ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫JAZZ(2013 )

録音か発売のいずれかが、この年のアルバム。
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

Francesco Cafisoのリーダー作はたいがい買ってるとか下記アルバムの紹介前段に文章を書いていたときに見つけた盤。
 "Jazz Italiano 2006" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64009807.html)

ジャケを見て分かるとおり、featuringの冠なんで双頭でもリーダー作とは言いにくいんで良いんですが、ちょうど安価に売っていたっていうのもあって買いを決めています。

Giovanni Mazzarionoは、前作"Moody'n"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61042286.html)で共演しているベテランピアニスト、Dino Rubinoは、デュオアルバムを出しています。 "Travel Dialogues" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62711583.html)
Stefano Bagnoliは、 "4 Out"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60142875.html)で共演、と普段から一緒に演奏しているんだろうなと思わせる面々との2013年の作品
Giovanni Mazzariono(P)、Francesco Cafiso(As,Fl)、Dino Rubino(Tp,Flh)、Riccardo Fioravanti(B)、Stefano Bagnoli(Ds)、Mimmo Cafiero(Per)

演奏曲は、Giovanni Mazzarionoのオリジナルが8曲に、Dino Rubinoのオリジナル1曲、Edu Lobo/Astor Piazzollaのメドレー、Besame muchoで全部で11曲。
1.Cansado
2.Descanso
3.La vida y la muerte bailan con la cerveza en la mano
4.4. Fiesta, vida y suerte;
5.Beatriz/ Oblivion
6.Pablo
7.Me hace el favor… Pues
8.Laguna de la Cocha
9.Retrato
10.Una noche a Medellin
11.Besame mucho

正調ラテンのリズムをバックにサックス、トランペット、ピアノが気持ち良く即興を繰り広げている作品。

曲の中のリズムはダンス音楽なんで基本一定ってことになるが、曲毎には気持ち良くいろいろなリズムを楽しめる。
詳しく知らないが、ルンバ、サルサ、タンゴとか伝統的なラテンのいろいろなリズムが出てきているんだと思います。

冒頭のピアノのイントロは全然ラテン色なく、サックスが出てきたところでおもむろにドラム、パーカッションのラテンのリズムが始まる。
この演出がちょっと面白い。

ドラム、パーカッションの奏でるラテンのリズムが、淡々と刻まれるなか、主にサックスとピアノ、曲によってベース、トランペット、フルートが絡んでくる即興が聴きどころ。

リズムを軽く意識しながら、これらフロントに出てくる楽器の演奏を楽しむのがことのほか気持ち良い。
特にサックスとピアノの掛け合いが面白く、この両者のパートを意識して聴いているだけでけっこうな満足感が得られる。
ドラムが、ちょっとやかましいことがあるが、あまりそっちに意識を持っていかないことが吉でしょう。

最後は、ピアノトリオ+1でのBesame muchoで大団円。
ベストは、7曲めにします。


Giovanni Mazzarino, Francesco Cafiso "Retrato" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00GXGIFM0/)

開くトラックバック(0)

Cyrille Aimee "It's a Good Day"

イメージ 1

Cyrille Aimeeのリーダー作は"Live at Smalls"の1作品として買って聴いていますが、Live at smallsで買うとリーダーの素性とか一切気にせず出たら買うので、どういう人でどれくらい売れてるかとか全然知りません。
ただ、"Live at Smalls"シリーズはいままで50枚くらい出てますが、たった二枚のボーカルアルバムの1人がこの人のものであることは特筆すべき事項でしょう。
 "Live at Smalls"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60462944.html)
※もう1人は、Johnny O'neal (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63093798.html)

この盤は、図書館に置いてあるのをみつけて借りてきたってもので、借りるまでの前情報は上記の程度。
調べたら2014年末の新譜会(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62962644.html)で良いんじゃない?とメモしておりました。
Cyrille Aimeeですが、フランス生まれでNYで活動中という経歴だそう。(これ知って曲聴くと納得できた。)

メンツは以下の通り、3ギターに、ベース、ドラムという布陣。知ってる名前は...ないと思います。
Cyrille Aimee(Vo)、Adrien Moignard(G)、Michael Valeanu(G)、Guilherme Monteiro(G)、Sam Anning(B)、Rajiv Jayaweera(Ds)

