アニメを見て感想を書くよ!

アニメなどのレギュラー記事は、しばらくの間お休みします。【記事はネタバレ注意】

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

随分と遅れてのスタートとなった本作品ですが………
では、2015年冬期スタート作品のラストを飾る『ISUCA』の1話目感想です!w

※期待度:★=1点, ☆=0.5点 の5点満点。

ISUCA #1「邂逅」

イメージ 1
高校2年生の浅野真一郎が夜道を歩いていると、突然、美女に化けたムカデの化物に襲われる。
そんな絶体絶命の真一郎を助けたのは、弓矢を持った少女だった。
翌日、旧校舎で女生徒が巨大な化物に襲われた現場に遭遇する真一郎。
逃げた化物を追った真一郎は、その先で弓矢を武器にする少女・島津朔邪と出会う。
なんと朔邪は、妖魔退治を生業とする島津家第37代目当主だったのだ。

いきなりの黒いモヤで笑いましたが、あのムカデが素っ裸な女の人である意味がどこにあったのでしょうね?^^;
ひと昔前の退魔ものアニメみたいな内容で、キャラデザや戦い方などにも目新しいものがなく、客観的に見て何でこんな内容の作品をアニメ化しようと思ったのか、売ろうと思ったのか、全然分からないです。
冒頭でいきなりおヌードを出したのを見るに、エロければ売れるとでも考えたのかな?そんなに甘くないだろ^^;
まあ、個人的には本当に頭を空っぽにして見られる作品なので、片手間に見るのにちょうどいいかもw
それにしても、木戸ちゃんの主演作ってこんな微妙な作品ばかりだなぁ…ほんと、なんとかしてあげてよ!w
(★★・・・)

開く コメント(2)

予告通り、23日スタートの『ISUCA』はまだですが、先にまとめを上げてしまいます。
ここまでで25作品を見てきましたが、このくらいがいい量かもしれませんね。
30作品を超えると、見るだけでいっぱいいっぱいになってしまうので^^;
ということで、2015年冬アニメの1話目感想まとめです。

※星の数は作品の評価や満足度ではなく、あくまでも“期待度”なので、あしからず。
冬アニメ期待度一覧(1話視聴時点:5点満点)
★★★★★(5.0点)
『アイドルマスター シンデレラガールズ』 『蒼穹のファフナー EXODUS』
『デュラララ!!×2 承』
★★★★☆(4.5点)
『暗殺教室』
★★★★・(4.0点)
『艦隊これくしょん -艦これ-』 『幸腹グラフィティ』 『アルドノア・ゼロ』
『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』 『黒子のバスケ』
★★★☆・(3.5点)
『ユリ熊嵐』 『神様はじめました◎』 『新妹魔王の契約者』 『東京喰種√A』
『銃皇無尽のファフニール』 『夜ノヤッターマン』 『純潔のマリア』
★★★・・(3.0点)
『アブソリュート・デュオ』 『冴えない彼女の育てかた』 『デス・パレード』
『DOG DAYS”』 『ローリング☆ガールズ』
★★☆・・(2.5点)
『美男高校地球防衛部LOVE!』 『少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 50-』
『聖剣使いの禁呪詠唱』
★★・・・(2.0点)
『戦国無双』


期待していた作品が、期待通りの滑り出しというのは、本当に嬉しいですよね!
特に『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、期待以上の出来で逆にビックリしましたよ!!
100人以上キャラがいるので、どうするのかと思いきや、初回はシンプルに卯月ちゃんと凛ちゃんだけ。
でも、この2人だけにスポットを当てたことで、自分を含めたゲーム未プレイ組にも、入りやすかったと思います。
あと、なんといっても武内Pがインパクトのあるキャラで、アイドル以外の楽しみも増えましたw

『蒼穹のファフナー』 『デュラララ』は、2期目とあって、安定ワクワクな初回でした。
両方とも、それぞれの作品が持つ雰囲気がちゃんと出ていて、1期目の興奮が蘇ってきましたよ。
原作未読ですが『暗殺教室』は、さすがジャンプ原作といった感じで、初回から視聴者の心をつかむのが上手く、殺せんせーの正体や目的が気になって、早く続きが見たいと思えました。

