アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
ついに仲間は4人になった。
リーダーとなって揺るぎない自信を持った理樹は、部屋に閉じこもった恭介を迎えに行く。
幼いころ、恭介が自分にしてくれたように、今度は自分が恭介を助けると。


イメージ 2
一方、恭介はこれまでのことを思い出していた。
恭介は何度も繰り返し、一つのことをやり遂げようとしていた。
そのために作り上げたのが、この世界。
これから起こる過酷な現実に理樹と鈴が絶望せず、立ち向かえるように強くするための世界。
そして、人生に心残りがあった小毬、唯湖、葉留佳、クド、美魚をそれに巻き込んだ。


イメージ 3
失敗する度に、最初の日に戻ってやり直す。
そうしていくうちに理樹は、いろんな困難を乗り越えられる強さを身につけていった。
しかし、この世界を支える力は、次第に衰えを見せていた。


イメージ 4
最後の課題で恭介は鈴を一人にして、鈴の強さを試そうとした。
しかし、理樹と鈴はその試練に耐えられず、2人で逃げ出してしまった。
それでも恭介は続ける…どんなことをしても、何度でも。


イメージ 5
イメージ 6
そして、理樹は本当に強くなった。
「恭介、来たよ!僕らは、リトルバスターズだ!!」
「(さあ、任せたぞ…理樹)」
「(全てが終わった)」
「(そして、ここからが全ての始まりだ)」


ついに、この世界の秘密について明かされましたね!
でも、理樹にこの世界の秘密に気付けというのは、いくらなんでも無理があるでしょ^^;
自分と鈴ちゃんのために恭介が奇跡な世界を作り、小毬ちゃんら協力者と共に自分たちが強い人間になれるように導いてくれて、さらに失敗する度に繰り返しているなんてことに気付けたら、それは強い人間ではなく頭がファンタジーな人間になってないと無理ですよねw
まあ、理樹が強くならなきゃいけないということに、気付いて欲しかったという意味なのかもしれませんが。

ということで、恭介の一人語りで語られた種明かし回でしたが…
どうやら、バス事故か何かで、理樹と鈴ちゃん以外は、みんな死んでしまうみたいですね。
前回のループで鈴ちゃんが行った学校の状況と同じですが、あれは予行練習みたいなものだったのかな?
そして、そんな状況になっても絶望せずに生きていけるか心配した恭介が、この世界を作ったみたいですね。

でも、ガソリンが引火しないように、恭介が身を挺して防いで時間稼ぎをしていることで、この世界が保たれているというならば、自分たちが死んで絶望している2人の姿を恭介は、まだ見ていないということですよね?
そもそも、みんな死んでしまうなんて、この状況でどうして分かるのかな??
それもまた、この後に明かされるのでしょうけど気になりますね。

もし、この先を恭介が見ていないのならば、意外と恭介の取り越し苦労で、理樹と鈴ちゃんなら時間はかかっても、何とか乗り切れちゃっていたかもしれませんよねw
まあ、そう思えるのも、次第に強くなっていく理樹と鈴ちゃんを見ていたからなのかもしれませんが。
とりえあえず、恭介が世界の理を捻じ曲げちゃうくらい理樹と鈴ちゃんが大好きだということは分かりましたよ^^

次回からは、この絶望的状況へ向けて時間が進み出すみたいですね。
果たして、理樹と鈴ちゃんは、こんな状況に置かれても絶望せずに前に進むことが出来るのか!?
そして、2人だけがなぜ助かったのかも気になるところです!


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 7
鈴ちゃんの人見知りが治ったのは、9割がた小毬ちゃんのお蔭ですよね!
そして、小毬ちゃんの髪飾りの星に願った2つ目のお願いは、やっぱり…


イメージ 8
恭介に会いに行く前に、またバッチリ決めてきましたね!w
でも、謙吾は髪を降ろした方がカッコ良いと思うのだがw

閉じる コメント(6)

顔アイコン

死んでませんよ!
まだ、ね

ちなみに恭介が能力者っていうより、恭介の想いが波紋になって他のメンツに広がり、膨れ上がって作られた世界
key原作の世界観には必ず解明されない、不思議な力があるのでそこは突っ込まないでくれたらな、と

ONEの永遠の世界、Airの翼人、KANONの奇跡、クラナドの光の玉と街

これらは、何故そんな力があるのか、何故生み出せたのかは解明されないので、お家芸だと思って頂ければな、と思います

恭介が付いてきてるのは、勝手にバスに忍び込んだからです
リキとリンが無事なのは、ある人物達が身を呈して頑張ったので

一話の時点で何度も現実世界と行き来していた、恭介の精神力は半端無いものなんです
普通なら激痛とストレスで、あんな生活は見せられないと思います

話の核はそこではなく、絆をテーマにしてるので

2013/12/7(土) 午後 11:58 [ win*_z*r*_cost*m_*867 ] 返信する

顔アイコン

win*_z*r*_cost*m_*867 さんが
自分の言いたいことを全部言ってくれてましたねw

Key作品には不思議はつきもので
そんな中に絆(今回は仲間、クラナドは家族でした)をテーマに
魅せてくれるストーリー展開がウリです

2013/12/8(日) 午後 3:12 [ 空蝉 ] 返信する

顔アイコン

>win*_z*r*_cost*m_*867さん
まだ生きているのに、なんでみんなの死を確信しているのか気になりますが、そこも次回に明かされそうですね。

Key作品お得意のファンタジー展開にはもう馴れたので、そこは突っ込むつもりはないですが、まあまたかということでw

2013/12/8(日) 午後 8:09 ぱっく 返信する

顔アイコン

>空蝉さん
Key作品=現実の中にファンタジー要素が混ざっている作品だという風に見ているので、そこら辺にはもう拒否反応は出ませんけどね。
最初のころはなんだこりゃ?と思っていましたがw

2013/12/8(日) 午後 8:16 ぱっく 返信する

確かに秘密が少しわかりました。次回も気になります。

2013/12/10(火) 午前 0:58 [ 土地 ] 返信する

顔アイコン

>土地さん
次回が山場になりそうですよね!

2013/12/11(水) 午後 10:57 ぱっく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事