ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫JAZZ(2010 )

録音か発売のいずれかが、この年のアルバム。
記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Nando Michelin "Reencontro"

イメージ 1

Nando Michelinのリーダー作は、Esperanza Spaldingが入っていることで、
2010年の本作のまえに、2009年のアルバムを知ってますが聴いてません。
 "Duende" (https://www.amazon.co.jp/dp/B000K97RHK/)
あと、2011年の前作は、あまり露出多くないですが..。
試聴した限りでは、これのEsperanza Spalding濃度はかなり濃そう。
 "Como Arboles"(https://www.amazon.co.jp/dp/B004WJRFG2/)

本作は国内盤しか出回っていないようで、あまり安売りしているのを見ないのですが、たまたま安価に販売しているのをみつけて購入したもので、上記の通りチェックはしていたが故の安物買いだったということにします。
目当ては、当然のEsperanza Spaldingで、非リーダー作でどんなこと演ってるかが気になっていたものです。
Esperanza Spaldingの非リーダー作参加は、たぶん珍しく、Nando Michelin盤以外では、Jack Dejohnette の
 "Sound Travels" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61141090.html)
Lionel Louekeの
 "Mwaliko"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59681002.html)
では2曲だけ。が自blogでは見つかったくらい。ある意味貴重な演奏と言えるでしょう。
というメンツは以下の通り。 Nando Michelinは、ウルグアイ出身でボストンで活躍している人のようです。
Nando Michelin(P)、Esperanza Spalding(B,Vo)、Richie Barshayd(Ds)、Leala Vogt(Vo)、Tiago Michelin(Ds:6,10)

演奏曲は、Nando Michelinのオリジナルが9曲と、Richie Barshaydの曲で全部で10曲という構成
01. Reencontro
02. Parabola
03. Sycamore
04. Question Mark
05. Paula
06. Oxossi
07. Paul Gauguin
08. Sea and Sand
09. Chymera
10. Kekume

ユニットとしては、ピアノトリオに"ボイス"という楽器が1つ加わったカルテット編成という解釈が一番しっくりくるか。
曲調は、オーソドックスから、ちょっとコンテンポラリー系に寄ったようなものが大半、Esperanza Spaldingのリーダー作ともそこはかとなく近い印象。
テーマをボイスで提示した後に、ピアノがソロを披露するのが大まかな展開の常套手段。
もちろん、ドラム、ベース&ボイスがソロを繰り広げる場面も存在するが、印象と頻度からしてピアノソロが多いし印象も強い。

肝心のベースは、ゴリッとした質感を感じさせるもので、心地良いサウンドをしっかり聴かせてくれる。
が、Esperanza Spaldingの特性からしてベースよりもボイスに重点がおかれているのはしょうがないところなんでしょう。

テーマをEsperanza Spaldingのボイスが担う場面が多いので、実質的主役は、当時の人気度からいってもEsperanza Spaldingということになってしまうんでしょう。
という意味では、ドラムが演奏をまとめ上げている功績は大きいと言えそうです。

曲調も、個人的には好印象なものが多く聴き応えもしっかり感じている。但し、似通った印象の曲が多くちょっと単調に聴こえる部分もあるか。

ベストは、あえてボイスの入らない美曲の9曲めとします。


Nando Michelin "Reencontro"(https://www.amazon.co.jp/dp/B00AQUAM7K/)

開くトラックバック(0)

Canjazz "Canjazz Reunion"

イメージ 1

夏のお盆休みだったか、ネット上でふらふらと新譜情報を漁っていたところ、ユニオン新宿のブログ(http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/12350/)にどどどっと、リリース情報が載っていたのが、FREE CODE JAZZレーベルの諸作が20枚以上。
FREE CODE JAZZレーベル(http://www.freecodejazzrecords.com/)はポルトガルの新興レーベルらしいのですが、この時点でサイトのカタログには80作品以上がラインナップされているよう。
国内販売のないのはおいといて、国内販売される21枚を仔細に眺めていると、Marcus Strickland, Walter Smith III, Ambrose Akinmusire, Aaron Goldberg, Sam Harris, E.J. Strickland, Johnathan Blake, Donald Edwards, Lage Lund, Mike Moreno, Jonathan Kreisbergと、個人的にむむむむとくる面々の名前がずらずらと。。
さすがに、あれもこれもと買うわけにもいかない(1枚\2500くらいしてる)ので、EXCELにメンツをずらずら書き出して厳選に厳選を重ね、さらにCD少し売って資金作って仕入れたのが下記5枚
 FC42CD:CAN JAZZ REUNION "CAN JAZZ REUNION"
 FC01CD:Paco Charlin "ULTIMATE JAZZ EARTH TET"
 FC03CD:Paco Charlin "ULTIMATE JAZZ EARTH TET VOL.2"
 FC45CD:Paco Charlin "ORGANIC MOTION PHILOSOPHY"
 FC40CD:Paco Charlin "GAME"

