ペースメーカー生活

記事お探しの方は、すべて記事表示から、キーワードをいれ、内容検索してください。

全体表示

[ リスト ]


質問日時: 2007/10/30 10:53:17 解決日時: 2007/11/5 09:21:28
先日引用したのと同じyahooの知恵袋から、ベスト回答者は同じ方でした。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313276543

「患者がプールなどに入っていて濡れている場合、大雨の駅ホーム・プールなどで本人は濡れていなくても床が濡れている場合、
AEDは使用できるのか」
の質問に対する答えは、概略以下のようでした。

体表面に水分があると除細動の瞬間、電気が体表面を伝わって流れてしまう。

心臓を通過する除細動に必要な電気エネルギー量を確保することを目的として、乾いたタオルなどで体表面を拭き取る必要あり。
・パッドとパッドの間の体表面を充分に拭き取ることが重要。
・それ以外の背中などが濡れていても躊躇なく除細動(ショック)を優先

その他の注意事項として、以下が追記してあり、
・雨中での除細動は不可。雨に濡れない場所に移動必要。
・床が濡れていてもOK。鉄板の上でもOK。
パッド間の胸部さえ濡れていなければ電気のほとんどのエネルギーは直線的に流れるのでOKと。
(致死的不整脈状態の心臓に必要な除細動エネルギーを与えることは可能)

乾いた床面が当然ベターたが、それ以上に「一秒でも早く除細動を施すことが優先。)」と強調してありました。
But わざわざ離れた場所まで傷病者を搬送する時間的ロスよりは、「その場で間髪いれず胸部水分を拭き取り除細動する」方を選ぶ事。

追記
 それ以外の注意点として、以下の話も追加で説明してありました。
<体毛がパッド貼付位置に密集している場合>→ ・剃る、または予備パッドでバリッと毟り取る
<貼付位置に盛り上がり(ペースメーカーなど)がある場合>→ ・3cm以上離す
<金属類(ネックレスなど)がある場合>→ ・取り去る、または3cm以上離す
<貼り薬>→ ・ あれば剥し、薬剤を拭き取る

最後に、「いかなる場面でもパッドは決して剥さないで下さい!」で結んでありました。(この説明は始めて聞きました。)
→理由は、「2分ごとに心電解析するようプログラムされている」からだそうです。
※除細動後意識や体動が幸いに戻る、または戻らなく心肺停止状態が続く、「除細動の必要はありません」と案内されるなどになっても、
電源もOFFにしないで、救急隊到着しても電源ON パッドは貼ったままの状態で! ということのようです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事