全体表示

[ リスト ]

保険のこと

昨日の午前中は、暇の合間にオイル交換。

午後からは、セカンドハウスの融資実行のため、銀行へ金消契約に行ってきました。

いよいよ今月末には物件の引き渡しです。


新たな住所地の住民票と印鑑証明書を提出し、銀行の新規口座を開設。

金銭消費貸借契約書に記名押印して、一応借り入れのための手続きは終わり。

あとは引き渡し日を確定するだけです。


金消契約手続きのあと、銀行の保険担当者に現在加入している生保・損保、医療保険などの内容を検証してもらい、お薦めの保険を紹介してもらいました。

保険なんて、普段はほとんど気にしないのですが、今回セカンドハウス購入のための融資を受けるにあたり、全疾病保障を付けることにしたので、これを機に保険の見直しをしようと薦めてもらったのです。

ちなみに、住宅ローンを借りるときには団体信用生命保険に加入しますが、これは死亡または高度障害状態のみローン返済が免除されるものです。
これだけでも安心なのですが、死んだり高度障害状態ではないが仕事は出来そうにない状況や、治療に専念しなければならない疾患を患った時などは、返済を続けなければならないので負担が増えてしまします。
これをカバーするのが全疾病保障なのです。

父と母の両祖父母とも病気で亡くなり、母は4年前に呼吸器の病で、父は昨年癌で、父の兄弟姉妹も心筋梗塞や脳卒中を患ったりしており、家系的にも重大な疾患を患う可能性が高いように思えます。

更に、住宅を新築してローン返済中の同級生が、内臓疾患と関節の病を患って、仕事ができない状況でも返済をしなければならず、奥さんが代わりに働きに出て苦しい思いをしているということを目の当たりにしました。

この歳からローンを組むってことは、そういったリスクをいかに回避して、のちに負担を残さないようにするかが重要だと考えます。


さて、住宅ローン関係の保障(保険)以外の、すでに加入済みの保険に関する見直しですが、これは新たに加入する保険でカバーする部分の重複を見直すだけでなく、加入している保険でカバーする内容が、実情と照らし合わせて見合ったものかどうかも検証してもらいました。

すると、これまで加入していた生保・医療保険の部分について、65歳まで掛け捨てで保険料を支払い、満期を迎えると保障が消滅してしまうことが分かりました。

当時は「どうせそこまで生きないだろうから」なんて安易に考え、万一入院したときの保障を重視するあまり、その後のことはあまり考えていませんでした。

もちろん、長生きする期待は今もあまりしていませんが、65歳を超えてから新たに保険加入するには、保険料が高額になり負担が増えることが予想されるため、まだ保険料が安いギリギリ40代の今のうちに保険を組み替えることが得策だと薦められました。

財産は不動産で残せるので、死亡保険金は安く抑えることとし、その分貯蓄型の生保を充実、これに終身の医療保障を加え、年金受給までの間の万一の収入保障を付加し、それでも現在支払っている保険料とほとんど変わらない支払いで済みそうです。


セカンドハウス購入を機に、今後のライフプランが少し改善されました。


現状の負担を変えず、今後の負担やリスクを回避しながら、いかに生活の充実を図るか...


とりあえずまた一歩前進です。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事