ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全570ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

"MY SONGS" STING

イメージ 1

私が全部買いをしている数少ないロック系ミュージシャンであるStingの新作がリリースされました。
全部買いしているロック関係って具体的には、steely dan関連と、stingくらいってことなんですが..

過去の近作は、2013年のミュージカル用に書かれた作品  "Last Ship" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62283628.html)のあと、2017年に久々のロック作であった "57th & 9th" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63989337.html) がリリースされていました。

そして2年ぶりの新作は、自身の曲のセルフカバー集とのことです。

演奏曲は、下記クレジットを確認してもらうことにしますが、良い感じにベスト盤的な布陣でありますが、これらがすべて新録音ってことになるわけであります。(ライブ音源含む)

たしか、通常盤、デラックス盤等数種類のバージョンがあったと記憶していますが、自分が購入したのは、デラックス盤で後半のライブバージョンが多く収録されているものということになります。

1. Brand New Day
2. Desert Rose
3. If You Love Somebody Set Them Free
4. Every Breath You Take
5. Demolition Man
6. Can’t Stand Losing You
7. Fields Of Gold
8. So Lonely
9. Shape Of My Heart
10. Message In A Bottle
11. Fragile
12. Walking On The Moon
13. Englishman In New York
14. If I Ever Lose My Faith In You
15. Roxanne (Live)
16. Synchronicity II (Live)
17. Next To You (Live)
18. Spirits In The Material World (Live)
19. Fragile (Live)

セルフカバー集ということで、曲としてはほぼお馴染みの曲が並んでいて、普通に聴けば普通にベスト盤を聴いた気分で終わるかもしれない。

が、曲によって程度の差こそあれ、元から変えている部分、変わっているところが存在しているわけで、そんな違和感を楽しむのが真骨頂になるんでしょう。
個人的には、3曲め、8曲めのギターソロ、10曲め、とかは違いを如実に感じるか。

先日の新譜会で"セルフカバー集を聴く意義は?"のような質問があり、とっさに思いついたのがBootを含むライブバージョンを聴くのに似た感覚で、
ライブは臨場感とか別の要因も多大に影響しているのはあるが、演奏面だけに限れば元のバージョンからアレンジを変えて、違う雰囲気で聴かせている場合もあり、そんなのがおもしろいと思っているがこの盤も後半はライブでの演奏が入っており、おなじみの曲の別バージョンという同様の気分で聴いてました。

スタジオでの再録音のほうは、ライブでは再現しにくいようなつくり(編曲、楽器起用)なんかもありそうで、そんな楽しみもあるのかなぁと。

ベストは、3曲めにします!


"MY SONGS" STING(https://www.amazon.co.jp/dp/B07PVN3KYH/)

開くトラックバック(0)

Pat Metheny Group "Vienna 1991"

イメージ 1

Pat Metheny Groupの非正規盤も実は多数所有していまして、一時はいろいろ買い漁ってましたがキリがないのでひとつのツアー(概ねアルバムが出るとツアーに出る)に1枚は買うくらいにしています。
で、70年代後半と2000年以降は概ね時期ごとの音源を所有できているつもりなんですが、一番人気のあった、そしてツアーも精力的だった80年代90年代の音源が結構手薄でメンバーの変遷に追従しきれていなかった。
ざっと所有ディスクを眺めて、1981、1983、1984、1985、1987、1992、1995、1998、2002、2009ってな感じ(これでも十分な気がする)で、まだ渇望感があったのでこれも買ってしまいました。

この頃のPat Methenyはブラジルに傾倒していたころで、いわゆるブラジル3部作と言われている3枚がリリースされていまして、PMGの一番好きなアルバムというとこの3枚(に、この頃の公式ライブ盤"The Road To You")のいずれかを挙げる人が多い人気作となってます。
 1984の"First Circle"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00NJ1MO4W/)
 1987の"Still Life (talking)"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000CZ0Q5W/)
 1989の"Letter from Home"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000000ORJ/)
 1991の"The Road To You"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000CZ0Q7A/)
この頃のbootが以下のような感じ。
 1981が"Jaco""Salt Lake"(http://hepcat1950.com/pmd_boot.html)
 1983が"The Windup"(http://sudo.3.pro.tok2.com/Quest/cards/P/PatMetheny/Windup_x.html)
 "Live in Chicago '87"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63470816.html)
 1984が"Live Circle"(CD-R)
 1985が"Live Tokyo '85"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63720856.html)
 1987が"Live in Chicago '87"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63470816.html)