そして、みんなの期待と不安を受けて始まった『艦これ』ですが、個人的にはこんなものかと。
こちらはゲームをプレイしているので、どっとキャラを出されても問題なくついていけますしw
日常シーンは、花田大先生はお得意なので、それなりに楽しく見られましたし、戦闘シーンも一見シュールですが、迫力が感じられるように工夫してあって、良かったと思います。
ただ、初見の人はキャラが多すぎな上に、紹介も不親切だったので、ちょっと戸惑ったでしょうね。
それと、隙あらば入れてくる原作セリフは、ちょっと強引で違和感が出てしまっていて残念でした。
あとは、『アルドノア・ゼロ』 『ユリ熊嵐』 『夜ノヤッターマン』や『東京喰種√A』など、オリジナル作品、アニメオリジナル展開作品は、1話目からのつかみもバッチリで、今後も期待出来そう。

その他は、大体予想通りな感じでしたが、『ローリング☆ガールズ』は、今後の展開によっては、どっちに転ぶか分からない初回で、なんとも評価しがたかったです。
『冴えない彼女の育てかた』は、いきなりのアニメオリジナル温泉回でしたが、キャラの紹介も何もないので、ただ肌色が多いだけでイマイチでした…まあ、キャラは可愛かったので、視聴意欲は削がれなかったですが^^;
『美男高校地球防衛部LOVE!』は、変身する前ならギャグ作品として普通に楽しめそうですw

といった感じで、今期はビッグタイトルが好調なので、楽しみな季節になりそうです!
あとは、現在ノーマークの作品が良い方に化けて、より賑やかにしてもらいたいものですね^^


◎最後は冬の嫁候補です。
イメージ 1
渋谷凛(アイドルマスター シンデレラガールズ)…クールな性格と見た目はどストライク!あと意外と優しい^^
島村卯月(アイドルマスター シンデレラガールズ)…前向きで明るく表情もコロコロ変わって可愛いです♪
町子リョウ(幸腹グラフィティ)…お嫁さんに来て欲しい!まだ中二だけど、身体は十分に…(コラ!


開く コメント(6)

23日スタートの『ISUCA』が残っていますが、とりあえずここで1話目感想は締めたいと思います。
これまでに25作品を見てきましたが、なかなか面白そうな作品が多くて、今後が楽しみですね♪
では、とりあえずのラストになります『黒子のバスケ』の1話目感想です。(1話目じゃないけど^^;

※期待度:★=1点, ☆=0.5点 の5点満点。

黒子のバスケ #51「全力でやってるだけなんで」

イメージ 1
“キセキの世代”の青峰を擁する桐皇学園、紫原を擁する陽泉を立て続けに撃破し、すっかり注目校の一つとなった誠凛高校バスケットボール部は、ウインターカップ準決勝へ向けて決意を新たにする。
一方、黒子に背中を押され、氷室と和解するために場外へ出た火神は、男に絡まれる氷室とアレックスの姿を目にして助けに入る…その男は、福田総合学園の灰崎祥吾。
帝光中出身で、黄瀬が入部する以前は1軍スタメンだったというが…

インタビュー形式でこれまでの試合を見せてくれたので、すんなり入っていけましたね。
さらにインタビューの中で、誠凛バスケ部員の特徴を分かりやすく描いてくれたのも、上手かったと思います。
今回で51話目という長いシリーズになるので、ここらへんの配慮は本当にありがたいです。
それにしても、灰崎はとんでもなく嫌なヤツですね!アレックス姉さんに手を出すとは許すまじ!!
これは赤司が退部させるのも無理ないですよ…あんなのがいたら、不祥事で出場停止くらっちゃいますもの^^;
なので、黄瀬くんにバシッとやっつけて欲しいところですが、アップで膝がプルプルしていたのが心配なところ。
灰崎との戦いを前にしての武者震いならいいのだけど…w
(★★★★・)

冬アニメ1話目感想まとめは、木or金曜にアップ予定です。

開く コメント(2)