Paco Charlinというベーシストのリーダー作が多いですが、そもそもの国内リリースの3/4以上が彼のリーダー作なので...。
そのPaco CharlinはAbe Rabade Trioのベーシストと言うことで、無名な存在ではないようですが、個人的には、聴いたことない人ではあります。

で、本作はそのPaco Charlinが入らないアルバムですが、メンツは以下の通り。
ピアノトリオ部分は知らない人ですが、フロントに2人だけで充分買いでしょう。
MARCUS STRICKLAND(Ts)、LAGE LUND(G)、XAN CAMPOS(P)、JOSE FERRO(B)、IAGO FERNANDEZ(Ds)

演奏曲は下記8曲と言いたいところですが、3と6の()と[]は、間奏みたいなピアノトリオ演奏で両曲とも同じようなイメージのもの。
残り6曲ですが、XAN CAMPOS4曲(1,2,7,8)、JOSE FERRO2曲(4,5)という割り振りで2人のオリジナルです。
01. GRASSROOTS
02. NO ESCURO DO OLHO
03. ( )
04. LOLITA
05. REVERENDO DOLPHY
06. [ ]
07. NUMERO F
08. BUZIAK

この盤ですねぇ。1曲目からツボはまりまくりの演奏でヤバいったらありゃしない。
8ビート基調の演奏をドラムとベースが快調なペースで煽る中、Marcus Stricklandが良い感じに飛ばした演奏をLage Lundとユニゾンでかますオープニングで、もう「ありがとうございました。
モト取らせていただきました」って感じ。

前半2曲が良い感じに疾走感のある演奏で気持ち良い。
中間のJOSE FERROの曲は、少々シリアスな雰囲気を含ませた感じの曲調。
後半は、前半よりも少しテンション落としめの美麗度上げめの曲って感じの構成。

いずれも、、Marcus Stricklandの朗々と演奏するサックスと、Lage LundのKurt Rosenwinkelばりの音色と演奏のギターがとても快調で満足度非常に高い。
下支え(こうなると、完全に脇役扱いです)のピアノトリオもなかなか盤石な良い演奏をしておりまして、(というにはドラムは若干流暢とは言い難いか..)フロントの両名に良いサポートをしてます。
特にピアノソロはなかなか良い味出してます。(ピアノソロあるし、本当は脇役でもないです。)

録音は、LAGE LUNDの音の歪み感とかあまり良い音って感じではないんですが、まぁ許容範囲か。

ベストは、1曲目に尽きます。

http://www.freecodejazzrecords.com/control.php?sph=a_itp=2%%a_id=45%%a_lst_nrt=64%%a_lst_npa=1%%a_iap=1005

開くトラックバック(0)

Dan Tepfer "Five Pedals Deep"

イメージ 1

Dan Tepferは、Lee Konitzとのデュオ作を借りて聴いてまして、その演奏が良い感じだったんですが、暫くしてDan Tepferのピアノトリオ作を聴く機会までいただいてしまいました。
そのデュオ作は
 "Duos with Lee"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62785360.html)

メンツは、Thomas MorganはDavid Binneyのアルバム(http://www.amazon.co.jp/dp/B0007CNXRI/)に参加してますが、このアルバムは未聴でした。Ted Poorも、これが初聴きのようです。
Dan Tepfer(P)、Thomas Morgan(B)、Ted Poor(Ds)

演奏曲は以下の12曲。曲数多めですが、3,6,9,11曲目は1分程度のインタールードなので、実質は8曲ということになります。
1. All I Heard Was Nothing
2. Le Plat Pays
3. Interlude 1 (Unisons)
4. Peal, Repeal
5. Back Attya
6. Interlude 2 (Fifths)
7. The Distance
8. Diverge
9. Interlude 3 (Sevenths)
10. I Was Wonderin'
11. Interlude 4 (Sixths)
12. Body and Soul

