ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
ほとんど、JAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。新譜会、次回日程確定したら告知します。

書庫JAZZ(2017 )

録音か発売のいずれかが、この年のアルバム。
記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

"My Foolish Heart" Ralph Towner

イメージ 1

Ralph Townerを聴くのはこれが3枚めでありまして、これまで紹介したのは下記2枚。
 "Chiaroscuro"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59124497.html)
 Open Letter"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64411427.html)

自Blogを眺めたことのある人はうすうす感じていると思うが、往年のECMレーベルの顔とか看板奏者って言われそうな人の演奏は、実はほとんど聴いてなくて、さすがにPat Methenyは聴いてますが、Keith Jarrettはstandards以前はあまり聴いてないし、Terje Rypdal, Jan Garbarek, John Surmanとか、ECMねと言われそうな名前もほぼ未聴。
なもんで、Ralph Townerはこれでも聴いている方だったりするていたらく。
ま、それで良いと思ってるんですが(開き直り)

本作は2017年リリースのソロ作なんですが図書館で借りたもの。こんな作品まで揃っている図書館って凄いと隣市をうらやむ..。

ソロ作なんでメンツは1人。クラシックギターと12弦ギターを使っているそうです。
Ralph Towner(G)

演奏曲は、My Foolish Heart以外は、Ralph Towner のオリジナルで全部で12曲という構成
1. Pilgrim
2. I'll Sing to You
3. Saunter
4. My Foolish Heart
5. Dolomiti Dance
6. Clarion Call
7. Two Poets
8. Shard
9. Ubi Sunt
10. Biding Time
11. Blue as in Bley
12. Rewind

1曲めが、バロック以前の宗教音楽的なクラシックを聴いているような感触のサウンド2曲めが、美しいアルペジオから、ちょっとバロック的な響きをほのめかすきれいなメロディ3曲めは、歯切れのよいちょっと速めのテンポの曲で、これまでの曲より躍動感がでてくる。

全体に美しい旋律を持った、クラシックテイストを大なり小なり含有しながら、しっとりとしたスローテンポからより現代的なな雰囲気を醸すほんのちょっと速めの曲まで、長くても5分、半分以上が1分台の曲を2曲含んだ3分以内に収めることで、さらりさらりと聴かせていく。

ここでの聴きどころは、曲の美しさに酔いしれる事というより、なによりもかによりも、Ralph Townerの奏でるギターのサウンドに酔いしれる事に尽きるでしょう。
響きがとてもきれいに録れているので、ギターの奏でるさまざまな音をあますことなく聴きとることができる。

ジャズは、曲を素材にして演奏者のインスピレーションから導かれる旋律(即興)の妙を楽しむところが大きいと思うが。
ここで聴かれる演奏は、同様に曲を素材にしていながら、ギターから紡ぎだされるさまざまなサウンド(表情)を楽しむところにあると認識した次第。

ベストは、5曲めにしましょう。


"My Foolish Heart" Ralph Towner(https://www.amazon.co.jp/dp/B01MZZ525F/)

開くトラックバック(1)

Edward Simon "Steel House"

イメージ 1

Edward Simonのリーダーアルバムです。Edward Simonのアルバムは過去に4枚買ってますが、前作の紹介が2013年なので、かなり久々に聴いています。
 "Unicity"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/43081647.html)
 "Poesia"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58197818.html)
 "A Master's Diary"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61353568.html)
 "Live In New York At Jazz Standard"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62008369.html)
2016の、"Latin American Songbook"(https://www.amazon.co.jp/dp/B01IKH1RTW/)を聴いていません。

これはメンツ買いしているんですが、過去に聴いているのが、
John Pattitucci(B)、Brian Blade(Ds)というトリオと、、Scott Colley(B)、Clarence Penn(Ds)というトリオで、本作はちょうど折衷的な構成になっているところがおもしろい。
Edward Simonが信頼しきっている4人ってことなんだとは思いますが、巷での人気具合からして、それだけのメンツではあります。
Edward Simon(P,Key)、Scott Colley(B)、Brian Blade(Ds,PumpOrg)
Guest: Genevieve Artadi(Vo:2)

演奏曲はすべてメンバーオリジナルで、Edward Simonが3曲、Scott Colleyが4曲、
Brian Bladeが1曲という割り振り。
1. Glad You're Here
2. What If ?
3. Kingpin
4. 87.5% Of You
5. Way Of No Return
6. Country
7. The End And The Beginning
8. Lover's Park

電子オルガンによる持続音から、ベースが主旋律を奏でる3分程度の1曲め。
電子ピアノによるイントロからアコピに変わって本編テーマになだれ込み、後半の左手が単音をテンポを変えず抑揚をつけながら延々と弾き続けるなかでの右手でのソロからボーカルが入ってくる展開は、ドラムのドラマチックなバッキングと相まってなんとも格好良い。