この後、しばらくPMGとしてのアルバムは作られず、1991に失恋大作と言われているアルバムが作られてます。
 "Secret Story"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000UCEJCI/)

とはいえ、Pat Metheny Groupとしてのライブツアーはしっかりやっていまして、日本でもLive Under The Skyに出演してましたが、これが日本でのベストパフォーマンスだったという人もいます。この音源はTVで演った2曲はどっかで聴けるが、全貌のリリースはされていないはず。
その1992には、有名なboot盤がありまして
 "In Concert"(http://www.discogs.com/release/2397693)

その後、活動再開してから毎年1枚のペースで3枚のアルバム出てますが、いまから思うとレーベルからのリリース要請から無理やり作成していたんじゃないかと思える節もあるようなないような..
 1995"We Live Here"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000F8DB4O/)
 1996"Quartet"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000000OVE/)
 1997"Immaginary Day"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000002NIE/)

"Quartet"のリリースツアーはやってなかったと思います。で、その後のツアーでこのアルバムからの曲も演ってないんじゃないかと思います。
Bootは"We Live Here"ツアーと、"Immaginary Day"ツアーのを所有しています。"Immaginary Day"ツアーのは買い直してもいいかも..。
 1995の"Autumn Leaves"(http://www.discogs.com/release/6114223)
 1998"Live in Baden-Baden"(CD-R)

この後またまたブランクが空いて、下記2枚がリリースされたところで、PMGの活動は止まっていると..。
 2002の"Speaking of Now"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00005V6IF/)
 2005の"The Way Up"(http://www.amazon.co.jp/dp/B0006M4SO6/)
PMG1としてのBootlegで所有しているのは、PMGとしての現在までの、ほぼ最終活動である下記を所有しています。
 2009の"In Tokyo" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64733043.html)

本作は、一番人気のあった時期になる(正確には、あとから一番良い時期といわれている。な気もするが)
1991年のウィーンでのライブの放送音源が素になっているようです。

演奏曲は以下の通り。
1.Introduction
2.Have You Heard ?
3.Every Summer Night
4.Better Days Ahead
5.Last Train Home
6.If I Could
7.Spring Ain`t Here
8.Straight On Red
9.Minuano (Six-Eight)
10.Third Wind

ひと通り聴いてみて、すぐに思い立ったのが、"The Road To you"との酷似性。
再度、"The Road To you"のクレジットを確認したところ、細かく曲ごとに日時と場所の記述はないが、アルバムとして1991年の欧州ツアーを音源にしているので、同時期の演奏であることは間違いのないところ。
まったく同じ時の演奏もいくつかは入っているんじゃないかと予測できる。

参考に"The Road To you"収録の曲を列挙して比較すると、半分くらいは重なっていない印象。
今回のアルバム(Boot)のほうが代表曲を揃えていて、正規リリース盤は代表曲を混ぜつつ新曲を聴いてもらおうという意図があったことが予測できる。
The Road To You, Naked Moon, Half Life Absolutionあたりは、"The Road To you"でしか聴けないんじゃないか?

