アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「夢じゃないのね…本当にまた会いにきてくれたのね」
「ああ、そうだよ」
「ありがとう…最後に、これを返さないとね」
「あなたが最後の戦いに挑む時、きっと役に立つ」


イメージ 2
「私はね、幸せだよ」
「恋をして、愛されて、夫と娘と9年も…あなたは、全てを与えてくれた」
「すまない…君には、もっと外の世界を見せたかった」
「私が取りこぼした幸せがあるなら、残りは全部イリヤにあげて」
「あなたの娘に、私たちの大切なイリヤに」


イメージ 3
「じゃあ、行って来るよ」
「はい、お気をつけて…あなた」


イメージ 4
セイバーをライダーの潜伏先に向かわせ、自分は時臣を仕留めにいくという切嗣。
セイバーがことを起こせば、そこにアーチャーが現れる可能性が大きい、その隙をつくと。
「やっと、戻りましたね」
「昔のあなたの顔に」


イメージ 5
ライダーの潜伏先を探るセイバーだが、ライダーの気配は感じられなかった。
一方、切嗣は遠坂邸に結界が張られていないことを不審に思い、遠坂邸に侵入する。
そして、時臣が何者かに殺されたことを知る。


イメージ 6
そのころ、ウェイバーとライダーは、ライダーを召喚した森にいた。
実はライダーの宝具は、とんでもなく魔力を消耗するものだった。
今までは気付かなかったが、キャスターとの戦いでライダーの魔力も限界に近づいていた。
そこで、ライダーと相性が良いこの地で、魔力の回復に努めていたのだった。
ライダーの話では、日中を回復に費やせば、また夜にはひと暴れできるらしい。
その際には、まずはセイバーを倒すと言うライダー。
道を踏み誤ったセイバーを倒すのは、自分の務めだと。


イメージ 7
時臣との戦いで傷ついた雁夜。
だが、ここまで生き残るとは思わなかったと感心した臓硯は、秘蔵していた切り札を授けると言い出す。
それは、桜の純潔を最初にすすった蟲だった。


イメージ 8
「どうだ?雁夜よ、この1年喰らいに喰らった娘の精気…極上の魔力であろう」
「さあ戦うがいい、雁夜」
「桜から奪ったその命、存分に燃やし尽くせ」


イメージ 9
なぜ切嗣のために戦うのかとアイリに尋ねられた舞弥は、それ以外に何もないからだと答える。
自分は家族のことや、自分の名前さえも思い出せない…
久宇舞弥という名は、切嗣が最初に作ってくれた偽造パスポートで使っていた名前。
終わりの見えない戦争を続ける貧しい国で生まれた舞弥は、幼いころ兵士にさらわれて少年兵にされた。
過酷な日々を過ごし、心をすり減らした舞弥は、敵を狙って引き金を引く以外のことは捨てたという。
そんな自分を拾ってくれたのが切嗣なのだから、切嗣が思うがままに使ってくれればいいと。


イメージ 10
今度は、舞弥から切嗣のために戦う理由を尋ねられるアイリ。
自分は切嗣とセイバーに聖杯を勝ち取ってもらい、全ての闘争の終焉を望んでいる。
それは、聖杯戦争の終わりをも意味する…イリヤが普通の人間として生きていける未来が得られると。


イメージ 11
そこに突然、ライダーの襲撃が…
連絡を受けた切嗣が、令呪を使ってセイバーを土蔵に移動させるが、すでにアイリはさらわれていた。


イメージ 12
「早く、外へ…追って…ください…」
「ライダーが…マダムを…」
「だが、それでは…」
「私は、大丈夫…すぐに切嗣が…だから早く…」


イメージ 13
アイリを連れ去るライダーを確認したセイバーは、すぐに後を追う。


イメージ 14
そして、遅れて土蔵にやって来た切嗣は舞弥の元へ。
「ダメだよ、泣いたら…」
「それは、奥さんのために、とっておいて…ここで泣いたらダメ」
「あなた、弱いから…今はまだ、壊れちゃうのはダメ」
「今朝やっと…昔のままの切嗣になったんから…こんなことで揺れたらダメ」