全体の雰囲気としては、Brad Mehldauのピアノトリオに近い、端正で淡々とした演奏が多い印象を受けています。
曲自体は、冒頭こそ8ビートですが、大半はあまりビートを感じさせないクラシック風だったり、スローな演奏だったりではありますが、オーソドクスな演奏と言えるものでありますが、ピアノが奏でるフレーズが左手が縦横無尽と言って良いほどに良く動き、右手は添え物程度と言うと言い過ぎですが、基本は左手の早いフレーズで聴かせるピアノで、これが全体の特徴を形成して少々独特な雰囲気を形作ってます。
と思ったら、Youtubeに彼の演奏(Gordberg変奏曲)がのってまして、それ見ると左手も良く動きますが、それ以上に右手も良く動いてててのけぞります。
4曲目とか少々早いリズムが入ることもありますし、8曲目の後半、最後の一瞬の盛り上がりとか、熱い部分も垣間見せますが、全体としてはモーダルでゆったりしながらも緊張感のある演奏が目白押し。

ベース、ドラムも凡庸でない、創造性豊かな良い感じに自己主張ののある演奏を繰り広げていますが、全体として、このトリオはピアノが主でドラムとベースが従と言い切ってしまって良いと思います。

最後のBody and Soulは、ピアノの低音部を主体としたソロでの演奏で、これは小気味良い演奏が聴けます。

ベストはDan Tepferのピアノの良いところがたっぷり聴ける4曲目で良いと思います。

Dan Tepfer "Five Pedals Deep"(http://www.amazon.co.jp/dp/B0041NZNEK/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

songXジャズレーベルの2枚目にリリースされたアルバムです。1枚目はKurt Rosenwinkelの"Our Secret World"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59878330.html)だったんですが2枚目にしてすでにジャズからちょっとはずれたアルバムのリリースをしていますが、これはレーベル発足前から温めていた企画が世に出るタイミングが少し早かっただけ..という裏事情を聴いたのは、6/26に開催されたSonngXjazzのプロデューサー、オーナーの宮野川氏を迎えた"極める"でのことでした。
昨今のsongX Jazzでは、Ann Sallyさんの活動に加担していたり、Vinicius Cantuariaの新譜制作に絡んでいたり、
相変わらずKurt Rosenwinkelの日本での活動の元締めでもありと、いろいろと活動されてます。

といことで、Chocolate Genius Incですが、正直素性もなにも知らないんですが、上記イベント時に、ちょっと良い感じに聴こえたことと、このときだけ値段お安めに譲っていただけたというわけであります。
素性とか、アルバムデータとかはココ(http://www.songxjazz.com/release/swansongs.html)を参照してください。

メンツは、非ジャズ系なので割愛。演奏曲は以下のとおり。7曲目だけ他の人の曲で、残りはオリジナルだそうです。
01. She Smiles
02. Enough For You
03. Like a Nurse
04. Kiss Me
05. Lump
06. Polanski
07. How I Write My Songs
08. Mr. Wonderful
09. Sit & Spin
10. When I Lay You Down
11. Ready Now

ひとことで言うと、アメリカのフォークロックに近い系SSWサウンドで、昨今ちょっとずつ聴いているアメリカルーツ寄りの女性ボーカルアルバムに近い立ち位置の作品と言えるんだと(個人的聴取範囲からは位置づけられると)思います。

1曲目、ギターで奏でるスペイシーなイントロから、エコー多めのゆったりほんのりした曲
2曲目、気だるい雰囲気とちょっとした粘り気をを持ったブルース調の曲
3曲目、女性との2声で、つぶやくように歌う、ちょっと歌い上げな雰囲気があるので、バラードになるのか?
4曲目、5曲目、ちょっとエレクトロニカ入った、細野さん高橋さんとかが演りそうな感じの曲。
6曲目、フォーク調のゆったりした小品。短いんだけど良い曲だと思います。
9曲目、伴奏はピアノだけで歌われる、これもゆったりした曲調の小品。
10曲目、ちょっとラフめなコーラスで歌われる、ゴスペルとかそっち系の影響を感じさせる曲。
11曲目、John Lennonの"mother"とかに似ている。John Lennonが歌うと似合いそうなスローな曲。

全体に、ゆったり歌い上げるスタイルの曲が大半を占め、2〜3分台の曲が多く、本来は歌詞をじっくり楽しむようなアルバムなんだと思います。
なかには、8曲目のようにインタールード的な演奏+会話だけの不思議な雰囲気の曲もあったり..。

