アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「理解出来ねぇなぁ、なんで人形を庇う?」
「妹だから…この子たちは、私の妹だから!」
「ただ、それだけよ」
「もう一人も死なせやしない!!」


イメージ 2
無力だと分かっていても、一方通行を前に一歩も引かない美琴。
すると…
「(あれで立ち上がれるはずが…)」


イメージ 3
「面白れえよ、お前…最高に、面白しれえぞぉ!!」
当麻に止めを刺しに向かう一方通行だったが、またもや当麻の右手に能力を無効化され…


イメージ 4
「歯を食いしばれよ最強」
「俺の最弱は、ちっとばかり響くぞ」


イメージ 5
「(この力はいつか世界そのものを敵に回し、本当に全てを滅ぼしてしまうかもしれない)」
「《だが、最強の先へと進化すれば、何かが変わるかも》」
「(力が争いを生むのなら、戦う気がおきなくなるほどの絶対的な存在になればいい)」
「(そうすれば、いつかまた…)」
「(そうすれば、もう誰も…)」


イメージ 6
「(ホント…)」
「(何やってんだ、俺)」


イメージ 7
イメージ 8
デパ地下で買ってきたクッキーを持って、当麻の見舞いにやって来た美琴。
だが当麻は、クッキーと言えば手作りだろうと、こだわりを語り始め…
「アンタ…」
「私に、どんなキャラ期待してんのよ!!」


イメージ 9
「実験、中止になったんだってな」
「だけど、私のせいでたくさんの…」
「お前がDNAマップを提供しなかったら、シスターズは生まれてくることもできなかったんだ」
「あの実験はいろいろ間違っていたけどさ」
「シスターズが生まれてきたことだけは、きっとお前は誇るべきなんだと思う」
「生まれてこなければ、喜ぶことも悲しむことも出来なかったんだから」


イメージ 10
「ケガの調子はどう?」
「あの少年に比べたら、たいしたことはありません」
「良かった」


イメージ 11
イメージ 12
「あのさ、私の顔なんて見たくないだろうし、許せないと思うけど」
「今後、世界の理解を得るのに、たくさんの障害があると思うの」
「だから…その…」
「私に何かできることがあっ…た…ら?」
「…」


イメージ 13
公園で出会った小さな姉妹と話しをする美琴と御坂妹。
その姉妹の妹の方が、美琴と御坂妹のどっちらが姉なのかを当てようとする。
そして、ゲコ太のグッズを持っていたため、美琴が妹だと判断されてしまい…


イメージ 14
「確かに彼女は、年齢にそぐわない幼稚な趣味で」
「ガサツで、短気で、ケンカっ早くて」
「そのくせ、好きなものを好きと言えない天の邪鬼ですが…」
「ミサカのために、命を捨てようとした困った姉です」


イメージ 15
「不思議です…昨晩の実験で、ミサカは死んでいるはずでした」
「それなのに、今この瞬間も活動を続けています」
「ミサカたちは、殺されるために作り出されました」
「しかし、お姉さまとあの少年によって、それが失われました」
「リストラです、無職です、絶賛路頭に迷い中です」
「だから…」


イメージ 16
「ミサカにも生きることの意味を見出されるよう、これからも一緒に探すのを付き合って下さい」
「と、ミサカは精一杯のワガママを言います」
「うん、よろしく」


イメージ 17
当麻の希望通り、手作りのクッキーを持って再びお見舞いに行く美琴。
だが、その途中で退院してきた当麻と出会ってしまう。
動揺と恥ずかしさから、お礼が言いたいのに、なかなか言い出せない。
「じゃあな、ビリビリ」


イメージ 18
イメージ 19
「御坂美琴!」
「私の名前、ビリビリじゃなくて、御坂美琴」
「いっつもいっつも、いいかげん覚えなさいよね!」
「またな、御坂」
「…」


イメージ 20
そして、シスターズは…


やはり、この美琴と御坂妹のやりとりは秀逸ですよね♪
さすがの長井監督も、このシーンは構成に手を加えず、ほぼ原作通りに再現していましたね。
このシーンについては、原作作画担当の冬川さんの手柄だと褒めざるを得ないですよね!
でも、ラストのゲコ太バッジを手にして笑顔になるシスターズのシーンを付け足したのは、さすが長井監督!
あのシーンで、9982号ちゃんも救われたような気がして泣けました><