"The Road To you"
1. Have You Heard
2. First Circle
3. The Road To You
4. Half Life Absolution
5. Last Train Home
6. Better Days Ahead
7. Naked Moon
8. Beat 70
9. Letter From Home
10. Third Wind
11. Solo From "More Travels


Pat Metheny Group "Vienna 1991"(http://www.cyberseekers.com/promo_pmg1991-j.htm)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Ziv Ravitzの名前は、ここのところ、CD買ってきてクレジットを見るとちょこちょこ名前を見かけていた人。
自blogで参加作を漁ると、Shai Maestro、Yaron Hermanのここのところ注目度高めの2人のピアニストのアルバムに参加していることがわかります。
自分が名前を覚え始めたのを良いことに、これが満を持しての初リーダー作だと思っていたら、実は2012年に既にアルバムが出ていました。
 "Images from Home" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00332DLHG/)
なので、Ziv Ravitzのリーダー作としては、これが2作めということなんでしょう。

メンツは、Will Vinson, Nir Felderとのベースレストリオを基本にゲストが入る構成。
Ziv Ravitz(Ds,Key)、Will Vinson(Sax)、Nir Felder(G)
Gilad Hekselman(G:1,2,6)、Camila Meza (Vo:9)、Vincent Peirani (Accordion:10)

演奏曲は、下記10曲で、1曲を除いてZiv Ravitzのオリジナル。
最後の曲だけEvyatar Banaiの作になるもの。
1. Naomi
2. Peire Aussane
3. No Man is an Island
4. Emma and Mika
5. The Story Teller
6. The Dragon
7. Instant
8. If I Only Had an Answer
9. Peire Aussane II
10. Sleep Next to Me

1曲めでドラムがほとんど前に出てこないのを聴くと自身の演奏を主体としたアルバム作りでなく、コンポーザー的なに重きを置いたそんな気配を感じる。
2曲め以降では、なかなかぶっ飛んだ格好良いドラミングを聴かせる場面も多々あり。

曲調としては、あまりビートを効かせたゴツゴツした曲というよりは、ゆったりめの曲が多めで、気持ち良く身を委ねるような聴き方で気持ちよくなれるような、そんな印象。

Will Vinsonのサックスは、曲調に合わせて程よく抑制の効いた良い演奏を聴かせていて、このクールな佇まいを見せる演奏がこれまで聴いてきた彼の演奏の中では、一番秀逸に感じられる。

Nir Felderのギターは、サックスの主旋律から、ドラムのリズムから、程よく逸脱したフレーズで存在感を見せつける。
このギターがバンドの中で一番目立っていると感じるのは、自分の嗜好だけではないと思う。

3曲でGilad Hekselmanが客演。
程よくテイストの異なる2本のギターって感じで、2ギターが違和感なく溶け込んでいる。

クレジットをあらためて眺めるとベースがいないことがわかるが、あまりそれを意識する場面はなく、ドラムの低音が良く出ていることと、ギターも低音を少々強調気味に響かせていることなんかが効いている感じ。

9曲めには、Camila Mezaのボーカル。
ドラムのシンプルなサウンドをバックに多重録音で3〜4声を重ねてくる。
せっかくならギターも弾けば良いのにと思ったら、最後に聴こえるギターは誰!?

全体に雰囲気が重めなのと、ところどころボイスが入ってくるのが、個人的嗜好からは気になる部分ではあるが、それぞれの演奏自体はがっつり聴き応えのあるものではあると思う。

ベストは、6曲め。


"No Man Is An Island" Ziv Ravitz(https://www.amazon.co.jp/dp/B07PDTWC31/)

開くトラックバック(0)

"Further Chaos" Gilad Hekselman

イメージ 1

Gilad Hekselmanのリーダー作は、昨年の下記作品以来ということになります
 "Ask For Chaos"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64669211.html)
が、参加作は多く、自blogを検索して2019年だけ抜き出しても3枚出てきます。
 Ben Wendel Seasons" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64723113.html)
 John Raymond Real Feels: Live Vol.2" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64761561.html)
 Joe Martin Etoilee”(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64807361.html)

と活躍のペースが収まらないような状況ではありますが、本作はフィジカルなリリースはされていないようでダウンロードだけでの流通のようです。
米国的にはそれで充分なんでしょうけど、日本のことを考えたら(日本向けだけでも)CDでのリリースをするべきだと思うんですけどね..。

