アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

いつからか、テレビの前から離れられないほどのアニメタイムになってしまった関東土曜深夜。
今クールもそれは変わらず、新番組が6本と再放送が3本ですか…^^;
ということで、今回は一気に5本!『絶対防衛レヴィアタン』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』『よんでますよ、アザゼルさん。Z』『波打際のむろみさん』『惡の華』の1話目感想です^^;

※期待度:★=1点, ☆=0.5点 の5点満点。

絶対防衛レヴィアタン #1「絶対仲間にするもん!」

イメージ 1
水と緑の惑星アクアフォール。
突如降り注いだ隕石群は悪しきモノを放ち、大地に生きる全ての生き物に消滅の危機が広がっていった。
竜族の少女・レヴィアタンは、日課である魔法の朝練中に妖精・シロップと出会う。
シロップは星の危機を救うべく“アクアフォール防衛隊”の隊員にレヴィアタンを勧誘するが、レヴィアタンにはシロップの言っていることが実感できなく、また街を離れられない理由もあったため断ってしまう。

前回の『ドリランド』は、子ども向けのような作りでしたが、今回は思いっきり萌えブタさん専用でしたね!w
キャスティングからして旬な人たちを集めていますし、キャラデザもそれっぽいですし。
でも、キャラデザはゲームのデザインの方が、個人的には好みだったかな。
まあ、ゲームのデザインでは動かしにくいので、ある程度変わってしまうのは仕方がないことなのですが。
こんな感じで、そちら方面に力を入れている分、やはりお話があまり盛り上がりませんね^^;
とはいえ、まだ始まったばかりですし、原作が無いのでどう転ぶか分かりませんから、生温かく見守りましょうw
とりあえず、バトルよりも水着回や温泉回を!!(コラコラ^^;
(★★☆・・)


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」

イメージ 2
留学先のアメリカから、京介に連れ戻される形で帰国した桐乃。
再会に沸くあやせをはじめ、友人たちに囲まれ、次第に日常を取り戻していく。
対照的に1年前の関係に戻ったかのように、自分を無視し続ける桐乃の態度に釈然としない京介。
そして、京介にはもう一つ釈然としないことがあった。
それは、桐乃を連れ帰るためアメリカへ向かう前に、キスをしてきた黒猫の態度のことだった…

1期のおさらいと京介が桐乃との絆を再確認するというだけの話でしたが、安心安定の面白さでしたね。
京介は相変わらずシスコンですし、オタモードの桐乃は、相変わらず言動がキモかったですしwww
結局、アメリカに行く前と何も変わらない(?)桐乃でしたが、黒猫の方は大分変わっていますよね。
瀬菜という仲間を得て、京介にはキスまでしてしまいましたからね。
桐乃方面は、そうそう動きもなさそうなので、2期は終盤近くまでは黒猫の動きが中心となっていくのかな??
そして、今回でラストまで描くということで、この物語がどういう結末を迎えるのかも楽しみです!
でも、全16話って、どうするんだろう?できるなら、全部テレビで放送して欲しいのですが…
(★★★★☆)


よんでますよ、アザゼルさん。Z #1「愚兄賢弟」

イメージ 3
悪魔探偵の芥辺によって、人間界に召還されたアザゼルとベルゼブブ。
芥辺に刃向おうとして酷い目に遭い続けてきた2人は、以前に天使によってグリモアを消去され、消滅させられたモルクの一族の後継者をそそのかし、芥辺と対決させようとする。
まずは、モルクをぬいぐるみと思わせて芥辺に近づけようとするが、早速、芥辺の助手のりん子に疑われ…

アニメ化までされているなんて、もっさん大人気ですね!w
そして、りん子ちゃんもたくましくなっていて、ケツを刺されても、すぐさまグリモアで地中深く埋めるほどのチョップを繰り出して反撃していましたからね…もはや、敵は芥辺だけじゃなさそうですよw
久しぶりに本来のアザゼルさんとベルゼブブの姿が見られて良かったですが、今回はいつもよりギャグが大人しかったので、次回ではお下品で衝撃的なギャグを期待したいですね!
(★★★☆・)


波打際のむろみさん #1「波打際のむろみさん」

イメージ 4
暇さえあればいつも釣りをしている高校生の向島拓朗。
ある日、竿に強い当たりを感じた拓朗が勢いよく釣り上げたのは、人魚のむろみさんだった。
流暢な博多弁をしゃべり、人間のように見えても、やっぱり魚なむろみさん。
拓朗を「たっくん」と呼び、好意を向けつつも拓朗を振り回すむろみさんに、拓朗は…

勢いだけで駆け抜けてしまうギャグ作品だったので、15分という放送枠はちょうど良かったですね!
瞬間ネタもさることながら、意外と下ネタも多くて、最後のネタではまさかのピー音が入るとは…
卵に精★をかけて欲しいというのは、むろみさんなりの求愛行為なのでしょうけど、それはちょっと無理かなw
そして、中の人が福岡出身ということだけあって、博多弁は完ぺきなのでしょうね!
まあ、東京出身の自分には、本物と偽物の違いなんて分かりませんが^^;
(★★★・・)


惡の華 #1

イメージ 5
ボードレールに心酔する中学2年生の春日高男。
仲間たちとふざけ合いながらも、文学こそが至高と信じる高男は、そこに身を置くことで自分に陶酔していた。
「クソムシが!」…眼前の教師に向かって中村佐和は、鋭く吐き捨てる。
佐和の眼に映る世界の全ては、ドロドロとした汚物に過ぎない。
閉塞的な小さな街のなかで、鬱積してゆく思春期特有の若者たちの激情はどこへ向かうのか…

