ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫J-JAZZ(日本のJAZZ)

日本のジャズ!!
記事検索
検索

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ここのところリリースされているアルバムの大半が、VelvetSunの直販でだけ流通しているもので、さらに聴くべき作品は、こちらにあるという認識なので、通販で買うか、VelvetSunにライブを見に行った時に買ってくるかしかないんですが、本作はZycosを聴きに行ったとき(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64482321.html)
に入手したもの。
 "Solo Piano at Velvetsun"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63658614.html)
amazonで買えるのは、
2016年の"蝉丸-陰陽師の音"(https://www.amazon.co.jp/dp/B01HSFOXFC/)、
2017年の多田誠司とのデュオ作"残照 Live"(https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4ULYQ6/)
とありますが、いずれも未購入。
もひとつ近作がVelvetSunの直販であるんですが、これは未購入。
 "Litte Blue"(https://velvetsun.theshop.jp/items/8421680)

本作は、五反田にある音楽ホール(http://shinagawa-gotanda-planetarium.com/hall/)で録音されたソロ作。
スガダイロー(P)

演奏曲は、毎月1曲ずつ一年を費やして作曲した作品集とのこと。
01.花残月 April
02.皐月 May
03.季夏 June
04.七夕月 July
05.葉月 August
06.晩秋 September
07.神無月 October
08.仲冬 November
09.春待月 December
10.正月 January
11.如月 February
12.花見月 March

13. 海は見ていた With the sea


左手がミドルテンポで反復するリズムを延々と奏でる。
右手がどこまでが譜面に書かれ、どこまでが即興かは不明だが、しっかり構築された美旋律を絡めていく。
言ってみれば、ちょうどKeitjJarrettのソロ作を聴いているような気分になる演奏。
もっとも旋律としては、アメリカな雰囲気ではなく、より和テイストを強く感じるフレーズになっている。

曲のタイトルを把握して聴くと、その情景をより思い描きやすいような印象。
1曲めは、桜の花びらが風にまって散っていくような
3曲めは、少し強めにしっかり降り続く雨と、雨だれ
4曲めは今にも降り落ちて来そうな満天の星空
8曲め、木枯らしに枯葉が舞っているような
といった感じ。この情景を描く力量の凄さ。

そして、なによりも特筆すべきは、スガダイローがフリーなアプローチや、指以外で鍵盤を叩く所作を一切入れていないことで。
いや、5曲めの後半とかフリーにいきそうないかにもスガダイロー的なフレーズも出てくるが、大半は見事に素晴らしくも美しい旋律に埋め尽くされている。

もうひとつの特筆事項として、ピアノの響きがとても綺麗で、濁り感のほとんど感じられない素晴らしい響きが聴ける。
1987年製のスタインウェイのフルコンとのことだが、よほど良いピアノなんでしょう。

ベストは、試聴でも聴けた9曲めで

スガダイロー "季節はただ流れて行く"(https://velvetsun.theshop.jp/items/10050195)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

世田谷トリオは、世田谷在住の3人がジャムセッションの際に結成したピアノトリオと聞いています。
もう1年以上前になりますが、過去に1回ライブも見ています。
 "世田谷トリオ (20160908)" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63849052.html)

その世田谷トリオのアルバムが出ているってことで、一般流通されていないので、購入できるタイミングを探してたんですが、先日の後藤篤カルテットのライブ(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64466324.html)のときに岩見さんから購入したものです。

メンツは、下記3人。自Blogでは見知った名前の3人です。
高橋佑成(P)、岩見継吾(B)、吉良創太(Ds)

収録されている曲は、高橋のオリジナルが3曲、岩見のオリジナルが1曲、Edu Lobo、Thelonius Monk、John Lennon、John Coltrane、Steve Swallow、Joseph Lacalle、+2曲で全部で12曲
01 Omrai
02 Upa Neguinho
03 Thelonious
04 Unknown Tune
05 - Interlude -
06 TTR3
07 親指爆弾
08 Imagine
09 Giant Steps
10 Ladies in Mercedes
11 Tori
12 Amapola

ボーナスディスクをいただきまして
01 Pure Imagination
02 Lady Luck
03 Liquid Street
04 Congeniality
05 Bird Song

低音から高音まで縦横無尽に使い、少しアウトする気配を見せながらのダイナミックな演奏がとてもスリリングな高橋佑成のピアノ。
ゴリンとした低音での跳ねるような演奏が個性発揮の暴れた演奏って感じではないが、その分正統的なベースプレイが聴き度ことになっている岩見継吾のベース。
スウィング感のある心地良いノリを見せるドラミングから、小刻みに激しいドラミングで盛り上げていくところがゾクゾクする吉良創太のドラム。

