ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

SkydiveTrio "Sun Moee"

イメージ 1

Skydive Trioという名称のギタートリオの2015年の作品。
ずいぶん前に聴く機会を得ていたのだが保管だけしてあったものを引っ張り出してきたもの。

Skydive Trioは、北欧で活動をしているユニットで、メンツは以下の通り。
個人的に知ってる名前はなし。調べたら、今年4月に新作がリリースされていました。
 "Sun Sparkle"(https://www.amazon.co.jp/dp/B079VDDF74/)

Thomas T Dahl(G)、Mats Eilertsen(B)、Olavi Louhivuori(Ds)

演奏曲は以下の通り。詳細は未確認だがおそらくメンバーのオリジナルだらけなんだと思う。
1 Bravo
2 Talbot0
3 Slow Turn
4 Sour Times
5 Signs
6 Sun Moee
7 Becks Back
8 Four Words

Thomas T Dahlのギターは、音をほとんど切らずに、長音の流れのまま次のフレーズに流れていくようなスタイルで、多少歪み成分を入れてもくるが、基本的には綺麗めな音色でさざ波のような演奏をする。
Mats Eilertsenベースは、野太い音で一定のフレーズを奏でる下支え感の強い演奏。
ギターのための自由な空間を作り出すことを主体にした演奏ということだと思うが、ソロとなると高音を駆使した綺麗めな演奏をしてくる。
Olavi Louhivuoriのドラムは、必要以上の音を出さないことに徹している感じで、単純ではないにしてもリズムを刻む以上のことはしていない印象。
もっともそれがこのバンドの音楽の雰囲気を形成している大きな要因ではあるが..。

アレンジ的に、誰かが前面に出てくる場面ってのがはっきりしていて、その時々の主従の関係が明瞭に感じられ、逆にそれが端正に過ぎると感じさせる部分にもなっているか。

全体的な曲の印象としては、コンテンポラリー系の聴きやすい方面に振ったような感じの曲調で、バランスのとれたアレンジとともに心地良いサウンドを聴かせる。

ベストは、3曲めにしましょう。

SkydiveTrio "Sun Moee"(https://www.amazon.co.jp/dp/B00UCFI2D0/)

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事