放送までキャラデザの発表がされなかったので、何かあると思っていたのですが、実写で撮影したものをトレースしてアニメに起こすという“ロトスコープ”という技法を全編に渡って使った斬新な作品でした。
確かに、キャラの動きがリアルで作品の雰囲気には合っていると思いますが、原作ファンは複雑でしょうね。
個人的には、アニメならではの演出が見られず、作業が大変なせいか、カメラアングルが単調で、静止画や風景や物のカットが多くなっていて、アニメーションとしては、ちょっと退屈な作りな気がしました。
あと、キャラがあまり可愛くない!(ここ重要)でも、友だちのモジャモジャ頭はいい味出していましたね!w
とりあえず、なんか聴いたら呪われそうなED曲が、頭から離れませんwww「ハナガ…ハナガサイタヨ」
(★★★・・)


春アニメ1話目感想の第5弾は、月曜にアップ予定です。

この記事に

閉じる コメント(10)

俺妹はホント好きですし良かった
黒猫との関係がどうなるのか気になります

むろみさんは面白かったw
週刊で読んでたけどやっぱり好きだ

惡の華は俺的には無かったですね
思わず開始数分で消して、EDとかも知らず封印してます

2013/4/7(日) 午後 7:56 [ B猫@ワン子 ] 返信する

顔アイコン

アザゼルさんとむろみさんを見ました。
アザゼルさんは1期も強烈な印象を残したほど面白かったので、期待しています。
俺の妹〜は1期もみたので、期待していますが、
2期は関西の場合、放送局も変わり日程も関東と遅れて放送となってしまいました。
悪の華も観る予定ですが、作画がなにやら実験的なもののようですね。

2013/4/7(日) 午後 8:10 japantraveler 返信する

顔アイコン

>B猫さん
『俺妹。』はいつも通りで安定していますよね^^
黒猫とはどうなっちゃうのか気になります!
『むろみさん』は、畳みかけるようなテンポが良かったと思います。
『惡の華』は、話自体は面白そうなので、作画で好き嫌いがガッツリ別れちゃうのは、なんか残念な感じがしちゃいます。
是非ともED曲だけは聴いてみてください!w

2013/4/7(日) 午後 8:28 ぱっく 返信する

顔アイコン

>japantravelerさん
『アザゼルさん』の1期は衝撃的でしたからね!
今回もテンポの良いギャグの応酬を期待したいですね!!
『俺妹』は、東名阪では珍しく関西だけ遅れちゃいましたね^^;
『惡の華』は賛否両論ですが、原作を知らなければ、そんなにガッカリするものではないと思いますよ。
自分もなんだか酷いと聞いていましたが、それ程には感じませんでしたし。

2013/4/7(日) 午後 8:33 ぱっく 返信する

顔アイコン

よんでますよ、アザゼルさん。Z…OPからぶっ飛んでいましたね。第2期から見始めた人は予約を間違えたと思ったのではないでしょうかwりん子さんはたくましくなったというか、たくましくないとあの世界では生きていけませんからw
波打際のむろみさん…アザゼルさんのおまけで予約していて期待していなかったのですが、良い意味で裏切られました。それにしても、卵にあれをかけるというネタはいつか来るだろうなと思ったら、第1話からかましてくるとはw
惡の華…無理にアニメ化せずに実写にすればよかったのでは…。寂れた田舎町とか大して可愛くもない男の子や女の子とかリアルでいくらでも見れるわけでアニメでも見たいとは思わないです。それにEDは何か夜中にうなされそうだし。それにしてもカマトトぶるわけではありませんが、好きな娘の笛を舐めたいとか体操着を盗むとかいう話はたまに聞きますが、自分には全く意味がわかりませんw 削除

2013/4/7(日) 午後 10:44 [ イッチー ] 返信する

顔アイコン

俺妹。は安定感バツグンでした。桐乃バンザイv 悪の華は観るに耐えませんでした(笑)。

2013/4/8(月) 午後 8:43 たかむね 返信する

顔アイコン

>イッチーさん
『アザゼルさんZ』いきなり、もっさんでしたからね。
あれ?死んだんじゃなかったっけ?と目を疑いましたよw
りん子ちゃんもアザゼルさんたちの扱いが、手馴れてきましたよね^^;
『むろみさん』なんの説明も無く駆け抜けていった感じでしたよねw
ラストの卵ネタは酷過ぎですwww
『惡の華』まあ、普通は素直に実写にすればいいのにと思いますよね^^;
この作品の雰囲気のことも考えての手法なのでしょうけど、多くの原作ファンやアニメ好きは、こんな作り方は望んでいないですよね。
ED曲は意外と好きだったりしますw
アニメのために書き下ろしたのではなく、元々ある曲を見つけてきたらしいですよ。
体操着はクンカクンカしたいでしょ!!w

2013/4/8(月) 午後 11:27 ぱっく 返信する

顔アイコン

>たかむねさん
『俺妹。』は、2期目の1話目としては丁度良い話でしたよね!
『惡の華』は、やっぱり好みがガッツリ分かれますよね^^;

2013/4/8(月) 午後 11:31 ぱっく 返信する

『絶対防衛レヴィアタン』はテレビせとうちがないので見れません。
『俺妹』は『ヴァルヴレイヴ』の裏なので切ります。
『よんでますよ、アザゼルさん。Z』は面白いので視聴継続します。
『波打際のむろみさん』は全然面白くありませんでした。
『惡の華』は全然面白くありませんでした。

2013/4/20(土) 午前 1:05 [ 土地 ] 返信する

顔アイコン

>土地さん
『俺妹』は1期を見ていないとチンプンカンプンなので、『ヴァルヴレイヴ』を見た方が良さそうですね。
相変わらず、テレ東系のアニメはBSでの放送が無いんですね…^^;

2013/4/20(土) 午後 9:30 ぱっく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事