演奏曲は以下の通り。輸入盤と曲順と収録曲が違うようです。買うときは注意が必要かも..。
01 It's a Good Day
02 Bamboo Shoots
03 Twenty-Eight
04 Pourtant
05 One Way Ticket
06 Young At Heart
07 Nuit Blanche
08 People are Strange
09 All Love
10 Caravan
11 Tricotism
12 Love Me or Leave Me
13 Smile

カントリーウェスタン系のズンチャズンチャと2拍子のノリの良い1曲め
ウェスタンの映画ででも使われてそうな牧歌的なかわいい2曲め。中盤のギターソロが、Bill Frisell入ってて良い感じ
綺麗な旋律を持った曲でシリルの歌が映える3曲目。
ちょっとフレンチな雰囲気を感じさせる曲は、声音もzazを意識してる部分があるか?の4曲め。ジプシー調ギターが格好良い。
バラード調のテーマに疾走感のあるサビを持った緩急のしっかりした5曲め
カントリー調のバラード曲、心地良いリズムに心地良い歌唱が気持ち良いのは6曲め
7曲め、これもフレンチな雰囲気を感じさせる曲で、途中に入る小気味良いスキャットが良い感じ。
8曲めは、ちょっとダークな曲調で、Bill Frisellのおどろおどろしい曲の雰囲気に近い
9曲めは、コケティッシュでスローな曲を語りかけるように歌う。癒される曲。
アップテンポで、ギター掻き鳴らしで歌われるキャラバンは、ジプシー音楽っぽいアレンジ
ベースの伴奏だけでスキャットで歌われる11曲めは、軽くスウィングした曲調で、これも気持ちよい。
ジプシー系のギターで早いテンポで奏でられるフレンチな気分たっぷりな12曲め。
最後は、ギターの伴奏でしっとりと歌い上げて大団円。

フレンチトラディショナル、アメリカンカントリー、ジャズの3つの要素がバランスよく配されているのは、出自と現在の環境と演っている音楽を全部やりたい(良い意味での)わがままさのなせる技か。

Cyrille Aimeeの声音は、可愛らしさを感じさせる部分とある種の迫力を感じさせる部分があり、曲毎にあまり激しくない程度に表情を変えてくる旨さは、歌の上手さとともに巧いなぁと思わせるところ。

ベストは、最後の曲にしましょう。


Cyrille Aimee "It's a Good Day"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00ERYHB6Q/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ジャケ上の正式な表記では、Darcy James Argue & Secret Societyとなってますが、要するにDarcy James Argueという人の主催する大所帯バンドという認識であっていると思います。

"Jazz The New Chapter 3"(http://www.amazon.co.jp/dp/4401642112/)の「Large Ensemble Jazz」の項で1枚(これではない)アルバムが紹介されていて気になったのがなれそめ。
これまでも大所帯バンドは、JAZZ色の濃いものは数多聴いているつもりだが、新しい響きを聴かせるバンドとなると、Maria Schneider, 挾間美帆、程度しか聴けていないという認識で、新しいことをやっていそうなバンドをもういくつか聴いてみたいと思っていたのが、主な動機。

大所帯バンドのメンツは大変なんで書かないのが基本ですが、実は気にしていたほうが良いんじゃないかと、最近会心の兆しあり。
5木管、4Tp、4Tbにギターが入る構成は、Maria Schneider Orchestraとほぼ一緒。挾間美帆さんのバンド(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63486002.html)はちょっと変わった編成になってます。

Erica von Kleist(As,Ss,Fl)、Rob Wilkerson(As,Ss,Fl,Cl)、Sam Sadigursky(Ts,Cl)、John Ellis(Ts,Cl)、Josh Sinton(Bs,Bcl)
Seneca Black(Tp)、Tom Goehring(Tp)、Matt Holman(Tp)、Nadje Noordhuis(Tp)、Ingrid Jensen(Tp)
Mike Fahie(Euph,Tb)、Ryan Keberle(Tb)、James Hirschfeld(Tb,Tuba)、Jennifer Wharton(Tb,Tuba)
Sebastian Noelle(G)、Gordon Webster(P)、Matt Clohesy(B)、Jon Wikan(Ds)
Darcy James Argue(composer)