電子ピアノ、電子オルガン、アコピをイヤミにならない程度に使い分けて、反復のフレーズを使ったリズムをピアノの左手が担い、そのうえでベースとピアノの右手による旋律の競演、共演という構図が新しさを醸し出す。

ピアノが器用にサウンドの基盤を担っているために、メロディアスなベース、ドラマチックに盛り上げるドラムが、名手たる所以の盤石な演奏をたっぷりと披露していて満足度が高い。
それにつけても、本作でのScott Colleyは良い仕事をしている。

前半は電子ピアノを多めに使ったちょっと早めなテンポの曲が多く、後半はアコピ多めのバラードな曲が増えてくる印象になるが、全体の印象としては、とても現代的な響きを持った曲が並んでいてコンテンポラリーピアノトリオのおもしろい演奏を体現していると言えるでしょう。。

ベストは、6曲めにします。


Edward Simon "Steel House"(https://www.amazon.co.jp/dp/B077CL8NZT/)

開くトラックバック(0)

Espen Berg "Bolge"

イメージ 1

Espen Bergは、2016年リリースの1枚めのアルバムを聴いていまして、その直後の来日ライブをもと、立て続けに聴いています。
アルバム
 "monster" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63802222.html)
ライブ
 "Espen Berg Trio (20160727)" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63799972.html)

約1年後の翌年9月(2017/9)に、次作のリリースが告知されたのですが、これが輸入盤のデリバリがなく、国内盤だけ。
そのうち輸入盤が出るだろうと待っていたんですが、まったく出る気配がないまま年末になって、ふと思い出して探したら運よく中古を見つけられたので購入してきたもの。

メンツは、前作と同じ3人
Espen Berg(P)、Barour Reinert Poulsen(B)、Simon Olderskog Albertsen(Ds)

演奏曲は、10曲のEspen Bergのオリジナルに、1曲めがsting、12曲めが有名曲をいれた全部で12曲。
1. Hounds of Winter
2. Maetrix
3. XIII
4. Bolge
5. Tredje
6. Cadae
7. For Now
8. Bridges
9. Skoddefall
10. Climbing
11. Vandringsmann (Bonus Track)
12. Scarborough Fair (Bonus Track)

前作アルバムでは、タッチ自体はそう強くない印象で聴いていたが、直後のライブでは思った以上にタッチは強めに感じていたが、本作ではライブで感じた程度には強めのタッチが増えてきているような印象。

ソロフレーズも、あるフレーズを少しづつ変化させながら積み重ねていくことで高揚感を持たせていくような感じで、これは前作でも似た手法は取っていたと思うが、もう少し明瞭になってきているように感じられる。
前作で感じた、クラシックのテイストとか、北欧ジャズらしさは、多少なりとも薄らいできているか。
曲としても、前作の印象よりは、早いテンポの曲が多く、温度感も若干上がっている。

全体の印象として、抽象的な雰囲気が減って明瞭感が増してきて、小気味良く聴かせるよに変化してきているか。
そういう意味では、孤高な雰囲気、透徹感、ひりひりするような雰囲気とかは減じられているのかもしれないが、その分気持ちよく聴いていられるようにはなっているので、このへんは嗜好の問題だとは思うが..。

ベストは、そんな中でもひりひり度が高めの2曲めにしましょう。


Espen Berg "Bolge" (https://www.amazon.co.jp/dp/B073WW74M4/)

開くトラックバック(0)

Jure Pukl "Doubtless"

イメージ 1

Jure Pukl はユーレプカルと読むそうです。
まだあまり話題にはなっていないですが、これからまだまだ出てくるんじゃないかと思っているんですが..。

個人的には、2012年のアルバムから(、きっかけはおいといて)、しっかりチェックしておりまして、
これまでに3枚のアルバムを聴いています。

2012年の
 "Abstract Society"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61575739.html)
2015年の
 "The Life Sound Pictures of"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63162799.html)
2017年の
 "Hybrid"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64315472.html)

上記の通りこれまでは、数年おきに1枚のペースでリーダー作をリリースしてきていたようですが、2017年は1枚は双頭ではありますが、2枚のリーダー作が出てまして、活動が活性化していることをうかがわせます。
とはいえ、本作はいまのところcdbaby以外のデリバリがないようなので..。(最近、Disk Unionで扱い始めたようです。)


メンツは、2テナーのピアノレスカルテットという、ちょっと変則的なもの。
Jure Pukl(Ts)、Melissa Aldana(Ts)、Joe Sanders(B)、Greg Hutchinson(Ds)

演奏曲は、6曲のJure Puklのオリジナルに、Melissa Aldana(6)、Joe Sanders(4)が各1曲ずつとOrnette Coleman(3)が入った、全部で9曲。

