ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

"AZIZA" AZIZA

イメージ 1

Dave Hollandのアルバムは、2013年に紹介している前作が非常に格好良く、このユニットの次作がいつ出てくるか秘そやかに気にしていたんですが、全然出てくる気配がありませんでした。
その前作の紹介が↓
 "Prism" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62274554.html)

そうしたら、メンツを変えての新作の告知情報を得て、さらにそのメンツがかなり強力で一気に期待が高まった次第であります。
ということで、メンツですが以下の通り。Chris Potter、Lionel Louekeがフロントを固める極力な布陣と
なっています。
Chris Potterは、それ以前の作品で多用されてたので返り咲き。Lionel Louekeは初ではないかと思います。
Chris Potter(Ts, Ss)、Lionel Loueke(G, Vo)、Dave Holland(B)、Eric Harland(Ds)

収録曲は全部で8曲。すべてメンバーのオリジナルで、各人が2曲ずつを提供しています。

01. Aziza Dance
02. Summer 15
03. Walkin' the Walk
04. Aquila
05. Blue Sufi
06. Finding the Light
07. Friends
08. Sleepless Night


Lionel Louekeのエフェクトかけまくった変態フレーズに、オーソドックスに叩くリズムを刻むドラムという冒頭から、Chris Potterのサックスと、Lionel Louekeのギターのユニゾンでのテーマという格好良い演奏からスタート。
2曲めのアフリカ調の複合リズム、3曲めの変拍子、ロック色の濃い5曲め、6曲めのラテン調などをいろいろな要素を含んでいるが、基本は8ビート基調のコンテンポラリー系のノリの良い演奏が大半を占める。

Lionel Louekeを除く3者は歯切れの良い演奏を繰り広げている印象で、Lionel Louekeだけが自由度が高い演奏を繰り広げていて全体を引っ掻き回すような振る舞い方。
Lionel Louekeのこれまで以上に変幻自在な演奏を堪能できるところが、この盤の聴きどころでしょう。
彼の懐の深さを目の当たりにした感じ。

Chris Potterの、いつもどおりのキレキレのソロは、Lionel Louekeの変態フレーズとフロントを二分する登場頻度で充分満足度の高い演奏を聴かせる。

Eric Harlandの端正でありながら演奏をぐいぐい引っ張っていく力量の凄さも健在。
Dave Hollandの安定のベース演奏と、当然ながらしっかり満足のいく演奏をしているから全体のクオリティはかなり高い。
が、なんだかんだLionel Louekeの散漫にならないかと言うくらいいろんな音色をこれでもかと繰り出した演奏を聴けるのがなんといっても楽しい。

ベストは、Chris Potterのソロが存分に楽しめる5曲めにします。

AZIZA "AZIZA" (https://www.amazon.co.jp/dp/B01KKYZQTA/)

  • 顔アイコン

    素晴らしいんだけど、どう表現したらいいか、うまく書けなかったケースでした(笑)。内容が素晴らしいことは間違いないので、それで押し通してしまいましたけど。

    TBさせていただきます。

    [ jaz*9*0k*zu ]

    2016/12/28(水) 午後 5:38

    返信する
  • Lionel Loueke が近年こだわっていたオクターバーを多用した奏法ですが…

    今迄の作品では???という印象でしたが、この作品で、始めて「カッケー!」と思えるレベルにたどりついた様に感じました。

    今年は、ギター関連作が不漁と感じてましたが、下期に入って、やっと満足できる品位の作品に出合う事ができハッピーです。
    無論、D.Hollandのベースも素晴らしいと思います。

    D.Holland名義盤はギター目線だと、消化不良なモノがほとんどでしたが、本作でとうとう突き抜けた様に思いします。

    マイルス曰く「ギターはファンキーでなけば意味がない」とのこと… その言葉を体現する良品だと思います!

    ではでは<(_ _)>

    ベタロより

    [ shojin ]

    2016/12/29(木) 午前 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > 9101さん
    4者が、抜群の演奏を繰り広げているので、聴きどころが全てであるのは御意であります。
    個人的には、Lionel Louekeがハイライトだと思って聴いてました。

    TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

    oza。

    2016/12/29(木) 午後 2:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > bettataroさん
    この盤のLionel Louekeは、それまでと違って暴れてる感の強いものでしたが、それが功を奏して最高に面白い盤に仕上がっていると思います。

    ギタリストの好盤ですが、Mike Morenoが昨年末の盤だったんで
    前半は、David Gilmore, Rez Abbasi,くらいですかね。
    後半(というか、ごく最近)は、まだ未紹介ですが、Yotam Silberstein, John Moulder, Ricardo Grilliとかいろいろ目白押しです。

    oza。

    2016/12/29(木) 午後 2:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事