ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全556ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Dizzy Reece "Asia Minor"

イメージ 1

Dizzy Reece の1962年に発売された作品で、Prestigeレーベルからのリリース。
本作は、さるイベントでPrestigeレーベルのトランペットのフィーチャされた演奏を捜していた際に、No Trunks店主からお借りしたもの。

ジャズ批評の”Prestigeレーベル”本(https://www.amazon.co.jp/dp/4915557235/)は持っているが、さすがに普段新譜ばかり聞いているとこの辺のアルバムを選べるほどには所有しておらず、Miles Davis(ただし未発表音源)を持ってくかとか考えたのですが、いくつかお借りした音源からのチョイスで事なきを得ています。

メンツは、ちょいと変則的な3管のセクステット。
Hank Jones, Ron Carterと説明不要の名手に、往時のサイド参加作が多いCharlie Persip、Joe FarrellはChick CoreaのRTF参加で有名なフルーティスト、Cecil Payneは個人的にはほぼ未聴のバリトンサックス奏者。
リーダーのDizzy Reeceはジャマイカ出身で、まだ存命(2019/03調べ)のようです。

Dizzy Reece(Tp)、Cecil Payne(Brs)、Joe Farrell(Fl)、Hank Jones(P)、Ron Carter(B)、Charlie Persip(Ds)

演奏曲は、Dizzy Reeceのオリジナルが3曲にその他で全部で6曲。
1 The Shadow Of Khan
2 The Story Of Love
3 Yamask
4 Spiritus Parkus (Parker's Spiritus)
5 Summertime
6 Ackmet

ブラシによるザラザラしたドラムをイントロに斜に構えたようなテーマの1曲め
トランペットによる高らかかつ朗々としたソロから始まる2曲め
紫煙が似合うような、そこはかとなく陰を感じさせるような、そんな4ビートのサウンド。
この年代らしい(今となってはちょっと恥ずかしい)格好良さを垣間見せるような演奏が6曲収められている。

フルートの繊細は高音、バリトンサックスのバリバリいう低音、トランペットの奔放に吹き鳴らすカラッとした音と、3つの性格の大きく異なる管の音色が演奏を鈍く彩る。
異色なようで違和感を感じない3管の音色の違いを楽しみながらのハードバップ。

ベストは4曲めにしましょう。

Dizzy Reece "Asia Minor"(https://www.amazon.co.jp/dp/B009K6GKEK/)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

John RaymondのReal Feelバンドの作品は、昨年6月に体験したライブがことのほか素晴らしく、そのときの観戦記は以下。
 "John Raymond & Real Feels(20180612)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64523890.html)
この来日が新作を引っ提げてのものだったので、その後そのアルバムを購入しています。
 "Joy Ride"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64590098.html)

そして、本作を2018年のベストの1枚に挙げています。
 "2018年のBEST3" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64691148.html)

2019年早々に、同じReal Feelバンドのライブ作がリリースされるってんで、速攻買いこんできたもの。
これだけ頻度高くアルバムがリリースされるってのは、このバンドの評判の高さを物語っているんでしょう。

このライブ盤のタイトルに、"Vol.2"とあって、過去に"Vol.1"が出ているんですが、こちらは現状入手困難のようです。
 "Vol.1" (https://www.amazon.co.jp/dp/B06XZ66ZSV/)

メンツは、前作と同じ
John Raymond(Flh)、Gilad Hekselman(G)、Colin Stranahan(Ds)

収録曲もすべて、前作"Joy Ride"からの曲で占められていて、昨年体験したライブの追体験が期待できるところ。
01 Follower
02 Minnesota, Wi
03 Be Still Intro
04 Be Still, My Soul
05 Joy Ride
06 The Times They Are A-Changin'

低音を強めに効果的に使いつつ、きらびやかなサウンドを奏でるGilad Hekselmanのギター。
3曲め、5曲めでは、かなり満足度の高いたっぷりとしたソロを聴かせる。
Colin Stranahanの小気味好くリズミカルなドラム。
これまで聴いてきたこのバンドの中では、抑制の効いたドラミングと言えそう。それでも曲によっては相当な音数を散りばめてくる。

そんな、ギター、ドラムの奏でる伴奏にのせて軽やかなサウンドを振りまくJohn Raymondのフリューゲルホルンの柔らかな音色が心地良い。
ライブ盤ではあるが、そんな気配が感じられないくらい緻密な演奏が繰り広げられる。
曲が終わった後に拍手が起きてライブだと感じるが、いずれの曲も曲が終わるまでライブと意識しないで聴いているくらい。

ベストは5曲めにしましょう

"Real Feels: Live Vol.2" John Raymond(https://www.amazon.co.jp/dp/B07KH3DKNT/)