1. Doubtless
2. Doves
3. Intersong
4. Eliote
5. Compassion
6. Elsewhere
7. The Mind and the Soul
8. Where Are You Coming From
9. Bad Year Good Year

1曲めが、2管が1フレーズずつ交互に演奏していく、ちょっとミニマルな雰囲気を持った曲
2曲めはユニゾンでのテーマからソロへとなだれ込むオーソドックスな流れ。
後半のノリの良い展開が格好良い。
3曲め、ほぼユニゾンで、いかにもOrnette Colemanなフレーズを、2管の微妙なズレを楽しみながら聴くような演奏。
と言った感じで、このアルバムは2管による色々なパターンによるやりとりの面白さを聴くのが真骨頂であることは間違いのないところ。
どっちがどっちかは、判別できないが、双方とも、正攻法的に音色とフレーズで勝負していて清々しい演奏を楽しめる。

Greg Hutchinsonが、扇動して全体のノリを先導していくが、その力がなかなかに強く。
このドラムに3者が煽られ熱い演奏を繰り広げていくような感じ。

さらに、Joe Sandersのとてもメロディアスなバッキングも大いなる聴きどころにはなっている。
このベースが、なんど聴いても唸らされる。

ベストは、1曲めになるんでしょう。

Jure Pukl "Doubtless"(https://store.cdbaby.com/cd/jurepuklmelissaaldanajoe)

開くトラックバック(0)

Terje Gewelt "Wow And Flutter"

イメージ 1

Terje Geweltの2017年の新作です。
Terje GeweltはChristian JacobとのDUO作で一気にハマって、その後Dag Arnesenのトリオ作を買ったところでひと息ついて、その後は、見つけたら一応確認して買うか買わないか決めているような感じ。

ということで、デュオ作が3つ
 "InterPlay" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/51950617.html)
 "Duality" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/03/19)
 "Hope" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/03/29)
他の紹介はトリオが3作
 "OSLO" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/56747688.html)
 "If Time Stood Still" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/51581883.html)
 "Steppingstone" (https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63501733.html)
カルテットが1作
 "Spindrift" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62662976.html)
という紹介履歴になります。

本作は、新譜情報を見つけて、ちょっと試聴して良さそうだったので買おうと思ったらダウンロードだけで、CDでのリリースがなかなかないような状況で、ようやく入手できたもの。

本作はギター入りのオーソドクスなカルテット編成。前作がギタートリオだったのでギターとの演奏を積極的に行っているということでしょう。
Terje Evensen(Ds)、Bjorn Klakegg(G)、Erlend Slettevoll(P)、Terje Gewelt(B)

演奏曲は、Terje Geweltのオリジナルが8曲、2曲がTerje Evensen、Bjorn Klakegg、Terje Geweltの共作

1. Time Travels
2. Ups And Downs
3. Leaving Town
4. Iskanten
5. Crosstalk
6. Seafarer
7. Wow And Flutter
8. Melancholy Blue
9. Raw Air
10. Gone Sailing


1曲めは、サーフィンミュージックを彷彿とさせるサウンドで、速いリズムに速いフレーズをきっちり合わせてくる演奏は清々しいものではあるがちょっと軽い印象もあるか。
そういう意味ではフュージョン臭が強い感じが、個人的に、Terje Geweltに求めるサウンドとは異なっている演奏ではある。
2曲めが8ビートの牧歌的な曲、3曲めが16ビートのノリの良い曲と、この辺も個人の嗜好する演奏からは逸脱していて、期待とは違うなぁとも感じつつ、その格好良い演奏に惹かれている。

音数をぐっと減らしたピアノトリオで演奏される4曲め。
前半の訥々とした美音のピアノと、後半のよく歌うベースが印象的。
5曲めがTeenTownでのJacoのリフを彷彿とさせる演奏で、これはやっぱりという感じに燃えてしまいます。
其処此処で登場するちょっと暴力的な演奏をするギターが、前述の個人的なTerje Geweltの印象から逸脱している大きな理由になっているような気がしているが、なかなか良い味を出していて面白いのは事実です。

なんだかんだ、Terje Geweltのきっちり刻んでくるリズムの正確さだったり音数の多少に関わらず創造性豊かな即興演奏だったりと、いずれも見事な演奏を聴かせて聴きどころを明確にする。
強いて言えば、ドラムが単調なリズムについて行けなかったり、格好良いノリを継続できずにもたつく場面があったりと、ちょっと弱いかなぁと思う場面が多いのがたまにきず。
それと、いろんなところにノイズのような音が紛れていて、7曲めがその集大成のような雰囲気だが、これはいらなかったんじゃないかと思う。
後半は、アバンギャルドな9曲め、ホッとするポップな曲で終演。

ベストは、ベースを聴くという意味で5曲めにしましょう。

Terje Gewelt "Wow And Flutter"(https://www.amazon.co.jp/dp/B074BQ2BPF/)

開くトラックバック(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事