです。私は第一印象を大事にしたって感じですかねぇ。

    ということで,TBさせて頂きます。来年もよろしくお願いします。よいお年を。

    [ meh*d*u_col*ect*r ]

    2016/12/30(金) 午前 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中年音楽狂さん
    全般的には、Pat Metheny, Joshua Redman/Brad Mehldau, AZIZA あたりが堅いところでしょうか。
    で、私も中年音楽狂さんも、そこは"はずして"いるとw
    自分の場合、あえてかぶらないよう選んでいる感じもありますが(汗)


    こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/30(金) 午後 2:49

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    今年一年の〆となりましたね。

    わたしは、わたしなので人と被るとか、あえて外すとか、、
    そういうことは考えませんでしたよ。笑
    したがって、「Pat Metheny, Joshua Redman/Brad Mehldau, AZIZA」は全部入ってます。爆
    佐藤浩一さまのアルバムは、デヴィッド・ボウイと同じくらい聴き倒しました。これも外しを狙ったのですか??
    次点にしましたが、良いアルバムだと思います。

    来年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

    [ suz***** ]

    2016/12/30(金) 午後 3:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > Suzuckさん
    もちろん、聴いて良かった盤を挙げてます。
    ただ、多くの人が絶賛しそうなのは、ちょっと自分の中の順位が下がり気味ということでw
    でも今年は、AZIZA以外は候補にあがんなかったです。

    Rabbitooも良かったんですが、佐藤さんは文句なしでしょう。

    こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/30(金) 午後 5:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事