この記事に

開くトラックバック(0)

Brad Whiteley "Presence"

イメージ 1

Brad Whiteleyというピアニストのリーダー作。
本人のhp(https://www.bradwhiteley.com/discography)を見ると、まだまだ参加作も少ない若い人のよう(1980生なので40近い)で、本作が2枚めのリーダー作になるようです。

これは、新譜情報を見ていてなんか気になって購入したもの。
特に、メンツにも収録曲にも目当てがあったわけではなく、本当になんかピンとくるものがあって..。

そういうメンツは以下の通り。いずれのメンツも名前に記憶がありませんでしたが、自blogを調べると少なからず参加作はありまして
Matt Pavolkaが1枚
 Alan Ferber "Jigsaw"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64336149.html)
Kenneth Saltersが1枚
 Myron Walden "Countryfied"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60264640.html)
Tom Guarnaが2枚、そのうちの1つが
 George Colligan "Runaway"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/56491169.html)
と出てきました。
Michael Eatonだけは出てきませんでしたw

Brad Whiteley(P)、Matt Pavolka(B)、Kenneth Salters(Ds)
Tom Guarna(G:1-4,6,8-9)、Michael Eaton(Sax:1-2,4,6,8-10)

演奏曲は、すべてBrad Whiteleyのオリジナル。
01. Dusk
02. Sunset Park
03. The Unwinding
04. Sinking Feeling
05. Everything Changes
06. Presence
07. When We Met
08. Demagogue
09. Dawn
10. K Car Funk '83
11. A Dark Day

リズムにあたる低めな音でのフレーズをさまざまな楽器が繋げていく上をさまざまな楽器が即興で繋げていく8ビートのノリの良い1曲め。
4ビートの少しクセのあるフレーズのテーマを持った軽快な曲の2曲め。エンディングが一旦終わると見せかけてRobert Glasperな音使いのひとフレーズを入れてくる。

3曲めがゆったりめのイントロから、16ビートのちょっと攻めてる感のある本編になだれ込む曲、ドラムの軽やかなビートと、鋭角的なギターでのテーマが聴きどころ。

全体を通しての傾向としてはコンテンポラリ系になるとは思うが、出てくるフレーズは、ジョンスコほどではないが、変態系フレーズが出てくる頻度が高めか。
ただ、いろんな楽器がどれもこれもそんなフレーズを入れてて、即興でそんなフレーズが出てきているわけではなく、作曲された部分にそんなクセのあるフレーズを多用しているような印象。

主役のピアノは、淀みなくフレーズを紡いでいくが?流暢な感じはちょっと希薄な印象で、多少なりともコリコリとした感触を持った音使い。
曲全体としてはちょっとドロっとした印象を感じるが、ベース、ドラムのサウンドがそんなイメージを出してきているからか。
サックスが一番アヴァンギャルドな演奏をしている。
9曲めで突如フリーというかスピリチュアル濃度がかなり高めの曲が入って仰け反るw

ベストは1曲めでしょう。

Brad Whiteley "Presence"(https://www.amazon.co.jp/dp/B07HSKPDBS/)

この記事に

開くトラックバック(0)

Human Feel "Gold"

イメージ 1

本作は、Kurt Rosenwinkel参加を見つけて、速攻買いを決めたもの。
通販サイトによっては、Chris Speedがリーダーとしてあるものもジャケットを見る限り、"Human Feel"か"Gold"のどちらかがタイトルで、どちらかがユニット名だということは容易に判るはずだが..。
結局は、Human Feelがユニット名で"Gold"がアルバムタイトルと言うことで落ち着いている。


さて、メンツ買いした本作の他のメンツは...。
Jim Blackは、南博の幻盤"Message For Parliena"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63646287.html)のドラマー。
サックスのAndrew D'Angeloは"Skadra Degis"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/55704483.html)を聴いていて、これはJim Blackと共演しているアルバムでした。
もう1人のサックス奏者であるChris Speedは、これまで聴いてはいなかったよう。
Kurt RosenwinkelとAndrew D'Angeloは、"Heartcore"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62041841.html)で共演しています。
Jim Black(Ds)、Kurt Rosenwinkel(G)、Andrew D'Angelo(Sax)、Chris Speed(Sax)

演奏曲は、Andrew D'Angeloが5曲、Jim Blackが2曲、Kurt RosenwinkelとChris Speedが各1曲のオリジナルと
4人の共作が1曲という構成。
01 ALAR VOME
02 IMAGINARY FRIEND
03 G_D
04 STINA BLUES
05 BASS PLACE
06 EON HIT
07 MARTENS
08 LIGHTS OUT
09 NUMER
10 OLOGY