ゆったりしたブルース調のテーマに、フリー感のあるドラムとベースが絡む1曲め
Elis Reginaの歌で有名なブラジルの古いサンバ調の曲を、軽快に小気味良く奏でる2曲め
Thelonious Monkの曲を、少しテンポを速めてエキゾチック感をさらりと聴かせる3曲め
4曲めがエレピに変えて、ゆったりしたテーマのちょっとFUSIONな雰囲気を持った曲
生ピのしっとりとした演奏から徐々に盛り上がっていく8曲め
うねうねした電子音によるテーマが気持ち悪い(褒めてます)9曲め

といった感じに、いにしえの曲から新しめの曲、ブラジル音楽からロックからと、先般聴いたライブでは、もっとスタンダードとか往年のジャズを素材にした演奏が多めだったのが、演奏の素材の幅を格段に広げていて、聴いていない約2年の間にだいぶ変化していていることを窺わせる。

全体としては、さまざまなスタイルの曲を素材にして幅広い演奏を聴かせるが、通奏的にキレがあるというか、音を繋げない演奏スタイルが大勢を占めることでパキッとした雰囲気を出しているのがこのトリオの特徴的な部分と言えそう。


購入時にボーナスディスクをいただいてて、そちらは、
演奏のクオリティ的には、なんらヒケをとるもんではなく、ただただアルバム全体のバランスと容量の関係で落としただけと思われる内容。
5曲余計に世田谷トリオの演奏が聴けて満足度上昇でありました。


ベストは、3曲めで。

開くトラックバック(0)

"SUZAKU" Niran Dasika Quartet

イメージ 1

ニランダシカの名前を知ったのは、昨年夏に放送されたNHK-FMのライブ番組。
石若駿のCleanUp Trioの演奏に客演していたのがニランダシカでした。
この番組、録音してじっくり聴いていて、結構なインパクトがあったので思わず記事にしてしまっています。
 "セッション2017" (20170806放送)(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64325364.html)

その後、どこでそんな活動をしているのか調べて、カナダ生まれオーストラリア育ちの人で、ここ数年は東京に住んで活動をしていること。
共演者が自分が多く聴いている面々(佐藤、須川、吉本あたり)であることを知ったのですが、残念ながらライブを見るタイミングは取れませんでした。
しばらく経ったところで、リーダー作の告知を見つけ、念のためメンツを確認して速攻買いを決めています。

そんなメンツは以下の通り、石若、須川は 栗林さんは個人的には初聴き。今年リーダー作を2枚出していて活躍目覚ましい。
Niran Dasika(Tp)、石若駿(Ds)、栗林すみれ(P)、須川崇志(B)


演奏曲は、すべてNiran Dasikabのオリジナルで、以下の8曲。上記ラジオでは2曲めを披露していました。
1. I Seek the Middle Ground
2. Todoroki Falls
3. 21st Century Bakery
4. All Good Things
5. Toyocho,Where I Keep Returning
6. Freedom Hill
7. Hymn No.6
8. In a Nutshell

冒頭の、ゆったりとしたテンポのリズムを維持しながら、いろんな楽器が取っ替え引っ替えに前面に出てソロを繰り出してくるにある種の緊張感を感じる。
2曲めが、前述のライブでも演っていた難曲(なんだそう)。
複雑なリズムをものともしない石若の疾走感が素晴らしい。
続く3曲めも、拍が取りづらい曲と、演奏されている大半の曲が、*ビートとか言いづらいコンテンポラリー系の拍が一定しないもので、その現代的なサウンドが持ち味か。

Niran Dasikaの微妙にフラットしたところから音を出して、ちょっと不安定さを感じさせるような独特の雰囲気を醸す。このニュアンスが全体の雰囲気を形成している。

この盤で、ちょっと気になっている栗林すみれのピアノは、派手な立ち回りはしないが、コンテンポラリー系の印象的で存在感のあるピアノを聴かせていて、ソロでは歌声が聞こえてくる。
上述の通り、最近立て続けにアルバムをリリースしているだけの実力を感じさせる。
もちろん人気も上がってきているんだろうが..。

燻し銀的な演奏で、全体の下支えをがっちり決めながら、ソロでは相当ゴリゴリな演奏で存在感を出してきているのは、須川崇志の実力の高さ。

石若駿のドラムの本領はリズム維持を意識させながらリズムをキープしない乱れ打ちにあると思うが、演奏の土台を須川に任せて暴れまわる場面も見られるのが個人的にはうれしいところ。
後半を中心にしっとりとしたが増えて、そうなると前面に出る場面も限られてくるが..。

ベストは2曲目でしょう。


"SUZAKU" Niran Dasika Quartet(http://diskunion.net/jazz/ct/detail/XAT-1245687900)

開くトラックバック(0)

石田幹雄 "時景"

