アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
忍が言うには、月火は“しでの鳥”というホトトギスの怪異らしい。
ホトトギスには託卵の性質があり、このしでの鳥も人間に託卵するという。
15年前に暦の母親がしでの鳥に憑かれ、月火を身ごもったのだろうと。
しでの鳥は人間の姿をして生まれ、寿命を全うするまで不死身で生き続ける。
人に害を成すことは無い…ただ“偽物”ということだけ。


イメージ 2
駿河の家から帰って来た火憐は、玄関が潰されている家を見てがく然とする。
暦は自分にも理由は分からないが、ダンプカーにでも突っ込まれたんじゃないかとウソをつく。
素直にそれを信じ、玄関に座り込んでいた暦を見て、見張り番をしていたのだと思い、自分が変わると言う火憐。


イメージ 3
「お前さ、僕のために死ねるか?」
「死ねるよ、だからなに?」
「じゃあ、月火ちゃんのためには死ねるか?」
「死ねる、月火ちゃんは私の妹なんだ、当然だろ?」
「ああ、当然だ」


イメージ 4
「不死身ねぇ…展開があまりにも突然すぎてついていけねぇよ」
「えい!」
「なにすんじゃぁぁぁぁ!!!」


イメージ 5
「はははははっ!」
「なにがおかしいんだ!?」
「お前とチューしても、別に何も感じねぇと思ってさ」
「ドキドキもしねぇし、嬉しくもねぇ」
「お前やっぱり、僕の妹だよ」


イメージ 6
「僕はさ、お前のお兄ちゃんじゃなかったころがあるんだぜ」
「生まれてから3年間、僕は一人っ子だったし、次の1年間、2人兄妹だった」
「4年待って、ようやくお前のお兄ちゃんになったんだ」
「だけどな月火ちゃん、阿良々木月火は生まれた時から、ずっと僕の妹だったんだ」
「僕の妹で、火憐ちゃんの妹だった…そうじゃなかった時は、ひと時も無い」


イメージ 7
「行くのか?お前様よ」
「ああ、行くよ…アイツらのところへ、戦いに」
「何のために?」
「妹のために」
「それでお前様は、何を得る?」
「何も得ないよ、時間を少し失うだけだ」
「そうか」


イメージ 8
忍に血を吸わせる暦。
そして、余弦がいる学習塾跡へと向かう。


イメージ 9
「ほんで、どないするん?」
「基本的にうちらもバトルはウェルカムや、分かりやすいしな」
「幸い、お互い人間と怪異のコンビやねんし」
「…」


イメージ 10
「よし小娘、ワシらは下じゃ」
「年季の違いというものを思い知らせてやる」
「いいよ、分かった…そこまでパワーアップしたところで、未だあなたはボクより下だ」
「敬老の日は、まだ一カ月ほど先だけど、老骨に鞭打ってまでボクに年季の違いを思い知らせてくれると言うのなら、せっかくだから付き合ってあげるよ…おばあちゃん」
「ボクは決め顔でそう言った」
「二度と決め顔なんて出来なくしてやるわ」


イメージ 11
余弦と2人になった暦は、余弦にメメとの関係をたずねる。
余弦とメメ、そして貝木は、同じ大学の同期でオカルト研究会に入っていて、付き合いがあったらしい。
そして、月火が怪異だったということを知らせてくれたのは貝木だったと。


イメージ 12
「影縫さん、僕は妹の味方だよ」
「その妹は偽物や…本物や思うてた妹が、実は偽物やいうて知ってもうても、おどれはこれまでと同じように、その妹を愛せるんかいな?」
「愛せるさ、むしろこれまで以上に愛している」
「義理の妹なんざ…」
「萌えるだけだろうがぁぁぁ!!!」


イメージ 13
暦はそれで良くても、他の家族はどうなのかと問う余弦。
怪異と何も関係ない他の家族が、月火を受け入れることが出来るのか。
なにより、月火自身が自分のことを怪異だと知って、それまで通りに暮らせるものなのか。
そして、不死身の化物が人間に対して、どれほど残酷で傲慢になれるかは、暦も知っているはず。
そうなる前に、始末するのが自分の仕事だと話す。


イメージ 14
忍と戦っている余接の様子見がてら、暦を下の階に叩き落とす余弦。
すると、大口を叩いた割には、すでに余接は忍に倒されていた。
「ほんだら、うちとおどれらで決勝戦といこうか」


イメージ 15
イメージ 16
「はははははぁ!」
「いや、戦わない…」
「我が主様は、まだうぬごときは負けておらん」

「そうじゃろ?お前様よ」


イメージ 17
「そうだよ、僕はまだ負けていない」
「あなたの拳にも、あなたの言葉にも…僕は全く納得なんかしていない」
「おどれがどんな価値観持とうと、どんな正義感もとうが勝ってやけど…」
「そんな理想を他人に押し付けんなや」