演奏曲は下記17曲、結構な曲数ですが、最初と最後に、Prologue、Epilogueを配し、中間は8曲の本編と交互にInterludeが入る構成。
Interlude(7つ)はいずれも1分前後、本編も4〜5分台の曲が多めで最長でも6分台と全体的にもあまりじっくり(悪く言うとだらだら)聴かせる構成ではなさそうです。

01. Prologue
02. The Neighborhood
03. Interlude #1: Infuse
04. An Invitation
05. Interlude #2: Enjoin
06. The Tallest Tower In The World
07. Interlude #3: Enthrall
08. Construction + Destruction
09. Interlude #4: Bewail
10. Builders
11. Interlude #5: Unmoored
12. Missing Parts
13. Interlude #6: Arise
14. Grand Opening
15. Interlude #7: Aloft
16. Coney Island
17. Epilogue

1曲めのPrologue。哀愁のメロディからの早い3拍子は、東欧の民族音楽を彷彿とさせるメロディで、最初に聴いた時、実はちょっと買うの失敗したか?と一瞬考えた「いなたい」サウンド。
2曲めからが本編で、ピアノの細いパッセージから、管楽器が重層的に乗っかってくるイントロから、ドラムが登場すると一気にスピード感が増し、一瞬静かになった後、ギターも加わるとロック色も加味され...。この演出はかなり格好良い。
4曲め、木管楽器の重奏的な響きが軒下で雨音を聞いているようなイメージを想起する。
6曲め、荘厳なブラスの響きの上で鳴り響くTp,Saxがソロの掛け合いが聴きどころ。
8曲め、管楽器のアンサンブルからドラムが入り演奏に勢いがついてダイナミックなエンディングへと繋がる。
以降も、多彩かつドラマチックな楽曲が連なるが割愛。
間で挟まるInterudeは文章にしてないが、これも前後の曲を繋ぐというよりは小品としてしっかり1曲をなしている。

全体的には木管を中心としたアンサンブル、重奏的な響きの美しさが聴きどころとして演奏の中心を為すと解釈しているが、情景の切り替わりが早く、ダークな雰囲気を感じる部分が入るので、より爽やかなイメージのMaria schneiderのアンサンブルとは異なる(部分的には、似ていると感じる部分もあり)、よりドラマチックな展開が目新しいか。

特に、ドラムとギターが最前面に出たときのスピード感が出た演奏が格好良く、これが全体のアクセントとして凄く効いている。

曲毎にも小さな起承転結が見え隠れするが、アルバム全体としても、一大絵巻を見ているようなドラマチックな展開をみせ、聴き応え十分な作品。
大所帯バンドの作り出す重厚な響きと、多楽器が織りなす重奏的な響きの迫力と美しさをたっぷりと楽しませてもらいました。

ベストは12曲めでしょう、格好良い曲です。


Darcy James Argue "Brooklyn Babylon"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00BK6HPRE/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Carla Bleyのアルバムは、名盤紹介本とかでいくつか見ていますが、これまでほとんど(いや、まったく)聴いておらず、先日名盤と言われる"Live"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62065589.html)をようやく聴いたと言うところで、偉そうなことは全然言えない状況でありました(いや、あります(現在進行形))。
ところが、この盤はなんだか妙に気になっていまして、リリース直後に買おうとは思っていなかったんですがしばらく経ったところでそれでも買うべきだ聴くべきだと言う思いが浮き沈みしていたので、タイミングが良いところで購入にいたりました。

メンツは、凝縮したドラムレストリオであらせられるところの以下の通り。
Steve SwallowはChris Potter、Pat Metheny絡みその他でCDもライブも体験済み。
 "Damaged In Transit"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/57851466.html)(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/47027675.html)
 ライブ( http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/35827426.html)
Andy Sheppardは未聴のようでした。
Carla Bley(P)、Andy Sheppard(Ts,Ss)、Steve Swallow(B)

演奏曲は、下記5曲。すべてCarla Bleyのオリジナル。
01. Utviklingssang
02. Vashkar
03. Trois Lagons (D'apres Henri Matisse): Plate XVII/Plate XVIII/Plate XIX
04. Wildlife: Horns/Paws Without Claws/Sex with Birds
05. Girl Who Cried Champagne, Pts. 1-3

