ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫JAZZ以外

偏向したブラジル音楽紹介と、初心者のこだわらないclassic聴取記など。
どちらも王道でも系統だってもないです。
記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

Kurt Rosenwinkelの”Caipi” (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64023568.html)で、共同プロデュースを担い、来日公演(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64098260.html)でも異彩を放っていて、さらにKurt Rosenwinkelのレーベル HeartCoreからのリーダー作が待たれるPedro Martinsの参加作が出るってんで、買い込んできたもの。
相手は、同じギターのDaniel Santiagoは、Pedro Martinsの先輩にあたるブラジルのギタリストで、こちらもリーダー作を準備中らしく、Antonio Loureiro, Shai Maestroらが参加しているよう。

という2人のギタリスト以外の奏者はいません。
Daniel Santiago(G)、Pedro Martins(G)

演奏曲は、下記9曲。8曲めがPedro Martinsの作品で、他はすべてDaniel Santiagoのオリジナル。
01. Retrato [Portrait]
02. Simbiose [Symbiosis]
03. Distância [Distance]
04. Terra Molhada [Wet Soil]
05. Caravela [Caravel]
06. Paz [Peace]
07. Terra de Ninguém [No One’s Land]
08. Refletindo [Reflecting]
09. Chorando e Sorrindo [Crying & Smiling]


ボイスによる主旋律を元に、ギターによる速いフレーズのアルペジオかユニゾンで奏でられるパートから、片方が伴奏にまわると、もう一方が攻め攻めなソロを弾いてくるような展開が中心。

そこに、Pedro MartinsがKurt Rosenwinkel譲りといえそうなリフを、要所にちょこっちょこっと入れ込んできてて、これがなんとも格好良い。

右がPedro Martinsで左がDaniel Santiagoだと思うが、Daniel Santiagoがクラシックギターのテイストを
多く持った落ち着きのあるサウンドを奏でるのに対し、Pedro Martinsはフットワークの軽い多彩な表現を出してくるようなイメージ。

曲としても特にブラジルを意識するようなものではなく、両者の音の重なり合い、フレーズの掛け合い、対峙する場面なんかもあらわれて、そんな音の流れを耳をそばだてて堪能することで至福のときを過ごすことができるという感じ。

ジャンルとか出自を意識して聴くというより、完全にギターの名手2人の演奏に身を委ねるべき作品ということで間違いないでしょう。

ベストは7曲めで。


"Simbiose" Daniel Santiago / Pedro Martins (http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006881499)

開くトラックバック(0)

Alexandre Andres "Macieiras"

イメージ 1

最近のブラジルのジャズ系音楽をいろいろ聴き漁っていましたが、特に本作でゲスト参加している2者のアルバムは、ほぼ出たら買いしています。
Andre Mehmari
 "Olhe Bem As Montanhas"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62714923.html)
Antonio Loureiro
 "SO"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61798990.html)

が、それ以外となると一時期よりは落ち着いている気もしますが、米国のジャズ系の売価に比して価格が高く、いろいろと聴くには多少ハードルが高く優先度が下がっているのが実情。(価格はだいぶ落ち着いてきてると思いますが..)
そんな中で、上記2者に続く勢いで購入していたのがAlexandre Andresで、これまでに2枚のアルバムを購入しています。
 "Macaxeira Fields"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62262388.html)
 "Olhe Bem As Montanhas"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62714923.html)

と、自分の聴取を中心にしてしまうが(汗)、リーダー含め参加しているメンバーがこれまでのブラジルの新しいサウンドを作ってきた面々という認識がありまして、そうなると本作も買いでしょうとなる次第です。

メンツは、上記記載の3人の他に、自blogを漁るとサイドで入っている率が高いピアニストRafael Martini他、以下の通り。
Alexandre Andres (Fl, G, Vo), Rafael Martini (Pf, Acc, Vo), Pedro Trigo Santana (Acoustic Bass, Vo), Adriano Goyata (Ds, Marimba de vidro, Vo), Rafael Dutra (Vo), Gabriel Bruce (Ds), Natalia Mitre (Vib)
Featured guest: Andre Mehmari (Pf/M1), Antonio Loureiro (Vib/M6), Joana Queiros (Clarinet, Clarone/M2), Ricardo Herz (Vln/M8)

演奏曲は、Alexandre Andresのオリジナル7曲に、Marco Antonio Guimaraesで全部で8曲。

1. Haru
2. Aurora Boreal
3. Macieiras
4. O gafanhoto
5. Abadiania
6. Rio Doce
7. Tema em sete
8. Oracao

フルートによるテーマから、アコーディオン、ピアノとの掛け合いへとつながっていく、独特なコード使いと独特なフレーズ回しが、昨今のブラジル音楽の特徴的なサウンドをしっかりと聴かせている印象。
1曲聴き終わる前からブラジル音楽の音世界にどっぷりとはまり込んで行く。

そういう意味では、冷静に考えると前作までの雰囲気を色濃く残しているとも言えそうだが、その延長線上で熟成を重ねたサウンドと言うのが一番妥当な表現なのかもしれない。
熟成という意味では、ザラつき感というのはあまり感じられないから、当たっているかも。

