ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全541ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Romain Pilon "Copper"

イメージ 1

Romain Pilonは、これが初聴き。
フランス人のギタリストで、Pat Methenyの影響を受け、Lionel Louekeが絶賛したという逸材だそうです。
これがたぶん4枚目のリーダー作。

正直なところ、リーダーの名前だけで買いを決めるようなものでもなく。
新譜を漁ってたときに、メンツにPierre de Bethmann、Seamus Blakeの名前を見て食指が動いたが全曲参加でもないってことでスルーしていました。
が、ここにきて聴く機会を得ましたので、紹介であります。

メンツは、ギタートリオにPierre de Bethmannのピアノが2曲、Seamus Blakeのサックスが3曲ゲストとして入っています。
Pierre de BethmanはPrysmってバンドで良く聴いていた人
 "five"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60601060.html)
2012年の"Go"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61614985.html)を聴いて以来、ここのところ名前を聞かないが、調べたら2016,2017とアルバムは出していたよう。

Romain Pilon(G)、Tony Paelema(Fender Rhodes,Bass Syn,Kbd)、Fred Pasqua(Ds)
Guest
Pierre de Bethmann(P:3,7)、Seamus Blake(Ts:1,6,8)

演奏曲はすべてRomain Pilonのオリジナルで全部で8曲。
1 Bibou
2 Trippin’
3 Four Moons
4 Laniakea
5 Home
6 The Quiet Ones
7 Poppish
8 Dear Wayne

エレピによるサラッとしたイントロから、そのノリを維持したサックスがSeamus Blakeで、そのままソロになだれ込むが、そのソロが徐々に熱気を帯びていくと演奏も熱くなっていく。

曲調としては全般的にスッキリとした、ビートのはっきりしたコンテンポラリー系という感じで気持ち良く聴いていられる。
あまり凝った構成の曲もなく良くも悪くも難解な印象ではない。

リーダーのRomain Pilonは、キーボードとのユニゾンで音の厚み出しをしていたり、リズムを刻むバッキングだったりと、前面で目立つ演奏をする場面より裏方率が高いような印象。
もちろん、がっつりとしたソロを披露する場面は存在し、3曲めとか4曲めとかコンテンポラリ色の濃い圧倒的な演奏を聴かせている。
そんなんなんで、オッと思って裏方仕事も丁寧に聴いていると、いろんな音色、音技を駆使した萌える演奏をしてることに気づいて、これがこの盤の真骨頂だと思い至る。

そんな楽しみ方を主体とした聴き方をしていると前面でぶいぶい言わせてるキーボードのTony Paelemaが音楽の骨格部分を担っていて、Romain Pilonのギターが自由な演奏をする場を与えているんだと合点がいく。

こうなると、目当ての1つだったゲストの2人の演奏が曲数が少ないから影が薄くなる。
Seamus Blakeの朗々としたサックス、Pierre de Bethmannの渋いソロと、当然の如くに良い演奏を聴かせるが、これが大いなる聴きどころではないと思ってしまうと。。 それぞれ充分に良い演奏なんですが..。

ベストは、3曲め


Romain Pilon "Copper" (https://www.amazon.co.jp/dp/B079PT2YCK/)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Mary HalvorsonとBill Frisellの共演盤なんてものがリリースされました!!
Johnny Smithのトリビュートと題されていますが、どうやらBill FrisellがJohnny Smithの弟子だった時代があったようで、良い弟子ではなかったらしいが、ここにきて再評価トリビュートということになったらしい。
そこでMary Halvorsonを共演者に選ぶセンスってのにも驚愕を覚えるが。。

2ギターによる演奏集です。
Mary Halvorson(G)、Bill Frisell(G)

演奏曲は以下の通りで、たぶんJohnny Smithの愛奏曲を並べたものと推測。
01 Moonlight in Vermont
02 The Maid With the Flaxen Hair
03 Scarlet Ribbons for Her Hair
04 In the Wee Small Hours of the Morning
05 Shenandoah
06 The Nearness of You
07 Black Is the Color of My True Love's Hair
08 Old Folks
09 Misty
10 Walk Don't Run


冒頭からMary Halvorson独特の微妙に歪ませ、外してくる音が印象的で、その後も普通のフレーズの端々のいたるところでそんな個性的な変態フレーズを頻発してて、これを不快に感じるかおもしろがれるかか、この盤を楽しむための大いなる踏み石になっていそう。
そもそもMary Halvorsonという名前に反応してこの盤を聴いているなら後者の人種であることは間違いないとは思うが。このサウンド、この演奏を聴くことこそがこの演奏の最大の聴きどころでしょう。