イメージ 18
「他人じゃありません、家族です」
「家族には僕は理想を押し付けますよ」
「家族なんだからウソをつきます、ダマします、迷惑をかけます、面倒をかけます、借りを作ることもあるでしょう、恩を返せないこともあるでしょう…」
「でも、それでいいと思っています」


イメージ 19
「偽物であることが悪だと言うのなら、その悪は僕が背負います」
「偽ることが悪いことなら、僕は悪いヤツでいいんです」
(お兄ちゃん)
「(あいつがそう呼んでくれるなら、僕は全てそれでいい)」


イメージ 20
「性悪説か…」
人は生まれながらにして善性を有するというのが性善説で、その逆が性悪説。
人間の本質は欲望であり、人間は欲望に支配されている…人は生まれながらにして悪ということ。
故に人が善行を成すならば、それは偽りでしかない…偽りであり、偽物であり、偽善によるものでしかない。
貝木が言うには、善はもとより全て偽善であり、だからこそ、そこには善であろうとする意図があると。
本物と本物と区別がつかない偽物があったら、本物になろうという意志がある分、偽物の方が価値がある。
むしろ、本物よりも偽物の方が本物だと。


イメージ 21
「帰るで、うちらの負けや」
「アンリミテッド・ルールブック、鳥は取っても巣鳥は取るな」
「おどれの妹は、うちらの正義の例外ということにしといたる」


イメージ 22
「どこ行ってたの?」
「実はお前のために、怪物みてぇな人間と人間みてぇな怪物と戦って来たんだよ」
「それはお疲れ様のありがとう……あんま無理しないでね」
「無理させろよ、好きでやってるんだから」


イメージ 23
イメージ 24
「夏休み明けにさ、僕の彼女を紹介してやるよ」
「なにそれお兄ちゃん!彼女いたの?」
「うん、5月あたりから」
「プラチナむかつく!」
「余計なことチクんじゃねぇぞ」


どうやって解決するのかと思いきや、やはり“例外”にしてもらうというものでしたね。
その方法は、妹としては偽物の月火ちゃんを本物の家族だと証明すること。
そして、偽物の兄妹であっても、絆は本物以上だと見せることで、余弦さんの心を動かしましたね。
人をダマす怪異を退治するのが正義でも、家族を奪い壊すのは正義ではない。
さらに、家族をダマすことを月火ちゃんでなく阿良々木君が受け持つことで、月火ちゃんの悪を取り除くことができ、阿良々木君が月火ちゃんは怪異だと知ったことで、監視役にもなれますからね。
そこまで考えての言動ではないにしろ、結果的には例外にする条件が整ったという感じでしょう。

正直、義理の親は生みの親がいるということなのでショックは大きいですが、義理の兄弟については本物がいるわけではないので、ちょっとは動揺するかもしれないけど、何も変わらないような気がしますよね。
そして、家族だかどうかについては、血の繋がりなんてほとんど関係無いですよね。
血の繋がりが無ければ家族でないというならば、お嫁さんはどうするんだよと。
結局のところ、どんな形でも愛があってお互いが家族として繋がりを感じることができれば、それは家族だと思うんですよね…と、ボクは決め顔でそう言った(笑)

それにしても、貝木さんはやってくれましたねwww
てっきり、余弦さんを説得するのに、貝木さんの力を借りるのかと思っていましたが、むしろ元凶だったとは…^^;
まあ、結果的には貝木さんの言葉も、余弦さんを動かす要因となっていたので、なんとも言えませんけど。
阿良々木君に興味があったのか、仕返しがしたかったのかは分かりませんが、とりあえず貝木さんは、阿良々木君の周辺を調べていたということですよね…これまた、厄介な人に目をつけられてしまいましたね^^;

そして、阿良々木君にしても…確かに義理の妹は萌えるだけですね!その考え方は嫌いじゃないですww
でも、今までと変わらない気持ちを確かめるために、チューをするとはけしからん!!
もし、好きになっちゃったらどうするんですか!?w

ということで、物語シリーズの続編『偽物語』も今回で終了となりました。
エロなシーンが多くその印象が強くなりがちですが、タイトルにも入っている偽物と本物というテーマを、正義と悪、家族というものを使って描いた作品としては、なかなか見応があり考えさせられる作品でした。
本筋と関係ない会話も面白かったですし、作画も前作みたいな失態が無かったので満足できましたw
でも欲を言えば、3つのエピソードくらいで構成されていれば、もっとバランスもテンポも良く出来たのではないかと思いますが、それはテレビアニメの尺の都合ですからね。
もし3つとなると、阿良々木3姉妹になるということになりますが…それはちょっと見てみたいかもw


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 25
よーじょ忍ちゃんも良かったけど、ティーンな忍ちゃんもなかなか良いなぁ^^
スラリとしてとっても美人さん♪
そして、阿良々木君は忍ちゃんにも背を抜かれていましたねw