Alexandre Andresのフルートの情感を込めた演奏、全体を通して演奏を締めるように響くGabriel Bruceのスネア、ゴリッとした太い低音で奏でるフレーズが格好良いベース、と印象的なサウンドは存在するが、聴いててハッとさせられるのが、1曲め後半のピアノソロとか、6曲めを通してキラりとした演奏を聴かせるヴィブラフォンとか、ゲスト参加のミュージシャンに焦点が当たるのは、彼らの実力もさることながら、スポットを当てるアレンジの秀逸さもありそう。

そう重苦しくならないところで、しっとり、じっくりと聴かせる音作りは個人的琴線をしっかり刺激されている。

ベストは、6曲めにします。

Alexandre Andres "Macieiras"(https://www.amazon.co.jp/dp/B075MW3L9J/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Steve Winwoodのアルバムを購入するのは実は2枚めで、1枚めは1986年リリースの
 "Back in the Highlife" (https://www.amazon.co.jp/dp/B000001FKA/)
当時は格好良い〜と聴いていたが、その後が続かず(嗜好がジャズに振れていった)。

今作は、新譜情報を漁っていて、久々にみたSteve Winwoodの名前と、"Greatest Hits"とベスト盤然とした"ライブ"盤であるという情報から、なんとなく、久々に聴いてみたいと思い立ったのが発端で、新譜会で聴かせてもらったら予想通りに良かったので、購入を決めた次第。

メンツは以下の通り。特に知ってる名前はなさそう。
Steve Winwood(vo, org, g, mandolin),
Jose Neto(g), Richard Bailey(ds), Paul Booth(sax, fl, org),Edson 'Cafe' Da Silva(perc)

演奏曲は以下の通り。こちらも上述の通りなので、Back In the High Life AgainとHigher Loveは知ってるぞってな程度

Disc 1
1. I'm a Man
2. Them Changes
3. Fly
4. Can't Find My Way Home
5. Had To Cry Today
6. Low Spark of High Heeled Boys
7. Empty Pages
8. Back In the High Life Again
9. Higher Love
10. Dear Mr. Fantasy
11. Gimme Some Lovin

Disc 2
1. Rainmaker
2. Pearly Queen
3. Glad
4. Why Can't We Live Together
5. 40,000 Headmen
6. Walking In the Wind
7. Medicated Goo
8. John Barleycorn
9. While You See a Chance
10. Arc of a Diver
11. Freedom Overspill
12. Roll With It


ハモンドオルガンにギター、サックス、フルートのいずれかが絡むイントロからテーマ(歌)になだれ込むという進行が多めか

程よく緩めの曲調に、きっちりとしたビート感、緊張感を強いるような感じではない演奏は、いかにもロックを聴いていますという気分にさせてくれる。(個人比)
元の曲が良いということが前提ではあると思うがとても心地良い演奏が続いている。

元曲を知らないのが大半を占めるが、アレンジでそうしているのか、元曲がそうなのか、前述の通りの程よく緩めなところに全体の雰囲気が統一されていて、CD2枚分のてんこ盛りではあるが、ゆったりと身を委ねるくらいの聴き方で、たっぷりと楽しめる作品に仕上がっている。

クレジットをよく見るとベースがいないようだが、ベースの音がそこここで出てくるが、オルガンの音ということか。

ベストは、あまのじゃくにボーカルの入らないDisk2の3曲めにしましょう

Steve Winwood "Winwood Greatest Hits Live"(https://www.amazon.co.jp/dp/B072N9G1DS/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

この盤はAndre Mehmari買いです。
他の2人は、アルゼンチンのミュージシャンで、Juan Quintero(フアン・キンテイロ)、Carlos Aguirre(カルロス・アギーレ)はアルゼンチンのフォルクローレのミュージシャンで最重要人物と評されるような人らしいです。
アルゼンチンの音楽は、Pedro Aznar くらいしか聴いておらず、この辺は門外漢なんで、この凄さを実感していないのがトホホではありますが、聴けば音楽の良さは実感できるでしょうw

3人が多数の楽器を操って演奏をくみ上げており、クレジットは以下のような状況になっています。
Andre Mehmari: Voice, Piano, Oberheim, Synth, Accordion, Harmonium, Koto, Viola de arco, Bandolim, Acoustic bass, Pandeiro, Pife
Juan Quintero: Voice, Guitar, Charango, Bombo, Percussion
Carlos Aguirre: Voice, Piano, Accordion, Fretless bass, Guitar, Percussion


演奏曲は以下の通り。3人のオリジナルを中心にしたもので、てんこ盛りの18曲。(曲名の後の()内が作者。)
1. El Diminuto Juan (Jorge Fandermole / Carlos Aguirre)
2. Clavelito Blanco (Justiniano Torres Aparicio)
3. Tucuman (Juan Quintero / Andre Mehmari)
4. Entre Rios (Andre Mehmari)
5. Los tres deseos de siempre (Carlos Aguirre)
6. San Vicente (Milton Nascimento / Fernando Brant)
7. Sueno con Serpientes (Silvio Rodriguez / Luis Eduardo Aute)
8. Cruce (Andre Mehmari)
9. Tata y Meme (Juan Quintero)
10. Beatriz Durante (Carlos Aguirre)
11. Chorinho da Cantareira (Carlos Aguirre)
12. Ida e Volta (Andre Mehmari)
13. Abraco (Andre Mehmari)
14. O Mantra de Miguel (Andre Mehmari)
15. Bandera (Juan Quintero)
16. Coplas al Agua (Juan Quintero)
17. Rezo (Carlos Aguirre)
18. Paseo (Juan Quintero)