これで、冬アニメもひと段落といったところですね。
冬アニメは一気に始まることが多いので、1話目感想も追いつくのにやっとって感じです^^;
そのせいで、レギュラー感想記事が全くかけてないという…
ということで、今回は関東日曜スタートの『夜ノヤッターマン』『純潔のマリア』『ローリング☆ガールズ』『聖剣使いの禁呪詠唱』『戦国無双』の1話目感想です。

※期待度:★=1点, ☆=0.5点 の5点満点。

夜ノヤッターマ #1「世界は真っ暗闇」

イメージ 1
ドロンボー一味との長き戦いを制したヤッターマンだが、ヤッター・キングダムは平和な楽園ではなかった…
辺境の地に住む少女レパードは、病気の母親に手を差し伸べるどころか、銃撃をもって追い返したヤッター・キングダムを統治するヤッターマンに恨みを抱き、復讐しようと決起。
先祖の大泥棒ドロンボー一味のリーダーだった“ドロンジョ”を名乗り、同じく先祖がドロンボーだったヴォルトカッツェとエレパントゥスを手下として、新生ドロンボーとして立ち上げるのだった。

レパードちゃんがヤッターマンに復讐を誓うまでの流れが、ちょっと雑なように感じました。
いきなり不法入国しようとしたら、そりゃ撃たれる気はしますが…^^;
確かにヤッターマンは凶悪そうでしたが、ここら辺をもっと、説得力のある展開が欲しかった気はします。
とはいえ、ヤッターマンが悪者で、ドロンボーが正義の様に描かくというのが、斬新で面白そうですよね!
レパードちゃんたちが、どう復讐するのか、ヤッター・キングダムをどうするのか気になりますし。
(★★★☆・)


純潔のマリア #1「完全なる乙女」

イメージ 2
中世ヨーロッパ、百年戦争の時代を舞台に描かれる、最強にして処女、魔女にして聖女の名を持つ少女の物語。
人知れず森にすむ、外見は少女だが強大な魔力を持つ魔女マリア。
恋はしたいけどその先はちょっと怖いお年頃なマリアは目の前に溢れる戦争や争いが大嫌い。
兵士や戦争を止めない教会に対して、普段はフクロウ姿のサキュバス・アルテミスを放って惑わし、時に強大な魔力をもって、戦場そのものを消滅させ、戦争をかき乱していた。

世界観や状況説明などを丁寧に描いていた手堅い1話目といった感じでしたね。
マリアちゃんの子どもっぽさも魅力的ですし、アルテミスとのやり取りも面白かったですし。
それにしても、まだまだ深夜とは言えない浅い時間なのに、処女処女言いまくりとは…^^;
まあ、ここまでこの作品が処女を前面に推しているということは、今後の展開の重要要素なのでしょうけど。
とりあえず、犬でも誰にでもいいなら、私にマリアちゃんの処女をください!(コラ!!
(★★★☆・)


ローリング☆ガールズ #1「キング・オブ・ルーキー」

イメージ 3
ぱっつんスーツに身を包む仮面の戦士・人呼んでマッチャグリーン。
愛する所沢の平和を守るため、日夜戦い続けるご当地モサ…その正体は、老舗お茶屋の一人娘・宇徳真茶未。
自警団“日吉町プロペラーズ”団長である真茶未は、隣国・東村山の自警団“北多摩デンジャーズ”による侵攻を阻むべく、伝説の流れモサで武器使いの女帝・執行玖仁子と狭い領土をかけて激突していた。
そんななか、真茶未に憧れて自警団に入った森友望未は、戦いに巻き込まれて、天高く吹き飛ばさて…

すごく力を入れて作っているのは伝わってきますが、今のところ、あまり面白さは伝わってこないというか…
バトルシーンはよく動いて迫力もあって良かったと思いますが、国をかけて戦っているはずなのに、暴走族とかカラーギャングが抗争しているようにしか見えず、軽すぎてシラケちゃうんですよね。
まあ、始まったばかりで、世界設定もよく分かっていないところもあるから、そう思えちゃうのでしょうけど。
この先、望未たちによるロードムービー風エピソードになったら、印象も変わって来るのかな??
(★★★・・)