イメージ 26
ほんと、あんな大口叩いていたくせに、ほぼ瞬殺状態じゃないですかwww
売り言葉に買い言葉だったのか、ただ強がっていたのかは分かりませんが^^;
もう、完全に決め顔じゃないですねw

閉じる コメント(14)

顔アイコン

偽物は安定して面白かったですw
月火ちゃんがもっと目立ってもよかったなぁとは思いましたが。

2012/3/18(日) 午後 6:27 pino 返信する

顔アイコン

最後は偽物語らしい終わり方でしたね。
暦の家族、そして妹への思いを語るシーンはかっこよかったですね。
忍のティーンVerもかっこかったですし満足です。カカッ。

2012/3/18(日) 午後 6:48 japantraveler 返信する

顔アイコン

火憐ちゃんの笑いながら死んでやるがかっこ良すぎたw
ティーンもいいがやっぱりロリでw
偽物語が終わってしまうのは悲しいですw
とっても面白かったですw

2012/3/18(日) 午後 8:33 アニヲタ 返信する

顔アイコン

>ぴのさん
話は進まない回はありましたが、面白さは安定していましたね!
確かに月火ちゃんは、あまり目立っていなかったですね^^;

2012/3/18(日) 午後 9:31 ぱっく 返信する

顔アイコン

>japantravelerさん
まだまだ続くような終わり方でしたね。
まあ、続くのでしょうけど。
あれだけカッコ良く話されたら、余弦さんも認めないわけにはいかないでしょうねw
そういえば、「カカッ」って言わなくなりましたね。

2012/3/18(日) 午後 9:38 ぱっく 返信する

顔アイコン

>アニヲタさん
あんなカッコ恥ずかしいセリフがスラリと出ちゃうところが、阿良々木兄妹ですよねw
自分はよーじょと少女の日替わりで…(コラ!
次は劇場版の『傷物語』が待っていますよ!!

2012/3/18(日) 午後 9:42 ぱっく 返信する

顔アイコン

かれんビーで散々遊んだ?ためもあってか、つきひフェニックスの方はあまり話を横道にはそらさずにコンパクトに話をまとめてきましたね。ただ、内容的にも「偽物語」のタイトルに違わぬ考えさせられるものだったので、アニメとしてはこういうまとめ方も十分にありだったかとは思います。この、料理しにくい素材をよくぞここまでアニメ化できたものだと感心します。アニメ化発表以来楽しみにしてましたが、十分に満足できる内容でした。

ただ、原作では、かれんビーの後にひたぎがどうなっちゃったかとかの言及があるのですが、それはほんの一瞬最後に姿を見せてくれただけだったのが少々残念な気もします。

2012/3/18(日) 午後 10:23 くあい 返信する

顔アイコン

今回が最終回は残念ですが
傷物語も期待しています!

忍のキスショット状態(?)は凛々しいものでした

最終回でも暦がキスをするとは…

2012/3/19(月) 午前 1:42 [ ツバサ ] 返信する

顔アイコン

>くあいさん
『つきひフェニックス』くらいの配分が、ちょうどいい感じですね。
まあ、『つきひフェニックス』はテンポ良くやらないと面白さが落ちてしまいそうですから、『かれんビー』の方で遊びを多く入れたのかもしれませんが。
前作と同じく楽しめた作品でした。

ひたぎさんのことは、次のシリーズで補足するんですかね?
まあ、原作を呼んでいないので、このまま終わっても全然気になりませんでしたが。

2012/3/19(月) 午後 9:04 ぱっく 返信する

顔アイコン

>ツバサさん
全11話は短いですよね…自分ももっと見たいです!
まあ、『傷物語』があるので、それを楽しみに待ちたいと思います。

大きくなった忍ちゃんは凛々しかったですね!
できれば、戦闘シーンも見たかったかな。

これで、阿良々木君は妹たちを制覇しましたね!!w

2012/3/19(月) 午後 9:06 ぱっく 返信する

余弦に仕返しができず逃げられてしまい非常に歯がゆかったです。これまですべての話を見てきましたが面白い話はひとつもなかったので1クールでよかったです。

2012/3/25(日) 午前 8:33 [ 土地 ] 返信する

顔アイコン

>土地さん
そもそも、余弦さんに仕返しに行ったわけではありませんよ。
そして、勝ち負けで言ったら阿良々木君たちは勝っていますw
一つも面白くないということは、本当にこの作品が合わないのでしょうね^^;
続編があったら、1話も見ずに切った方がいいですよw

2012/3/25(日) 午後 11:42 ぱっく 返信する

顔アイコン

初めまして!
パックさんのブログ スゴイイイ です!!
友希送りますね♪

2012/3/30(金) 午前 1:27 **††墮天使makkipe846††** 返信する

顔アイコン

>小野乃恵留さん
こちらこそ初めまして。
ありがとうございます^^
友希了解しました♪

2012/3/30(金) 午後 8:21 ぱっく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事