アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
智花の調子が悪いのは、昴と同じチームで戦うことに緊張していると考えた真帆たち。
そこで、よりドキドキするようなことをして、その緊張を上書きしてしまおうという作戦だった。
真帆たちの作戦は無茶苦茶だったが、2人で話すことでお互いの気持ちを知り、智花の緊張を解くことができ、昴と智花の信頼度も増すのだった。


イメージ 2
翌日から、見違えるほどのプレーを見せる智花。
その一方、愛莉は万里のプレッシャーに負けて思うようにプレー出来ないでいた。


イメージ 3
また、昴は夏陽を相手に竜一への対策を練っていたが、昴のフェイクは夏陽にも通じない。
そのことで夏陽に挑発され、思わずスクープショットを放つ昴。
見事ゴールを決める昴だが、まだ入る確率が低すぎるから使えないと言う。
「なっさけねぇ〜の」
「失敗ビビって撃たねぇより、撃った方がいいじゃん」
「そうかもな」


イメージ 4
智花を相手に練習をすると、なぜか昴のフェイクも上手くいく。
昴は自然体でフェイクを仕掛けてくるので、何が起こるのか分からないと話す智花。
その言葉に、昴はあることに気付く。


イメージ 5
そして、再戦の日がやってくる。
「再戦を挑んでくるってことは、俺を止められる自身が出来たってわけだ」
「悔しいが、今の俺じゃお前は止められない」
「でも、負けない」
「俺が勝てなくても、チームが負けなければそれでいい!」


イメージ 6
以前と違って昴のパスに反応し、見事にシュートを決める智花。
だが、愛莉はまだ相手を怖がってしまい、上手く動けないでいた。


イメージ 7
イメージ 8
自分の不甲斐なさに、悔しくて泣いてしまう愛莉に万里は声をかける。
「今日の相手、そんなに怖いか?」
「ごめんなさい」
「じゃあ、どれくらい怖い?」
「例えば、俺よりも怖い相手か?」


イメージ 9
「お兄ちゃんの方が、ずっとずっと怖かった」
「そっか、じゃあもう大丈夫だ」
「愛莉は弱虫じゃない、行って来い!」
「今はお兄ちゃんのこと怖くないよ、優しいって知ってるから」


イメージ 10
今度は相手を怖がらず、シュートを決める愛莉。


イメージ 11
さらに、智花が昴を抜いた竜一を止める。
まぐれかと思い、もう一度仕掛ける竜一だが、またしても止められてしまう。
昴はパスを出す時には不満そうな顔をし、勝負を仕掛ける時には自信ありげな顔をする竜一のクセを見抜き、智花にサインを送って2人がかりで止めていたのだった。


イメージ 12
そして、大差をつけた昴は、竜一に1対1を申し込む。
「見せてみろよ、お前の意地ってヤツを」
「ああ、そのつもりだ」


イメージ 13
まずは、昴が意表をつくスクープショットを決め、竜一を警戒させる。
次は竜一がオフェンスの番だが、昴を止めると闘志を燃やし、再び昴にオフェンスをさせる。


イメージ 14
逆に闘志をむき出しにすることなく、自然体で勝負を仕掛けて竜一を抜く昴。
昴はウソを本気に見せることは下手だが、その気があるのにそう見せない自然体のフェイクは得意だったのだ。


イメージ 15
なんとかして昴を止めようと、何度も挑む竜一。
結局、負けてしまったが、竜一は昴との勝負を楽しんでいた。
そして、1年後にチームとしての再戦を約束する昴と竜一。


イメージ 16
「今日は本当にありがとう」
「2人とも最高だったよ!一緒に出来て楽しかった」
「私もです!それに、パートナーと言っていただいて嬉しかったです!!」
「あの…私もなれるでしょうか?長谷川さんのパートナーに」


イメージ 17
「「ちょっと待った!!」」
「ずるいずるい!私たちだって、すばるんのパートナーになりたい!!」
「もちろん、みんな大切なパートナーだよ」
「さあ!みんなでバスケしようか!!」


前回のあの衝撃的な引きは何だったのかというくらい、普通にお泊りしていましたね^^;
おいおい、湊家と長谷川家の親たちは何を考えているんだよwww
さすがに、小学生の女の子がお泊りをするのに、相手の家に連絡をしないわけはないですし、泊める方も連絡を取るのが普通だと思うので、何も知らないということはないでしょうね。
もしかすると、両家の間で本当に婚約を交わしているのではないかと疑いたくなりますよw
それと、泊めるにしても同じ部屋で寝かすのはさすがに不味いだろ^^;
でも、こんな凄いイベントがあっても、ただもっかんの緊張をほぐすだけという恐ろしい展開に脱帽ですw

ということで、お泊りなんて重大事件を華麗にスルーして、普通にスポコンモードに入ってしまいましたねw
昴のフェイクが竜一に通じなかったのは、フェイクが不自然だったからみたいで。
その逆で、自然に見せるのは上手いようですね。
要するにウソを本当に見せるのは下手だけど、本当を隠すのは得意ということですよね。
なるほど、それで本当はロリコンなのに、そうと思わせないことが得意なわけか!(オイオイw
そのことをもっかんに気付かせてもらい、オフェンスでは昴が圧勝でしたね!
でも、負けた竜一も強い相手とやると楽しくなってしまうタイプの人みたいで、昴を認めてフルコートでの再戦を約束するという、気持ちの良いスポコンらしい展開を見せてくれました^^

一方、アイリーンの方もスポコンの王道展開でしたね!
まあ、どう考えてもバンリーンの方が、迫力があって普通に見ても怖いですからねw
それに比べたら、眞弓さんなんて、怖いどころか顔をペロペロしたいくらいですよ♪(コラ!
そんな妹にまで怖がられていたバンリーンも、アイリーンに「優しいって知っているから」と、ようやく言ってもらえましたね!良かった良かった…お兄ちゃん冥利につきますね^^

で、最後は恒例のハーレムエンドwww
もう、昴がモテモテすぎて、爆発して欲しいですよ^^;
そして、葵ちゃんは小学生に混じって、昴に駆け寄っている場合じゃないぞ!w
もっと、危機感を持って!!


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 18
もう、いろいろとアウトな気がする…
本当に自然体なフェイントがお得意なようでw


イメージ 19
アイリーンを気にかけるひなちゃんが大天使すぐる!!

閉じる コメント(2)

すばるんの顔近すぎwΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

2013/8/5(月) 午後 9:49 [ B猫@ワン子 ] 返信する

顔アイコン

>B猫さん
誰もいなかったら完全にキスしますw

2013/8/5(月) 午後 11:37 ぱっく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事