聖剣使いの禁呪詠唱 #1「転生せし者」

イメージ 4
私立亜鐘学園高校…そこは前世の記憶に目覚めた若者たち“救世主(セイヴァー)”が集う学び舎。
ある者は、前世の記憶をもとに自らの身体から“通力(プラーナ)”を汲み出し武器と体術の戦技をもって敵を砕く“白鉄(しろがね)”となり、またある者は、物理を越える異能“魔力(マーナ)”を自在に操り、この世にあらざる魔術の業で敵を滅ぼす“黒魔(くろま)”となる。
その亜鐘学園に灰村諸葉は入学し、前世で永遠の絆で結ばれた最愛の少女2人とも再会を果たすのだが…

コテコテのラノベ設定や展開を詰め込み、謎の演出でギャグにまで昇華してしまった1話目でしたねw
まあ、作っている方はギャグなんて思っていないでしょうけど^^;
それにしても、前世の記憶があるとはいえ、サツキちゃんも静乃ちゃんも、なんでも諸葉にベタ惚れなのかな?
あと、前世の記憶が日本じゃないというか、騎士とか魔術師とか、世界設定もよくわかりませんね^^;
ところで、サツキちゃんのお胸って、そんなにゴツゴツするほど貧乳ではないよね?w
(★★☆・・)


戦国無双 #1「天下一の桜」

イメージ 5
戦国時代にあまたの武将が見た天下統一の夢…その夢の実現を目前にした豊臣秀吉は、子飼いの石田三成を総大将とする大軍勢をもって、北条氏康の守る小田原城を取り囲む。
しかし天下の堅城は容易には落ちず、3カ月が過ぎようとしていた。前線の三成の陣に集った各武将たちからも、膠着状態を打破しようと意見が飛び交う。
議論が白熱したその時、突破口を開かんと単騎で飛び出したのは真田幸村だった!

思った通りの新鮮味が感じられない内容でしたね。
せめて『戦国BASARA』が3期までやって飽きられる前に、アニメ化すべきだったと思います。
戦闘シーンも一昔前だったら、無茶苦茶で迫力があって面白いと感じたかもしれませんが、もはやイケメン武将が、無茶苦茶な力で無双するという内容に馴れてしまい、何とも思えなくなってきていますし。
まあ、強いて良いところをあげるとするなら、可愛い女の子キャラが多いことくらいかな。
(★★・・・)


冬アニメ1話目感想第8弾は、水曜にアップ予定です。

開く コメント(12)

開く トラックバック(1)

関東金曜の個人的注目作品は『デュラララ!!×2 承』『アルドノア・ゼロ』です。
『デュラララ!!』は、ここ最近で見た群像劇作品では群を抜いて面白かったので、本当に続きが楽しみです!
“2”は分割3クールということで、今期では途中になってしまうでしょうけど、無理して作画がメチャメチャになってしまうよりは、分割でもスケジュールが決まっていた方がいいかもしれませんね。

『アルドノア・ゼロ』も、とんでもないところで1期が終わってしまったので、早く続きが見たかったです!
特にスレインきゅんが堕ちていく様が…w(コラコラ^^;

ということで、今回は関東土曜スタートの『デュラララ!!×2 承』『アルドノア・ゼロ』『DOG DAYS”』『少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 50-』の1話目感想です。

※期待度:★=1点, ☆=0.5点 の5点満点。

デュラララ!!×2 承 #1「百聞は一見に如かず」

イメージ 1
“ダラーズ”と“黄巾賊”の抗争から半年、池袋の街は変わらぬ喧騒の中にあった。
高校生は青春を謳歌し、池袋最凶は仕事に勤しみ、情報屋は新たな画策に心躍らせ、都市伝説“首なしライダー”は街を駆っては、白バイ警官やテレビ局に追われていた。
しかし、そこには徐々に異分子が紛れ込む…世間を騒がす殺人鬼“ハリウッド”も、その一人。
静かに変化をつづける街で、新たな喧騒の火種が燻り始める。