ピアノを中心にギターアコーディオン等の楽器が絡んでくるのが演奏の基本構成。
しっかり聴けばシンバルとか太鼓とか鳴っているのはわかるが、ほとんど打楽器は感じられない。
ドラムがしっかりリズムを刻む曲は皆無で、太鼓とか鳴ってても音数は少なく、さらに打音を強調していないからか。弦楽器のアタックに同化してるような感じ。

曲調は、ゆったりとしたテンポのものを中心に、ブラジル色、他のラテン系音楽等々(がフォルクローレなんでしょう)を感じさせるもの。

Andre Mehmariが好んで使いそうな節回しを多くの箇所で聴き取れ、
Andre Mehmariを聴き馴染んでいるが故にちとニヤリとさせられる。

そんな演奏を従えて、男声が柔らかい声音での歌唱とコーラスを入れてくる。
この声が入ることで、大きなゆりかごで揺れているような(というくらいが程よく的を得ているか)サウンドに気持ちが穏やかになり、独特の心地良さというか、雰囲気に包まれる。

ベストは14曲めにしましょう。

Andre Mehmari & Juan Quintero & Carlos Aguirre "SERPENTINA" (https://www.amazon.co.jp/dp/B074WF1T7K/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

DDG4は、自分の(それぞれ交友がない複数の)知人友人が良いと言ってて、これは自分だけ取り残されてると感じるくらい。
過去に何度も(2013年から毎年で4回かな?)来日していて、BN東京、鎌倉 cafe vivement dimanche等々でライブを行ってます。
特に鎌倉のお店は、特別なつながりをもっているのか初来日からずっとここでのライブが続いている。
で、そのうち聴こうとずっと思ってて思ってただけだったんですが、ようやく1枚購入してきたのが、先日紹介のデビュー盤。
 "Um" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64117446.html)

その後、他のアルバムをどうしようかなぁとうだうだしていましたら、ベスト盤が出る告知を見つけたので、これを聴いて全貌を知るのが手っ取り早いと判断して、これの購入を決めた次第であります。

DDG4のメンツは4人。Gurgel親子にDaniの旦那と。。って(家族)構成
Dani Gurgel(Vo)、Debora Gurgel(P) 、Thiago Rabello(Ds)、Sidiel Vieira(B)

最初から4曲が聴いてる盤から、次の3曲が"Luz(光)"で、8,9曲めが"Garra"、Sir Dukeは"Neon"から、次の2曲が"DDG4"
その後の4曲が、この盤だけに収録されているもののようです。
1. Quiet Little Lady
2. Rock With You
3. 36-47
4. Forro Brasil
5. Ne?
6. Terra do Sol
7. Luz
8. Garra
9. Tres Luas
10. Sir Duke
11. Nao tem troco
12. Samba pra Rita
13. No de viajante
14. A bencao
15. Fairground
16. We will rock you

以前聴いたアルバムの紹介で、

Dani Gurgelの歌声の良さと歌唱の力量も凄いんですが、それよりも個人的にはDani Gurgelのボーカルに、絶妙な伴奏をとるDebora Gurgelのピアノのコラボレーション、Dani Gurgelのボイス(スキャット)とDebora Gurgelのピアノのユニゾンの功名さと、Dani Gurgel、Debora Gurgelの親子の息の合った歌と演奏の素晴らしさがなんといっても聴きどころと感じたのでありました。

という文を書いているのですが、ベスト盤のこちらでもこの印象は不変。
もう少し、ドラム、ベースのリズムが軽快に先導していくサウンドをも印象的に聴いているかなというのはありそう。

曲調については、"ボサノバをもうちょっとポップにしたような"と大雑把に書いているが、ボサノバをブラジル音楽としたほうが合っていたか。
サンバぽいのとか、もう少し幅広い範囲の音楽の印象が感じられる。
そこここで、いろいろな要素でほのかに香るブラジル臭が心地良い。

さらに、マイケル、スティービーワンダー等と、アメリカのヒット曲をDDG4風に料理することで、DDG4らしさを際立たせたベスト盤に仕上がっているんじゃないかと思う。

選曲も、似た雰囲気の曲ばかりを並べてるような気もするが、あまり飽きを感じるようなこともなく、良いバランスなんじゃないかと思う。

ベスト盤なんで、ベストは決めないでおきます。
ちなみに、前掲の過去に聴いた盤で自分がベストに挙げてた曲は、入ってませんw

"The Best Of Dani & Debora Gurgel Quarteto" Dani & Debora Gurgel Quarteto (https://www.amazon.co.jp/dp/B073H5NGYF/)

開くトラックバック(0)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事