アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
神根島の遺跡で再びアーカーシャの剣を使おうとする皇帝。
それに呼応するかのように、アーシャの中に何かが目覚める。
「そう…始めるつもりなのね」


イメージ 2
C.C.のもとに現れるアーニャ。
「直接会うなんて久しぶりね」
ごめんなさいと怯えるC.C.。
「C.C.まさかあなた…」
ルルーシュも訪れたC.C.の世界へ。


イメージ 3
イメージ 4
「なにやってるの?またこんな所に閉じこもって」
「ん?誰だ?」
「私よ。ほら」
「お前、こんなところまでやってきて…」
「そんなにルルーシュが心配か?マリアンヌ」
 
「あらやだ。私がそんな理想的な母親だと思っていたの?」
「では、どうしここに?」
「あなたが今でも私たちの味方なのか知りたくって」


イメージ 5
「C.C.、自分のコードを自分で封印したのはなぜ?」
「シャルルならあなたの願いを、死にたいという想いを叶えてくれたのに」
「わからないんだよ自分でも。ちょっと驚いている」
「じゃあ、確かめなきゃね現実で」
「う〜ん」
「私が決めたんだから決定よ」
「お前ぐらいだな。この私をいつも引っ掻き回そうとするのは」


イメージ 6
「ああ、感謝はしてるよ。私にギアスをくれたことに関しては」
「契約不履行のくせに」
「そう思うなら、一緒に行きましょう」


イメージ 7
リヴァルと電話で話し、ミレイも無事だと聞き安心するルルーシュ。
「リヴァル…会長に伝えてくれないか?一緒に花火する約束守れそうにないって」
電話を切り、皇帝のもとへ向かう。


イメージ 8
各遺跡システムを同調させ、アーカーシャの剣の準備を進める皇帝。
「これで既存の神の世界は終わる…破壊と創造。ラグナレクが始まる」
シュナイゼルから通信が入るが、俗事はまかせると言い繋げもしない。
「シュナイゼルめ。さては気づきおったか」
「だがもう遅い。戦争という名のゲームはおしまいよ」


イメージ 9
ブリタニアと黒の騎士団が停戦条約を結んだことが発表される。
そして、CEOであるゼロが戦闘での負傷がもとで死亡したとも。


イメージ 10
ビリヤードで遊ぶロイドたちのもとにスザクが現れる。
自分専用に開発していたナイトメア“ランスロット・アルビオン”を渡してくれと。
しかし、ロイドは今のスザクには渡したくないと言う。
それでもスザクはラウンズの立場を使い引き渡すように命令する。


イメージ 11
そこにシュナイゼルとコーネリアが現れる。
コーネリアにギルフォードの所在を聞かれ言葉が詰まる一同。
シュナイゼルは、フレイヤ弾頭で攻撃を仕掛け行方不明だと言う。


イメージ 12
「待ってください。フレイヤ弾頭を撃ったのは自分です」
「あれは自分の功績です。ナイトオブワンになるために必要な」
「この処置はギルフォード卿の名誉を守るためですか?」
「よしたまえ、スザク君」
「いいえ、これまでの自分は甘かった」
「結果より手段と言いながら、自分が大事にしていたのは理想や美学だったのではないかと」


イメージ 13
「それとも、殿下がしていただけるのですか?自分をナイトオブワンに」
「あまりにも不敬な発言だな枢木!」
「ナイトオブワンの任命は皇帝陛下にしか出来ないんだよ。つまり…」


イメージ 14
「では、なるとしよう」
「私が皇帝になるよ。それなら問題はないだろう?」
「シュナイゼル殿下、今のお言葉は本気ですか?」
「“俗事”とおっしゃったそうだよ。陛下は黒の騎士団との戦争のことを」
皇帝は危険な研究にのめり込み、この世界に興味を失い、みんなが苦しむのをただ眺めている。
そんな男に王たる資格はないと。
「ラウンズの自分なら、陛下に謁見がかないます」
「自分に皇帝陛下暗殺をお命じ下さい」


イメージ 15
「シュナイゼルの差し金か?」
「自分の意思です」
「あなたには二つの罪がある。一つは王たる責務を放棄したこと」
「そしてもう一つは、ギアスに手を染めたこと」
「この剣に、ルルーシュとナナリーの絶望も込めさせていただきます」


イメージ 16
皇帝に向け剣を振り下ろすが、そこにビスマルクが割って入る。

「ギアスのことを知っているのは自分だけかと思っていたか?」
ビスマルクにその場を任せ、皇帝は遺跡の中へ。


イメージ 17
“生きろ”というギアスが逃げなければと考えるさせるほどに強いビスマルク。
そして、ビスマルクの閉じられた左目に赤い光が。
突如、遠くから爆発音。


イメージ 18
「我が名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア」
「マリアンヌ皇妃が長子にして、帝国により捨てられし皇子」
ギアスをかけられたブリタニア兵により反乱がおこり神根島は混乱する。