メンツは以下の通り。Dayna Stephensがゲスト扱いになりそうです。
Gilad Hekselman(G)、Rick Rosato(B)、Aaron Parks(P,Syn)、Kush Abadey(Ds)、Jonathan Pinson(Ds)
Dayna Stephens(EWI:1,3)、gHEX Trio(Ensemble)

演奏曲は以下の通り。オリジナルにWRにスタンダード といった構成
1. Seoul Crushing
2. Toe Stepping Waltz
3. The Hunting
4. A Part Of The View
5. Teen Town
6. Body and Soul

ちょっとダークな気配から始まり、そんな雰囲気を無機的なベースが重さを際立たせる。
そんな曇天を、切り裂いていく閃光のように鳴り響くGilad Hekselmanのギター、そしてDayna StephensのEWI。
この対比がなんとも格好良い。
続く2曲めが牧歌的な気配を感じる緩さのある曲で、ちょっとホッとさせてくれる。
3曲めは疾走感のある曲…
と、尖鋭なサウンドから、牧歌的なサウンド等々、さまざまなスタイルを器用に渡り歩いて印象的なフレーズを振りまいていく。
5曲めがWRで有名な曲。元曲のベースの高音部をギターにベースとの絶妙なコンビネーションで聴かせる。

ベストは、そんなWRの有名曲にしましょう!!


"Further Chaos" Gilad Hekselman(https://www.amazon.co.jp/dp/B07QWY5Q6N/)

開くトラックバック(0)

"Ambar" Camila Meza

イメージ 1

Camila Mezaは前作をメンツ買いして、メンツの演奏もさることながら、曲の良さに、Camila Mezaの歌唱、さらにはギターと、こりゃ凄いとうならされてからの付き合いです。
 "Traces" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63713763.html)

このアルバムリリース直後の来日公演も見れてまして、生で素晴らしい歌と演奏も楽しませてもらっています。
 "20190919" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63861581.html)

本作は、それから3年経っての新作ということになります。
前作が売れたから、新作はクオリティを下げないよう慎重になっていたが故の3年ぶりという可能性すら考えてしまいましたが、そういう意味も含めて新作の期待感は、他のファンの方々同様相当高くなっていたと思います。

メンツは、メンツ買いした前作と打って変わって、自分には記憶のない面々が揃い、さらに弦楽四重奏が加わります。
Camila Meza(Vo,G)、Eden Ladin(P,Key)、Noam Wisenberg(B)、Keita Ogawa(Ds)
Tomoko Omura(Vln)、Fung Chem Hwei(Vln)、Benjamin von Gutzeit(Viola)、Brian Sanders(Cello)

演奏曲は、Camila Mezaのオリジナルが6曲、と以下各1曲という布陣。
Stephen Paul Smith,Pat Metheny-Lyle Mays,Antonio Carlos Jobim,Milton Nascimento,Noam Wiesenberg,Tomás Mendez Sosa。

01 Kallfu
02 Waltz #1
03 Awaken
04 This is Not America
05 Olha Maria
06 Atardecer
07 All Your Colors
08 Milagre dos Peixes
09 Interlude
10 Ambar
11 Fall
12 Cucurrucucu Paloma


前作とは異なり弦楽器を多用した作風で、弦楽器が演奏部分のイニシアチブを取るようなつくりの曲が大半を占める。
もっとも、メンツが前作とは異なり、ジャズ畑の有名人ではないというのもありそうだが、弦楽器以外が…、でも少ないながらも良い演奏している場面も散見するか。

前作の自分の文章で書いている、コンテンポラリジャズボーカル、といった趣は減じられているかもしれないが、Camila Mezaのボーカルの魅力は充分以上に出ているし、ギターも数曲でしっかりたっぷり披露。
3曲めでのキーボードとギターとボイスのユニゾンとの掛け合いとか、6曲めの長めのソロとか、しっかりとおいしいところは堪能させてもらいました。

ベストは3曲めにします。

"Ambar" Camila Meza(https://www.amazon.co.jp/dp/B07PFLFLWY/)

開くトラックバック(0)

全570ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事