それにしても、上条さんはタフを通り越して、もう化物ですよね^^;
右手のイマジンブレイカーよりも、そっちの方が何かの能力な気がするくらいに…w
ていうか、『超電磁砲』は、上条さんをボロボロにしすぎです!
高所から落下しただけでもかなりのダメージなのに、刺し傷まで追加しちゃって^^;
そりゃ、一通さんだって恐れおののきますよw

その一通さんですが『超電磁砲』では、なぜ計画に加担したのかが描かれていましたね。
自分の能力を恐れ、誰も傷つけることの無い、普通の生活を望んでいたようですが…
この計画でやってきたことを考えると本末転倒で、正に「何やってんだ、俺」ですよね^^;
まあ、それだけ置かれていた状況が異常過ぎて、まともな考えでは希望すら見出せなかったでしょうけど…
そこは確かに同情できますが、1万人も殺したこととは全く釣り合わないですからね。
今後も、やはりこの罪は消えることなく背負って生きていくわけですが、本編でどういう落としどころに持っていくのか、気になるところです。

で、こんな感動的にまとめてしまったら、残りの2カ月間はどうするんでしょうね??
だから、あれほど『妹達編』は後半に持って来た方がいいと言ったのに…w
これ以上の終わり方は難しいと思いますが、そこはアニメスタッフのお手並み拝見ってところですね!
とりあえず、次回はフレンダが再登場するみたいなので楽しみです^^


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 21
久しぶりの赤面美琴さん♪♪
今回もツンデレが絶好調でしたね!w


イメージ 22
やはり御坂妹はいいキャラしていますね。
シリアスもギャグもこなせる万能キャラですよ!
後半のオリジナルは、意外とあまり描かれていない美琴と御坂妹のエピソードだったら嬉しいなぁ♪
でも、『大覇星祭編』で御坂妹絡みの話があるから難しいかな??

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんばんは。
一方通行さんの内面を描けた事で、物語の深みが増しましたね。
やっとハッピーエンドで、たしかに残りの2ヶ月どうするのでしょう(笑)

2013/7/27(土) 午後 11:24 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

シスターズ編、とてもイイ終わり方を迎えましたね。
久々に美琴たんのデレが炸裂して満足ですよw
仰るとおり、このエピソードが良すぎて逆にこの先がちょっと不安ですねw特にオリジナル回とかが(笑)

2013/7/28(日) 午後 1:17 japantraveler 返信する

顔アイコン

>ハニー先輩さん
納得できるものかは別として、一通さんの事情も描けたので、そこは良かったですよね。
どんな話をもってくるんでしょうね?

2013/7/28(日) 午後 7:57 ぱっく 返信する

顔アイコン

>japantravelerさん
最高の終わり方をしただけに、この後どうするのか楽しみでもあり不安でもありますよね^^;
確かにオリジナル回は1期でも微妙なものが多かったので…w

2013/7/28(日) 午後 8:00 ぱっく 返信する

顔アイコン

悪党の後悔なんてどうでも良いです。上条パンチで月まで吹っ飛ばして欲しかったです!(笑)
でも御坂さん可愛かった〜。恋する乙女としても、姉としてもv

2013/7/28(日) 午後 8:21 たかむね 返信する

顔アイコン

>たかむねさん
でも、ここで後悔してくれないと、打ち止めちゃんが救われませんよ!
月まで吹っ飛ばすなんてもってのほかですw
やはり、美琴はヒロインなんですよ^^

2013/7/28(日) 午後 8:59 ぱっく 返信する

前半は暗かったのに後半が明るすぎです。

2013/8/3(土) 午前 0:57 [ 土地 ] 返信する

顔アイコン

>土地さん
前半と後半では、ガラリと雰囲気が変わっていますよね。

2013/8/3(土) 午後 9:59 ぱっく 返信する

顔アイコン

美琴かわいい!! 削除

2013/8/6(火) 午前 9:41 [ みここ ] 返信する

顔アイコン

>みここさん
赤面顔が最高に良かったですね^^

2013/8/6(火) 午後 8:36 ぱっく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事