イメージ 15
イメージ 16
「安心しろ舞弥、後はセイバーに任せろ」
「舞弥、お前の役目は…終わりだ」

「舞弥…舞弥…」



舞弥さんが死んじゃったけど、あんまりキャラの掘り下げが無かったので…
切嗣との出会いとか、これまでどう思って一緒に戦ってきたかを知ることが出来たら良かったんですけどね。
それと、切嗣やアイリに対して、どう思っているのかもあまり描写されていなかったのは残念。
まあ、普通に弱さを持っている切嗣のことが心配でしょうがないというのは分かりましたが。
BOX版ではそれらのシーンを追加してくれたら、舞弥さんの死への感じ方も変わると思うので期待したいです。

今回は、前々回、前回と続いた切嗣の過去話から、現代に戻ってきましたね。
間が空きすぎて忘れかけていましたが、キャスター&ランサー陣営と時臣が脱落したところまでだったはず。
宝具を繰り返し使ったイスカンダルさんは、実は消耗していて回復が必要。
ということで、イスカンダルさんを召喚した地で、回復に努めるウェイバー君とイスカンダルさん。
野外ということでカイロを買いこみ、精をつけるためにユンケルも飲むウェイバー君ですが、ウェイバー君にユンケルって、なんか薄い本が厚くなりそうですね!(コラコラ^^;

一方、雁夜おじさんは、なぜか上半身裸で鎖に繋がれて…これまた薄い本が(ry
そして、こちらも精をつけるために、桜ちゃんの初めてを奪った蟲さんをゴクリと…
うらやま…いやいや、いくらなんでもこれは無理ですよwwwww
臓硯さんは楽しくて仕方なさそうですが…コイツは本当にドSだなぁ^^;
そして、こんな物を飲んじゃったら、雁夜おじさんはもう恥ずかしくて桜ちゃんに会わす顔が無いですよねw

そして、もう回復の見込みが無いというか、あとは器となるのを待つだけのアイリさん。
2人きりになって舞弥さんと互いに切嗣と共に戦う理由について告白しますが、切嗣への恩返しという気持ちもありながら、やっぱりアイリさんはお母さんで、娘のイリヤちゃんの幸せを考えていたんですね。
切嗣と過ごした日々も、最初はただの命令だったのでしょうけど、切嗣との出会いから、生きる理由がどんどん増えていったのでしょうね。

そんななか突然、アイリさんがイスカンダルさんにさらわれてしまいました。
セイバーがいないところを襲って、アイリさんをさらうとはイスカンダルさんらしからぬ行動ですよね。
これって、本当にイスカンダルさんなんですかね??
夜までは回復に努めると言っていたし、気のせいかもしれませんが、空をプカプカ浮いていたような気が…
もし偽物だったら、誰の差し金なんでしょうね??
そして、もし本人だとしたら、なぜこんならしからぬ行為をしたのか気になりますね!


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 17
こんな可愛い子に、こんなモノが…ぎゃあぁぁぁぁ><
もう無理だと思うけど、おじさんなんとか助けてあげて!!


イメージ 18
テントを張らないでカイロで済ますのは、見通しをよくして警戒するためなのかな?
ユンケルらしきものかと思ったら、ユンケルそのものでしたw

閉じる コメント(4)

顔アイコン

泣きそうになったのは俺だけじゃないはず・・・。

2012/5/20(日) 午後 10:59 pino

顔アイコン

>ぴのさん
自分は舞弥さんの言いつけどおり、アイリさんの時のためにとっておきますw

2012/5/20(日) 午後 11:31 ぱっく

顔アイコン

>だが、ここまで生き残るとは思わなかったと感心した臓硯

視聴者の代弁やな

2012/5/26(土) 午後 1:36 ぽんこち

顔アイコン

>ぽんこちさん
雁夜おじさんは初登場から死亡フラグ立ちまくりでしたからねw
正直、1番最初に死ぬと思っていましたよ。

2012/5/26(土) 午後 11:37 ぱっく

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事