アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
豊音の連荘を阻止しようと、攻勢に出る石戸霞。
明らかに雰囲気が変わった霞は、いきなり跳満を上がる。
そして、この場が変化していることに気付く…霞以外の3人が絶一門状態になっていると。


イメージ 2
そんななか、恭子は昔から慣れ親しんだ三麻を思い出し、三麻のつもりで手を進めてツモ上がりを見せる。
恭子の活躍に湧く一同。
だが、初美には咲がワザと恭子の鳴ける牌を捨てていたように見えた。


イメージ 3
そして、遂に咲が動き出す。
カンをしてリーチをかける咲…その咲を追いかけて豊音もリーチをかける。
次巡に咲がツモったのは、豊音の上がり牌だったが、咲にとっては槓材でもあった。


イメージ 4
イメージ 5
「さっきの嶺上牌も、ピンズではなかった」
「つまりそこが、今の石戸霞の弱点」
「豊音の先負も無効化せずに受け切っている」
「これが、天江衣を倒した清澄の大将…」
「宮永咲」


イメージ 6
「ツモ、嶺上開花」
「2,000・4,000です」


イメージ 7
今度は嶺上開花ではなく、ポンとカンを駆使して上がる咲。
さらに、その次は嶺上開花で上がっていく。
「(今度は普通に嶺上開花…)」
「(やりたい放題やないか!)」


イメージ 8
「カン!」


イメージ 9
イメージ 10
「(えっ!?嶺上開花じゃなく…)」
「(ツモ切り!?)」
「(今まで感じたことのないようなプレッシャーだったのに、手牌にすら入れないなんて…)」
「(ちょー怖いんだけどー)」


遂に魔王様が本気を出してしまいましたね!!
ただ嶺上牌をツモって切っているだけなのに、このプレッシャーは一体何!?w
まあ、魔王様が嶺上牌をツモって捨てただけで、戦慄が走る末原ちゃんたちは大げさのようにも見えますが、今までいとも簡単に嶺上開花を見せて来たのに、まるで切ることを前提としたように嶺上牌をツモったことに、きっと何かがあるのだと恐怖を感じてしまうのも無理はないですよね^^;

そして、今回の魔王様のオーラは半端なかったですね!!
離れた控室にあるモノクルを破壊したり、オッパイお化けさんのお胸様を揺らしたりとw
もう、人間のレベルなんて、とっくに超えちゃっていますよwww
そういえば、衣ちゃんもライトやカメラを壊したり、停電を起こしたりしていましたよね。
やはり、このレベルの雀士(笑)になると、そんなことは当たり前なんでしょうかね?w

そんな魔王様の活躍ですが、必ずしも力でねじ伏せているわけではないんですよね。
熊倉先生が解説している通り、相手の能力を無効化するのではなく、受けきって逆に自分の力にしているところは、さすが魔王様といったところ!
まあ、それ故に凡人にとっては「やりたい放題やないか!」と、手も足も出なくなっちゃいますよね^^;

ほんと、咲さんが魔王モードになると俄然、面白くなりますよね!!
でも、明らかに主人公の活躍の仕方じゃないよな^^;


◇今日のプチお気に入り!◇

イメージ 11
せっかく本領を発揮した霞さんでしたが…
魔王様の前では、その力すら逆に使われてしまいましたね^^;
まあとりあえず、小さいころの霞さんと、なぜだか服がはだけちゃってる姿が見られたので良しとしましょう!w


イメージ 12
はい!これがこの作品の主人公・宮永咲ちゃんです♪
ちょー怖いんですけどーwww

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事