イメージ 19
その隙をつき、ビスマルクの前から去るスザク。

「(ルルーシュ。それは僕の十字架だ)」


イメージ 20
反乱の報は、神楽耶との会談中のシュナイゼルのもとにも届く。
神根島に向かわなければならないと退席するシュナイゼル。
「では、私たちも参ります」
「この状況下でブリタニア皇帝に刃を向ける人物に、私は一人しか心当たりがありません」


イメージ 21
神根島に接近するモルドレット。
空中で待機するビスマルクに気づいたアーニャは、クーデターに加わったのかと言い攻撃を仕掛ける。
反撃をするもビスマルクは誤解だと言い、アーニャも非礼を詫び反乱軍を迎え撃つと言う。


イメージ 22
「大した役者だな」
「ビスマルクに説明している時間はないから」
「こちらから疑っちゃえば、向こうは疑わないでしょ」
「その閃き、衰えてはいないようだな」
「閃光のマリアンヌ。さすがはルルーシュの母親だ」

遺跡の中に入るルルーシュを見るマリアンヌ。
 
「ねえ、どうしよう?」
「助けるべきかな?彼を」
「…」


イメージ 23
「さあ神よ。決着の時は来た」
「違うな。間違っているぞシャルル・ジ・ブリタニア」
「決着を着けるべきは、神ではない。この俺だ!」
「どのようにして?銃でも剣でもギアスでも、わしを殺すことは出来ぬというのに」


イメージ 24
爆破される遺跡。
「出口を封じた!?」
「そうだ。ギアスも貴様も俺と共にこの空間に閉じ込める」
「現実世界に干渉できなくなれば、貴様が何を企んでいようと意味をなさない」
「死んだも同然だ」


イメージ 25
「貴様の作ったこのシステムは…」
「今、貴様自身を閉じ込める魂の牢獄となった」
 
「さあ、俺と共に永遠の懺悔に苦しむがいい」


ルルーシュの捨て身の策、皇帝をアーカーシャの剣に閉じ込めてしまいました。
これで親子水入らず、じっくりお話ができますね。
皇帝の目的やマリアンヌの死の真相も明らかになりそうです。
でも、オヤジと一生一緒は嫌ですねw

アーニャはやっぱりマリアンヌでしたね。
ギアスの力で、意識を宿していたのでしょうか?
記憶を失っていたC.C.も元に戻してしまって…いったい何者なのでしょう?
C.C.に“今でも私たちの味方”と訊ねたマリアンヌ。
“私たち”の中には、シャルルも入っているのでしょうか?気になります!!

今回の話で改めて思ったのですが、スザクは小さい頃から何にも変わってないですね。
結果のために手段を選ばないのなら、父親を殺した時と何も変わらないのに。
こんなにいろいろな経験をしながら全然成長しないとは…ある意味凄いです。


◇本日のプチお気に入り!◇

イメージ 26
ゼロの死を悲しみながら、気丈に会談に臨む神楽耶。
もしかしたら、ゼロの窮地を救うのはカレンでなく彼女?
 
なかないい表情です!!


イメージ 27
身の振り方を迷うヴィレッタに姫様が一言。
「私が言うのもなんだが、世の中は爵位だけではないぞ」
おお、なんだこの意味深発言!!
もしかして、ギルフォードさんのことを!?

閉じる コメント(10)

前作で初登場した時はオマケというか、オタクなお兄さん向けのキャラだと思った神楽耶ですけど、立派ですよ、強いですよ、すぐにがたがた揺さぶられたディートや扇や藤堂と違って本当に偉い。惚れたくなるほどいいキャラになってきましたねぇ。R2になっていちばん株を上げたのは彼女かもしれませんw

ビスマルクは本当にかっこいいですね、とても吸血鬼君やジノと同じ組織の人間とは思えないほどに。これぞ最強騎士の貫禄か、対人戦闘は咲世子が最強と思ってましたけどスザクをかんたんにぶっとばすこの人が最強かもしれませんねぇ。

2008/8/25(月) 午前 1:45 [ HAYASE0083 ]

顔アイコン

神楽耶やシンクーの有能ぶりを見てると一層、扇さん達が掌で踊らされて下した決断がアホらしく見えますよ。よっぽど彼女の方が上に立つに相応しい人物です。交渉事も上手そうですしねw