2管による厳粛的アンサンブルのイントロから突如として暴力的なドラムが入ることでアヴァンギャルドな雰囲気に突入し、ロックなギターが格好良い1曲め。
オーネットばりにポップでありながら異様な雰囲気を醸す3曲め

いずれの曲でも圧巻に感じられるのがサックス2管による掛け合いで、フリーキーで暴力的なサウンドから、スピリチュアルにブローするバトル、緻密でありながら緻密に感じさせないアンサンブルと、変幻自在かつトリッキーな演奏が次々と繰り出される。
さらに、林栄一ばりの高音域でのサックスがチリチリいうサウンドまで駆使し、これを圧巻と言わずしてなんと言うか。

曲に合わせて、フリー、スピリチュアルなアプローチから、真骨頂であるコンテンポラリーなサウンド、さらには歪み入りのロックなサウンドまで、普段以上にさまざまなスタイルを使い分けながら、ベース不在で空いた低音域から高音域まで縦横無尽に音を散りばめるKurt Rosenwinkel。
ロックテイストの強ビートから、フリーテイストの自由度の高い演奏まで、しっかりこなしながら演奏を鼓舞していく力感は見事なJim Blackのドラム。
そんな2人がビート感がありながらスピリチュアルなサウンドを構築していく。

ベストは4曲めにしましょう。

Human Feel "Gold"(https://www.amazon.co.jp/dp/B07M86613B/)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Karel Ruzickaというサックス奏者のリーダーアルバム。
リーダーは全然知らない人ですが、このアルバムはメンツ見て買いを決めています。

Jon Cowherdは、リーダー作"Mercy"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62726242.html)も1枚聴いているが、それよりもBrian BladeのFellowship Bandのピアニストと言った方がとおりは良さそう。
 "Landmarks"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62687915.html)

John Patitucciは、言わずもかななベーシスト
最近作は、Wayne Shorterバンドの大作"Emanon"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64651446.html)になるのか?
リーダー作は、2015年の"Brooklyn"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63294106.html)以来出ていないようです。
ちょっと驚き。

Nate Smithは、2019年初頭のPat MethenyのBN東京公演で、 SIde Eyeのメンバーとして登場。これで一気に知名度をあげた印象。自blogでリーダー作は取り上げておらず、近作の参加作はAdam Rogersのリーダー作"Dice"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64250215.html)で聴いています。

そんなメンツを従えてアルバムを作れるってのは、双頭の逸材であろうと、そんな期待感も込めての購入です。

メンツは上掲の面々。ゲスト扱いで数曲参加なんてことはありません。
Karel Ruzicka(Ts,Ss)、Jon Cowherd(P,Fender Rhodes)、John Patitucci(B)、Nate Smith(Ds)

演奏曲は全部で8曲、すべてKarel Ruzickaのオリジナル。
01 Brooklyn Brotherhood
02 Grace To You and Peace
03 Seven Hills
04 Milagros
05 Modus Karelius
06 On Earth As It Is In Heaven
07 Flight
08 Grace and Gratitud

少しエコーがかかったような響きが聞こえることに加えて、8ビートの1曲め、6/8拍子の2曲め、3曲めも8ビートを軽やかなドラムでさらりと聴かせていて、ビート感のしっかりした平易な部類に入るような曲を淀みない綺麗な音色のサックスで奏でる曲が続く。
非常にさらりと聴かせてくれていて、ちょっと選ぶ盤を間違えたか?と思うほど。
5曲めで、速い4ビートにMichael Breckerばりの演奏が入ってきてようやく聴きごたえのある演奏。

ベース、ドラムは言うに及ばず、いずれも淀みなく流暢な演奏に、きっちり決めるところはきっちり決めており磐石な演奏をきめてくる。

Jon Cowherdのエモーショナルでキラキラした演奏は、この曲調には合っているけど、Fusion感増強に寄与しているところもありそう。

全体にJAZZとして聴いているには、さらりと聴かせるような曲と演奏が多めでちょっとものたりない印象。
さりとて、Fusionとして聴くにはちょっとシリアスな感じがして、聞き流すにはちとヘヴィな演奏。
と、中途半端な印象を抱いているのは、個人的なそのときの嗜好以外のなにものでもないがどちらかというと、Fusionとして聴いていた方が、個人的違和感は感じないかなぁ

そんなノリで安心して聴き続けてアルバムが終わる、もっともその分聴きごたえは薄らいでいる。あくまでも個人的嗜好としてはではあります。

ベストは軽快なビートがおしゃれな3曲めにしましょう

Karel Ruzicka "race & Gratitude"(https://www.amazon.co.jp/dp/B07KLPTPGK/)

この記事に

開くトラックバック(0)

全556ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事