アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
400年前、オーロラが見たくて南極に滞在していた忍。
しかし、周りに人がいなかったため怪異譚が成立せず、存在力が弱まったように感じるようになる。
このままではマズいと思い、慌てて南極から飛び出した拍子に落ちた先が日本だった。
着地地点には湖があり、忍が着地した衝撃で湖の水は跳ね上がる。
その水は雨となって日照りで乾いた周りの集落の土地を潤した。
そして、着地を目撃した住人の証言が瞬く間に広がり、忍は神として崇められたのだった。


イメージ 2
神として扱われて快適に暮らし、たまに雨を降らせたりと神らしい仕事もしながら過ごしていた忍。
そんな生活のなかで出会ったのが、忍が最初に眷属にした人間…“初代怪異殺し”だった。
初代怪異殺しは、別に忍を退治しに来たのではなく、神の噂を聞きつけ様子をうかがいに来ただけだった。
その後も何度か会話を交わし、怪異退治の手伝いもする仲になった。


イメージ 3
しばらくすると、周辺で人が消える事件が起き始める。
怪異の仕業かと思い忍は調べてみたが、その痕跡はなく人間の仕業と判断し、それ以上手出しはしなかった。
だが、人々は次々と消えていき、ついには周辺の住民は誰もいなくなった。
神としての忍を知っていた者は、誰も…
思えば、負のエネルギーを集める自分が滞在しているにもかかわらず、それがこの場には全く集まっていないということも気にはなっていたが、分からないので寝てしまったという。


イメージ 4
そして、初代怪異殺しの周りの人間も消えていった。
相談を受けた忍は、一緒に調査することにしたが、結果は変わらず、住民は誰も見つからない。
するとそこに、あの“くらやみ”が現れたのだった。
2人ともくらやみに飲み込まれ、忍は身体を4分の3ほど持っていかれたが、何とか逃げ出すことに成功する。


イメージ 5
南極まで飛んで逃げた忍は、また一人になった…
かろうじて残った初代怪異殺しの右手首と共に。
孤独を感じ、くらやみの脅威に不安になった忍は、初代怪異殺しを眷属として蘇らせた。
だが、初代怪異殺しはその事実に錯乱し、忍に恨みを言いながら、太陽の下に出て灰になって消滅したという。


今回は忍ちゃんが初めて日本に来た時のことや、初代怪異殺しとの出会い、“くらやみ”との遭遇、最初の眷属を作り、そして、その眷属が目の前で消滅するまでのお話が淡々と語られただけでしたね。
話を聞いていると、阿良々木君が忍ちゃんと出会った時のことを重ねていたり、2人の中では周知の事実があったりと、2人の出会いのエピソードの『傷物語』を知らないからなのか、よく何か分からないことがありました。
なので、本当に淡々と、しかも作画も絵巻風で綺麗でしたが、動きが無くて正直退屈に感じてしまって…^^;
まあ、この話も、『傷物語』を見た後に見直したら、印象がだいぶ変わるのでしょうね。
でもやはり、この作品はキャラ同士の掛け合いが面白いのだと痛感させられましたw

今回の話で、くらやみが出現した状況を知ることが出来ましたが、結局何だったのかは、よく分かりませんね。
とりあえず、偽りの神とその存在を知る者たちが、くらやみに飲まれ消されていったとでしたが、くらやみは偽物をこの世から消すために出現するということなのかな??
そうなると、なぜ阿良々木君や真宵の前に現れたのか、ますます分かんなくなってきましたが^^;
それとも、もっと違う意味があるのか…
いずれにせよ、今回で推理の材料がだいぶ揃ったようなので、あとは解答編を待つことにしましょうw


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 6
絵巻物風も良かったけど、ここは普通の作画でも見てみたい!
特に右のおヌードを是非!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

暦と忍しか喋らなかった回でしたけど、それでも楽しめましたね。
こういう回が成り立つのも物語シリーズだからこそという感じがします。

2013/11/3(日) 午後 6:17 japantraveler

顔アイコン

>japantravelerさん
内容は興味深かったけど、いつもよりはちょっと退屈だったかも…

2013/11/3(日) 午後 10:20 ぱっく

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事