ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Adam Rogers "Apparitions"

イメージ 1

これは、中古で見つけて買ってきました。
Adam Rogers、Chris Potter、Scott Colleyあたりのメンツ買いとなります。
一番の目当てはChris Potterですかねぇ

Adam Rogers盤は、"Time & The Infinite"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/07/05)で聴いていますが、こちらはトリオだったので管入りはたぶん初になるはずです。
サイドでは、chris potter "underground"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1412469)で聴いていますけど。

メンツは、お目当ての3人に加え、ベースのClarence PennとピアノのEdward Simonの5人となります。
Adam Rogers(G)、Chris Potter(Ts)、Clarence Penn(Ds)、Edward Simon(P)、Scott Colley(B)


演奏曲は以下の通り。全部Adam Rogersのオリジナルです。
1 Labyrinth
2 Tyranny Of Fixed Numbers
3 Persephone
4 Continuance
5 The Maya
6 Apparitions
7 Amphora
8 Moment In Time

ここでのAdam Rogersは、"Time & The Infinite"と較べるとアグレッシブですねぇ。chris potterが参加している効果なんでしょうか。
彼(potter)の演奏も、しっかり持ち味を出していて、なかなか聴き応えがあります。
それと、ピアノが頑張っている印象を受けました。
Edward Simonと言うと"Unicity"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1244146)なんて盤は聴いたことありますし、結構好印象だった記憶がありますので、期待通りの活躍といえるんでしょう。

アルバム全体として、曲も緩急織り交ぜて飽きさせない構成ですし、演奏面でも全体的に頑張ってる感があって、聴き応えは充分でした。
Adam Rogersは、少人数で自分が主役(旋律役)をやるより、管入りで脇役的になって演ったほうが良いんでしょうかねぇ。


ここでのAdam RogersはちょっとJohn Mclaughlinを彷彿とさせるのが、発見でしょう


Adam Rogers "Apparitions"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1087621)

開くトラックバック(2)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事