哀愁感漂う印象的な旋律をしっとりと落ち着いた雰囲気で奏で上げる1曲目。
うねるように旋律を奏でるSteve Swallowのベースが刻むリズムに呼応するようにCarla Bleyピアノが絡むイントロから、Andy Sheppardのサックスが入りたんたんと進行する2曲目。
ピアノのイントロから軽快なAndy Sheppardのサックスに繋がる前半から、スローな美旋律へ..。
さらにピアノの導入から怪しげな雰囲気へと連なる3部構成の3曲目。
以降2曲も長めの3部構成の演奏が繰り広げられます。

3者が絶妙かつ巧妙に絡み合った演奏は、長年の盟友だからこそ成し得る阿吽の呼吸の集大成的なものを感じさせる。実に見事に諸々のバランスのとれた素晴らしい演奏を聴かせてくれています。

Carla Bleyの初ECM作らしいですが、ECMらしくまたCarla Bleyらしい演奏は、聴き応えも充分。
冒頭記載の通りCarla Bley初心者ではありますが、この盤は買って良かった、全貌を聴いて良かったと思わせる作品でありました。

ベストは1曲目でしょう。

Carla Bley, Andy Sheppard, Steve Swallow "Trios"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00CRS2TL6/)

開くトラックバック(2)

Virgil Donati "In This Life"

イメージ 1

Virgil Donatiというドラマーのリーダー作です。この人は、渡辺香津美の"Spinning Globe"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62354293.html)でドラムを叩いていた人で、この盤のリリース直後のリーダー作発表の報に思わずポチッとしてしまったと言う購入動機です。
あまりどういう音楽が聴けるのかとか気にせず買っているのですが、冷静に考えれば渡辺香津美盤と同系のサウンドが鳴り響くんだろうなということは容易に想像がつきますね。

メンツは、ベーシスト4人、ギタリスト6人。キーボードも4人で、他の奏者ちょろちょろといったメンバーとっかえひっかえ的に演奏していることになります。詳しくは↓
が、名前見ても知ってる名前ってほとんどないようで。。
Marco SfogliとAlex Argentoがイタリアの人で、Brett Garsed、Simon Hosfordがオーストラリア出身の人らしいです。

Virgil Donati(Ds)
Doug Shreeve(B:1, 3-5, 8, 10), Evan Marien(B on 2),Anthony Crawford(B:6, 9), Tom Kennedy(B:7)
Marco Sfogli(G:1-4, 8-10), Irwin Thomas(G:1, 4), Brett Garsed(G:3),Alex Machacek(G:5-6),Rafael Moreira(G:7)Simon Hosford(G:7, 10)
Ruslan Sirota(Key:2), Dennis Hamm(Key:3), Alex Argento(Key:4-5,8-10), Jeff Babko(Key:7)
Artyom Manukyan(Cello:5), Paul Sherman(Oboe, English Horn:6)

演奏曲は以下の10曲。すべてVirgil Donatiのオリジナルとなります。
1. Rhythm Zero
2. Eleven
3. In This Life
4. Red Air
5. Paradise Lost
6. The Fall Of Dreams
7. Iceland
8. Trinity
9. Voice Of Reason
10. The Empire

演奏ですが、これはハードフュージョンかプログレか、はたまたヘビメタかってな曲が怒涛のごとく現れる。。。というのは、おおよそ予想通り。
個人的見識からいくと、テクニック偏重系、超速サウンドで、楽器演奏する人は聴いて萌えるんだろうなといった類の音楽という認識になります。
非常にパワフルなドラムサウンドに導かれて、もの凄いテクニックのギター、ベース、キーボードがこれでもかと自己主張しまくる。
曲自体が変拍子だったり、よくわからなかったり、けっこう複雑な楽曲が多いんですが、ばっしばっしとキメをきめて圧倒されまくり。楽器演奏する人ほどその凄さに呆れるんじゃないかと思います。

しかもバラード系スローな演奏は皆無。ハードに攻めまくった演奏に終始します。しいていえば4曲目とかゆったりめの部類になるのかなぁと。。
しかし、1枚しっかり聴くと精神飽和状態になりますね。疲れます。。

ベストは、大仰な5曲目にしときます。


Virgil Donati "In This Life"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00EKXWAE2/)

開くトラックバック(2)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事