雰囲気としては、ちょっと重め(良く言うと、重厚感のある)な感じであり、それを"聴き応え"と言っても良いとは思いますが、万人受けする感じでもない気がするのも事実です。

ベストは6曲目だと思います。

Chocolate Genius Inc "Swansongs"(http://www.amazon.co.jp/dp/B003ZUTRYC/)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

Pat Methenyの楽曲のカバー集というと、Bob Curnowの"Music Of Pat Metheny And Lyle Mays"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/647532)が有名ですが、先日中古店を漁っていたらこの盤を見つけまして、思わず買い込んできた次第であります。
元値は1700くらいの値札が付いていましたが、40% offだったので、出費は大したことはありません。
 というBob Curnowの上掲作品のVol.2が出ているのもつい最近知りました。
 amazonで強制キャンセルくらいましたがTowerのリアル店舗で無事入手できています。

本作は、ジャケ上は3人並列記載ですがピアニストが実質リーダーのようでイタリアの人です。
長くなるので、表題は実質リーダー名義にしておきますが、ジャケ上は、
 「Decorato - Liberti - Roverato meets Emanuele Cisi」
と書いてありますです。

2008年録音の2010年リリースの作品となります。

メンツは以下の通り、ピアノトリオ+管となります。
Michelangelo Decorato(P)、Gianlivio Liberti(Ds)、Marco Roverato(B)、Emanuele Cisi(Ts,Ss)

演奏曲は以下の10曲。8曲がPat Metheny、1曲がTom Jobimで1曲E Cisi/G Libertiのオリジナルが入っています。
1 Always & Forever
2 Uniquity Road
3 Across The Sky
4 Elucidation
5 Impro n.1
6 Sometimes I See
7 Save The Brothers Name
8 Interludio Passarim
9 Better Days Haed
10 Farmer Trust

1曲目、テンポこそかなりゆっくり目にしたピアノによる旋律からスタートしますが、そこからサックスが絡んできて、基本的にはまっとうに旋律を奏でていくような演奏。
2曲目は、ピアノが奏でる主旋律の上でサックスがソロを繰り広げるような演奏になっており、これが素材をあまり壊していないなかで、なかなか良い感じにジャズしてまして個人的には、気持ち良い演奏と聴いています。
3曲目も、ぐっとテンポを落として怪しい雰囲気を醸した演奏に作り変えていますが、旋律的には元曲がよく判る範疇にとどめているので、違和感はないですかねぇ

ワンホーンカルテットというフォーマットのため、ピアノが元曲の全体像を作り上げ、そのうえでサックスが主旋律を奏でることで
逆にいえば、ピアノトリオの部分で基本構造をしっかり構築できていればサックスは何をやってもよい余地が出来上がっているともいえるわけで、そういう意味でも2曲目のアプローチってのが個人的には面白く聴けました。
当然、いろんなところに出てくるソロの部分では、こんな感じになっているのは間違いないですが、冒頭からという使い方が斬新で良かったのですが、そんなんばっかりだと飽きるんですかね。。

9曲目も、元曲はリズムが明瞭に感じられるような演奏という認識ですが、ここではリズム感をだいぶ希薄にして、気楽にサックスで主旋律を奏でるような、昂揚感というよりリラックスな気分を呼び起こすような演奏に仕上げています。
10曲目も、テンポゆったり目な演奏になります。これは元もゆったり目な演奏ではありますが、牧歌的な感じを抜いてリラックスな気分を入れているような感じですかねぇ。。

これでアルバム終了となります。

4曲目だけがラテン調のリズムを強調したアップテンポの演奏となりますが、もうちょっと速めの曲あるいは速めのテンポにアレンジにした曲が入れてあっても良いのになぁとも思います。
アルバム全体を聴いていると、ちょっとゆるすぎる感じがするのが、残念といえば残念です。


基本は、主旋律を大きく崩すようなことはしておらず元曲の良さを大事にしたアレンジ、演奏になっているので、Pat Methenyファンが元曲の良さを楽しむ余地は十分に残されています。

ベストは2曲目でしょう。こういうアプローチの演奏をもうちょっと多くしてくれたら、訴求力ももう少し高かったんじゃないかとか思うのは私の思いすごしです。 きっと。


Michelangelo Decorato "Plays Metheny" (http://www.hmv.co.jp/product/detail/3958782)

開くトラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事