ギターサウンドは、両者ともセミアコにエフェクタも使わない素の音をベースにして、たまにMary Halvorsonが音色を変えてくるようなもの。

曲としては概ね聴き知ったものが大半で、そんな曲をBill FrisellがBill Frisellの好みそうなテンポで、彼の個性は小出し程度に出しつつ、演奏の骨格を作っていく。

そんなBill Frisellな雰囲気がそこはかとなく漂うような演奏をベースにして、Mary Halvorsonが、近づいたり遠のいたりしながら絡みつくギターと、前述の変態フレーズを繰り出してくる。

まったく違うシチュエーションで、両者のギターサウンドを聴いている身としては、どっちを主体にして聴くか(聴かされるか)で聴く気分が大きく変わってくるところが、面白くもあり、歯がゆくもあり かなぁ。

ベストは、9曲めにします。

Mary Halvorson "Maid With the Flaxen Hair"(https://www.amazon.co.jp/dp/B07DKSXFSK/)

この記事に

開くトラックバック(0)

世田谷トリオ(20181011)

イメージ 1

連日のライブ参戦は、諸々の用事の合間に空いた時間を有効活用にと赴いたが、実は後の予定がちょっと忙しくなったが、それ以上に濃い演奏を堪能できたので無問題です。

お客さんは20人弱くらいは入っていたか。ほぼ定刻に演奏開始。

1stセットは、高橋のオリジナルが1曲と、他はエバンス、デイビス、エリントンと有名だがが並ぶ。
2ndセットは、オリジナル、ガレスピー、ザッパ、メセニー(travels,80/81)といった選曲だったか。


前回そんな感じではなかった気がするが、今回の演奏は…。
ベースの岩見君とドラムの吉良君とが結託して暴れまわれるだけ暴れまわっているのが強烈な個性を放っていて。
高橋君は曲の提示に徹しているくらいに、実際にはフリーにすら踏み込むほどのしっかりとしたソロも披露しているが、淡々とテーマを弾いているような印象に感じさせるほど。
ドラムが曲のあいだ中、ピアノソロもベースソロも関係なく、休む間もなくさまざまなパターンでの演奏をするのに加え、他のメンバーの演奏に過敏にちょっかいを出し、ずっとソロを演り続けているような状態だからそんな印象にもなるってもん。

ベースもほとんど休まず、ウォーキングからボウイングからフリーからと大熱演。

ピアノだけがドラムソロとか弾かない時間があったか(失礼)。
というくらいの演奏で、ピアノトリオというには…な気もするが、これはこれで最高に面白い。

お互いがお互いの手口を知り尽くしているから、待ち伏せて脅かすようなリフを入れてきたり、逆にはぐらかされてタイミングを掴めずあたふたしたり。丁々発止でありながら、特に岩見、吉良が率先して誰かにいたずらを仕掛けてやろうってくらいの意気込みなんで、張り詰めたような緊張感は感じられず。
終始笑いながら演奏を聴いているような状態。

そんな熱い熱いライブなのに、汗をかいているのは岩見君だけで高橋、吉良の両氏は汗をかいている気配が見えないのもちと異様な光景。

1st 55分くらい、2ndも55分くらいにアンコール(チェロキー)にも答えてくれて、てんこ盛りってくらいに濃密なライブを堪能させてもらいました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

MCでは1年ちょっとと言ってましたが2016年10月08日が初演だったので、もう2年経過しています。
この3人のライブは、No Trunksではコンスタントに行われていて、おおよそ年に3回くらいは演ってるんじゃないかと思います。

初演時のレポート
 "小山, 山田, 永田トリオ (20161008)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63883813.html)
個人的には、昨年のGW以来なので、1.5年ぶりの参戦ということになります。
そのときのレポートは、
 "小山, 山田, 永田トリオ (20170429)"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64116045.html)

上のレポートにも写真が貼ってありますが、山田あずささんの髪の毛の長さが!!