5年の月日を感じさせないほど、すんなり物語に入り込めましたね!
あれだけの多くのキャラがいながらも、顔を見ればすぐに思い出せるのですから、キャラの個性が強いのはもちろん、これまでストーリーでキャラを丁寧に掘り下げていたことが分かりますよね!
“2”では、殺人鬼“ハリウッド”の事件が軸になっていくんですかね?
まあ、今回は首なしドジっ娘のセルティーさんの可愛さ満載でしたがw 100万円はどこにいったのかな??
(★★★★★)


アルドノア・ゼロ #13「眠れる月の少女 -This Side of Paradise-」

イメージ 2
地球連合本部を強襲したザーツバルム伯爵との戦いから19カ月後。
瀕死のアセイラムを救うため、スレインがとった行動は、敵であるザーツバルムにカタフラクトを動かすよう脅迫し、アセイラムと共に揚陸城から脱出するというものだった。
一方、スレインたちが去った後、瀕死の伊奈帆を見つけたユキは、デューカリオンに連れて帰る。
すぐに処置が必要だがデューカリオンは動かず…この状況に涙するしかないユキだが、その涙が奇跡を起こす。

正直、2人とも生きているとは思いましたが、まさか伊奈帆さんがサイボーグになっているとは驚きでしたよ!w
そして、お姉ちゃんの涙がきっかけで、姫様との契約完了になってしまうとは…
一方、姫様は昏睡状態のようで、スレインきゅんのお人形さんになっていましたね^^;
好きな人を生かすために手段を選ばなくなったスレインきゅんは、最後は無事ではすまなさそうだなw
強引な展開や設定追加も多かったですが、2期も面白くなっていきそうですね!
(★★★★・)



DOG DAYS” #1「再び、勇者の帰還」

イメージ 3
楽しかった夏…あれから一つの季節が過ぎて、3人の勇者が、またフロニャルドへ帰って来る!
大会に出ていたシンクとナナミはロンドンから、レベッカは日本から召喚の儀を行うが…
召喚の儀の途中で落雷にあったシンクとナナミは、フロニャルドにある竜の森へ落ちてしまう。
荷物も無くし、どこへ向かっていいのか分からず、困ってしまう2人。
そんな2人の前に、竜の森で魔物から竜たちを守る竜の巫女・シャルが現れる。

いつものこの作品らしく、ピンチっぽいのにゆる〜い展開で始まりましたね。
それでも、シャルちゃんが登場したり、いろいろと伏線は張っていたので、ほとんど遊んでいた2期とは違って、3期はちゃんと目的を持った展開になりそうですが…どうだろう?
まあ、それでも基本は温く進みそうですし、視聴者としても日常お遊び回の方を楽しみにしていますからね。
それに、1期みたいにシリアスを持ってこられても、途端につまらなくなりそうですから^^;
(★★★・・)


少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 50- #14「永遠のど真ん中」

イメージ 4
劇場“ハリウッド東京”で、ライブざんまいの日々を送っている“少年ハリウッド”。
少しずつではあるが、ファンも増え始め、体温のようなものが通い始めたように見えていた。
そして、マネージャーの勅使河原は、人手が足りなくなってきため、新たにバイトを雇うことに。
しかし、初代少年ハリウッドの時代のように大繁盛というわけではなく、ライブにはまだまだ空席が目立つ。
そんななか、控え室にいるメンバーたちは、恐ろしいほどマイペースであった。

相変わらず、画面に華が無いですよね^^;
でも、この作品の出す雰囲気や、ストーリー展開は嫌いじゃないので、流し見しているつもりでも、ちゃんとこれまでのエピソードや、キャラの個性などを覚えているんですよね。
ほんと、キャラデザさえもう少し賑やかなら、アニメももっと人気が出そうなんですけどね^^;
まあ、見た目も内容も地味なところが、この作品の味なのかもしれませんけど。
(★★☆・・)


冬アニメ1話目感想第7弾は、月曜にアップ予定です。

開く コメント(8)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事