イメージ 1

石田幹雄の約7年ぶりの新作ということで良いと思います。
過去のリーダー作は以下のとおりで、
 "張碓" 既に入手不可能
 "Turkish Mambo"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/53215002.html)
 "霞"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59697337.html)
 "瞬芸"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60637368.html)
参加作では、後藤篤のリーダー作で
 "Free Size"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63974359.html)

本作はソロで、2017年2月に札幌の"あけぼのアート&コミュニティセンター"(http://concarino.or.jp/akebono/)
というところで録音されたもの。ベーゼンドルファーが置いてあるようです。
石田幹雄(P)

演奏曲は以下の通りオリジナル然とした曲が並びますが、聴いていると聴いたことある旋律がいくつかはあったような..。

01. 輝彩
02. 蛍友
03. 平遠の赤霞
04. 七申八寅
05. 模(かたぎ)
06. ハリウス
07. 心影
08. 雲間の光
09. 雪風
10. 悠遠のはざま
11. 回り合わせ
12. EのAPCH
13. 夜

石田の持ち合わせている音楽性というのが、狂気なまでにフリーキーな演奏と、怖いほどに優しく美しく奏でられるもの、という極端な二面性にあると認識してまして。
アルバムでもライブでも、石田を聴く前には、どっちがどれくらい出てくるかってのが、怖さでもあり楽しみでもあるわけだが、ここで聴ける演奏はすべて後者の部類に入るもので、さらに言うと、これまでの石田の演奏のなかでもとりわけ優しいタッチでの演奏を披露しているんじゃないかと思う。
まるで、優しく語りかけるように、優しく全身を包み込んでくれるようにそっとそっとフレーズを紡いでいく。

ただ、いつもの唸り声も明瞭に収められているため、このちょっと苦しそうな唸り声が良くも悪くも感情表現に抑圧を想起させるが、これまた、石田の表現なので、合わせて堪能させてもらいました。

このアルバムを聴いた後にライブ(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64461461.html)も見ていますが、ライブの方が感情が露わになって、よりダイナミックな演奏を聴かせてくれていまして、逆に言うとここまで抑制を利かせての演奏ってのは、アルバムならではとも言えます。

ベストは、最後の曲にしましょう。


石田幹雄 "時景"(http://www.geocities.jp/s000152e/)

開くトラックバック(0)

志水愛 "Decade"

イメージ 1

志水愛さんの初リーダー作。
新譜情報で見つけて、ちょっと試聴した感じがなんか良かったので買ってきたもの。
志水さんは、関西人で活動の場はほとんど大阪のよう。東京に出てきたことがあるのかは不明ですがたぶん、ないんじゃないかと思います。
ジャケ裏にドネートの名前が書かれているので、自主製作に近いものだと思いますが、ただ流通にはのっているので、普通に通販でも買うことができます。

メンツは、ギター入りのカルテット。ドラムの田井中さんは、Lou Donaldsonのバンドで活躍している人らしく、このアルバムでは特別ゲスト的な存在のよう。
志水愛(P)、橋本裕(G)、荒玉哲郎(B)、田井中福司(Ds)

演奏曲は以下の通り。クレジットが書いてないのであれですが、オリジナルはないんじゃないかと思います。
1. Yardbird Suite
2. Small Fry
3. Body&Soul
4. Groove Yard
5. Deep in a Dream
6. Soft Winds
7. My Little Suede Shoes

Hard-Bop、Be-Bopを範としたようなオーソドックスな4ビートスタイルを聴かせる演奏という解釈で良いと思います。
ただ、ギターが前面に出てくる頻度が高い印象で、正直なところ、ギターが主役と言ったほうが良いんじゃないかというくらい要所はギターが担っているかなぁ

全体を通して、スリリングな場面ってのはほぼない感じではあるが、心地良いスウィング感が全体を覆っていて気持ちよく体を揺すっていたいような演奏。

さりとて、さすがにリーダー作だけあってピアノがソロを取る場面は多く、大胆なアプローチで耳目を惹きつけるような派手さとか取り立てて強い打鍵とは言い難いが、しっとり系の美旋律から、打楽器系の小粋な演奏、気持ちよく聴かせてくれている。
バッキングでのリフは大胆なことをやっていたりするが、全般的には録音を意識して多少なりともまとめた演奏をしているところはありそうで、普段のライブではもうちょっと弾けた演奏を聴かせているんじゃないかとは感じさせる。

最後の曲の前での拍手とかアンコールのかけ声から、地元での人気はけっこうありそう。

全般的には、陽性で小気味好いご機嫌なサウンドが主体であり、このへんは関西で活動している関西人の気質を見せているんじゃないかと勘ぐっているが…

ベストは1曲めにします。


志水愛 "Decade"(http://diskunion.net/jazz/ct/detail/XAT-1245688578)

開くトラックバック(0)

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事