メンツは不変の以下の通り。ギターの小山は、No Trunksでのライブがここのところ多い印象。
小山大介(G)、山田あずさ(Vib)、永田真毅(Ds)

入口正面にあたるところに、ヴィブラフォンを設置、その後ろにドラム。ピアノの前にギターが立つ、立ち位置。


1stセットは定刻を10分も過ぎたところから、2ndセットが21時半頃からで双方とも40分前後。
1stセットは、主にGary Burtonの曲を中心にしたもの、2ndセットは、Chick Coreaから始まりオリジナルを中心にした曲構成。
アンコールに応えてくれて、これは小山のオリジナルの美曲で締めくくられる。

ジャズロックかロックジャズかと標榜するくらいなので、アグレッシブに展開する曲が大半を占め、ギターもヴィブラフォンも早いフレーズを多用したソロをこれでもかと繰り出してくる。

山田がマレット4本持ちが基本のところ、興が乗ってくると、マレット2本に持ち替えてのソロ。
これを今回多用している印象で、アグレッシブな曲をよりアグレッシブに演奏してくる。

そして、小山のギターが、これまでは曲に煽られている感じが多少なりとも感じられたが、今回は早いフレーズ、カッティングともにこれまで聴いてきた中では一番しっくりとした演奏で、良い味が出てきているなと感じられた。

1時間程度の2セットがライブの通常の演奏時間と認識しているが、このバンドのライブは過去3回を含めてライブの時間が若干短い印象ではある。が、演奏のハードさを見るとしょうがないのかなぁと...。

これで都合3回ライブを見ていることになるが、回を追うごとに安定感と一体感が出てきているのと、Gary Burtonの曲を中心に演奏する当初のコンセプトから、オリジナルや他の曲に幅を広げて、しっかりと進化してきていることが感じられて、久々のライブをたっぷりと楽しませてもらいました。

聴衆は、前回、前々回は10人前後はいたようだが、今回はその半分程度。今の日本で、ヴィブラフォン、ギターのトリオでジャズロック的な演奏を聴けるのは、このバンドだけではないかと思うので、この貴重な演奏体験をもっと多くの人に体験してもらいたいと切に思う。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

John Coltraneの未発表音源で、1963年3月6日に録音されたもので"John Coltrane and Johnny Hartman"が録音がされた前日の録音。
この前が、3月2日にBirdlandでのライブがあったようなので、(https://www.jazzdisco.org/john-coltrane/discography/ 調べ)Johnny Hartmanとのレコーディングに向けてのウォーミングアップだったのか、録音しているくらいだから、翌日の演奏でアルバムに足りないときの補充音源として録音していたのかと邪推が進む。

実は、このアルバムは買っていません。
このレギュラーカルテットの正規リリースのアルバムのすべてを聴いていないうえに、翌日録音の"John Coltrane and Johnny Hartman"ですら、まともに聴いていない体たらく。
そんなんで、この発掘音源を買うのはいかがなものかと自問して、購入を見送っていたのでありました。

とはいえ、聴く機会をいただいたのでしっかり拝聴させていただいた次第であります。

メンツは、お馴染みの4人
John Coltrane(Ts,Ss)、McCoy Tyner(P)、Jimmy Garrison(B)、Elvin Jones(Ds)

演奏曲は以下の通り。未発表の曲も含まれます。
1Untitled Original 11383
2Nature Boy
3Untitled Original 11386 (Take 1)
4Vilia
5Impressions
6Slow Blues
7.One Up, One Down

しっかりとJohn Coltraneのブレない盤石なサウンドを堪能することができるというのが第一印象。
通して聴いていて、一番耳に残るのは、Jimmy Garrisonのベースで、フレーズ的には派手な立ち回りをしてはいないが、そのゴツゴツいう音色による無骨なサウンドが実に耳に心地良い。
McCoy Tynerは全部で演奏してないようだし、バランス的にもあまり前には出てないので一番目立ってない印象。
Elvin Jonesの演奏はさすがに揺るぎないものがあり、バッキングからソロまで、怪演、快演を轟かせる。


とつらつらと書いたが、前述の通りこれまでのJohn Coltraneの正規リリース盤の全てを聴いているわけではないので、発掘盤を聴く資格があるとは思えず。
こんな偉そうなことを言える資格もあったもんじゃない。
せめてこのカルテットのしかも アセンション前だけでも全貌を聴いていたなら。。。それすら聴ききっていない体たらく。
そっちから先に聴けよと、自戒。

演奏のクオリティも、録音のクオリティも特に劣るような気配は感じられず、もしJohnny Hartmanとのレコーディングに向けてのウォーミングアップではなく、リリースも視野に入れての録音だったとしたら、前述のとおりJohnny Hartmanのアルバムの予備音源というだけでリリースを止めていたのならもったいないことである。

いずれにしても、John Coltraneの評価が高いところで定まった現代において、これまで聴いたことのないJohn Coltraneの音源が聴けることは、このうえないことであるのは間違いない。


ベストは、7曲めに

"Both Directions at Once: The Lost Album" John Coltrane(https://www.amazon.co.jp/dp/B07D4ZWCHX/)

この記事に

開くトラックバック(1)

全541ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事