カレンやCCならともかく巻き髪のおっさんと永遠に一緒は泣きたくなります><

2008/8/25(月) 午前 2:58 [ ゆーじーん ]

顔アイコン

ビスマルクが、スザクのことを「裏切り者」と言っていましたが……彼は父を裏切り、親友を裏切り、「撃たない」と宣言していたフレイヤ撃って、仲間だったロイドやセシル、ジノの信頼を裏切り……そしていま、恩人である皇帝に刃を向ける。視聴者である自分は、事情を知っているので「裏切り者」という視点で彼を見ていなかったのですが……確かに裏切りの連続ですね。「誰がお前など信用するか!」というビスマルクの台詞、最もだと感じました。

マリアンヌのキャラが……ナナリーよりも更に清純派かと思っていましたが、全然違ってビックリしました。

2008/8/25(月) 午前 11:03 恭弥

ゼロ生存を確信した神楽耶と星刻! この二人の今後の出方が非常に気になります!
カレン&ジェレミア&神楽耶&星刻&天子がゼロの味方に付いたら、逆に扇たちが反逆罪に問われそうです!
そうなればゼロの居場所も復活するのですが、マリアンヌがねぇ…
母親がが生きてたらルルーシュが皇帝を憎む理由も、ブリタニアを滅ぼす理由もなくなっちゃいますからねぇ…
突然登場して全てをひっくり返してくれたマリアンヌ様は、まさに閃光ですっ!

そして姫様っっっ! 
それってギルフォードのことですよねっ!絶対そうですよねっ!
もし姫様のセリフをギルフォードが聴いたら、その場で成仏できそうです(笑)
 

2008/8/25(月) 午後 10:54 [ - ]

顔アイコン

>HAYASEさん
今回の神楽耶はかっこよかったですね!さすが合集国議長!!
こういうときは、男はダメですね〜すぐにぶれてしまって。
まあ、一般人や軍人さんとは違って、神楽耶は名家の出だから心構えが違うんでしょうね。

ビスマルク最強ですね!格闘戦でスザクを恐怖させるとは…
あのビスマルクが従うほどの皇帝さんは、実は立派なことをしようとしているんですかね?

2008/8/25(月) 午後 10:58 ぱっく

顔アイコン

>ゆうじさん
扇たちは所詮、軍人さんやゲリラ屋さんなんでしょうね。
国を背負う気構えのある神楽耶やシンクーと比べるのが間違っているのかも?

カレンやC.C.とならむしろ望むところでしょうw
巻き髪オヤジとだったら、1時間も耐えられなさそう…

2008/8/25(月) 午後 11:17 ぱっく

顔アイコン

>恭弥さん
スザクはただでさえナンバーズですからね。
故郷を裏切ったと、みんなには思われているでしょう。
基本的に信用されていないのに、故郷でフレイヤをぶっ放しちゃったら、
こいつ平気か?と疑われても仕方無しです。

マリアンヌのキャラはどうかと…あんな感じなのにコーネリアの憧れとは。。。
コーネリアはホントはあんな感じになりたかったのかな??

2008/8/25(月) 午後 11:18 ぱっく

顔アイコン

>アンドロメガさん
マリアンヌにはいろいろとビックリですよね。
彼女が生存しているとなると、ルルーシュの今までは何だったのでしょう?
あまりにも酷すぎる…そしてマリアンヌはチャラすぎる。。。

ゼロは再び黒の騎士団に復帰できそうですね。
そうじゃないともうカレンの活躍が見れないですよ!頑張れ神楽耶&シンクー!!

ギルフォード…よかったね。ってかんじですよね。
姫にはロケットかなにかにギルフォードの写真を身につけてもらって、
ときどき見ながら、話しかけて欲しいです。

2008/8/25(月) 午後 11:18 ぱっく

マリアンヌが あまりに予想外なキャラで驚きました;;
「さすがはルルーシュの母親だ」っていうのは納得ですが、
この母で ナナリーが娘っていうのは納得とはいかなくて・・(^^ゞ

星刻は体調に不安があるので、最後にルルーシュの力となるのは
神楽耶とカレン、C.C. の “三人官女” ですかね〜♪(←希望!w)

2008/8/29(金) 午後 10:48 ゆき*ぱんだ

顔アイコン

マリアンヌは突然の登場とあの性格で驚かされてばかりです!
あの両親にしてルルーシュというのは分かりますけど、ナナリーは…ですよね。
ナナリーも身体が不自由でなければ、あんな感じになっていたのかも。

そういえば、シンクーは最近血を吐いてないですよねw
シンクー&神楽耶がギアスのことを知ったときどう反応するか?
見ものですね!!

2008/8/30(土) 午後 6:50 ぱっく

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事