全体表示

[ リスト ]

干支韃靼人の羊飼い

イメージ 1
古い絵皿で干支を集めています。
⑧番目は羊なんですが、これも結構難しいものでした。元々日本では羊を飼う習慣も、乳を飲んだり
肉を食べたりする習慣がなかったんですね!干支の発祥の地は中国、中国は大陸、大陸にいかないと
なかなか見つかるものでは有りません!
この皿韃靼人の羊飼いの図なんです。ダッタン人とは蒙古辺りの遊牧民を指すらしいのですが
明治ごろに絵のような物で伝わったんでしょうね!楽しい絵です。
イメージ 2
兎が野原を走っています。
イメージ 3
羊の親子
子供は乳を飲んでいます。陶磁器に、この様な絵付けは江戸ではまず無いでしょう?
イメージ 4
おそらく有田と思います。次に同じものが出てきます。
イメージ 5
大事にしています「いげ皿」という本ですが著者は外国人、かなりの量の印判を
集めています。この本の最初に珍品として20点登場するんですが5番目にでてきます。
窯印も同じですから兄弟ですね。
イメージ 6
これは「印判手に見せられた暮らし」と言う本ですが、此処にも登場してきます。
珍品と言いながら印判は量産品、図録と照らし合わせて見ていく!
この様な楽しみ方ができます。

閉じる コメント(22)

アバター

なるほど!十二支の中には蒐集が難しいものもありましょうね。

2010/6/16(水) 午前 7:28 がらん堂 返信する

顔アイコン

僕は丙午なんで、それに因んだものを探してみようかなぁ〜って思いました。蒐集に困難さを感じれば感じる程、萌えてくるもんです!(笑)

2010/6/16(水) 午前 7:53 アジアの骨董 返信する

顔アイコン

おぉ〜〜!!

詳しい時代背景や生産の都合まで考えていくのは楽しいですね♪♪

私は所蔵品を書物に発見すると異常に興奮してしばらく眺めてしまいますw


羊だけでなく兎が走っているところがこれまた良いですね(*´∀`*)かわいい。

2010/6/16(水) 午前 8:19 [ 山半 ] 返信する

Padapadatalentさん

なるほど日本では羊を飼育する文化がなかったのですね。
衣食住の文化から印判の模様を見るのも
面白そうですねぇ。印判から社会的な背景も感じられる、
そういう集め方は好みです。

2010/6/16(水) 午後 1:26 佑果 返信する

顔アイコン

印判でも手描きでも古い物はいいなぁ。。。。

2010/6/16(水) 午後 3:52 みきぴん 返信する

顔アイコン

韃靼人ですか〜〜 杖を持って 羊を誘導しているところでしょうか。本当に面白いです。 ポチ〜〜

2010/6/16(水) 午後 6:06 nip*on*m 返信する

顔アイコン

がらん堂さん
十二支の中では羊は難易度が高いですね!
案外イノシシが無いんです!これ日本はだけみたいで
他の国では豚です。

2010/6/16(水) 午後 7:30 [ pada ] 返信する

顔アイコン

nazonazoさん
そうです難しいほどやってみようかと思います。
干支の揃えはお金ではなく、努力ですからね(笑)
蛇が見つかった時、集めて見ようかと思いました。

2010/6/16(水) 午後 7:35 [ pada ] 返信する

顔アイコン

[ 山半 ] さん
そうでよね!
図録に有りますと、安心しますね!見る目が有った(笑)
年配の骨董屋さんが言っていました。
四十年前は図録をいくら持つかで勝負が決まった!
図録、本など見ずに骨董屋をやっている人結構いたそうです。
まさに、耳学問だけです。

2010/6/16(水) 午後 7:41 [ pada ] 返信する

顔アイコン

OJ倶楽部さん
幕末から少し違った絵付けが流行りだします。
そして文明開化!明治に一気に開いたように思いますが?
違いますね!それなりの布石が江戸後期にうたれていたと思います。
明治〜大正〜昭和〜数年刻みで世の中変わってきます。
生き証人が印判ですね(笑)

2010/6/16(水) 午後 8:31 [ pada ] 返信する

顔アイコン

みきぴんさん
古いものは、良いものですよ!
捨てられずに生き延びてきたのです。
発掘品は発掘の面白さが有りますが、伝性品、たとえ百年だろうと残っています。
残りに幸あれですね!

2010/6/16(水) 午後 8:40 [ pada ] 返信する

顔アイコン

Nipponjinさん
ダッタン人の杖が良いでしょ?この絵付け
何かを写したのでしょうね?
この様なものを明治〜大正、普通に受け取れた世の中だったんでしょうか?なんとなくデコやのヌーボなどわかるような気がします。

2010/6/16(水) 午後 8:47 [ pada ] 返信する

顔アイコン

8番目はどの様なヒツジをUpするのか気になっていましたが・・・
これには、「恐れ入りました」の一事です。。。
まして、ウサギが跳ねてるとは・・・
ポチ☆ですね・・・

2010/6/16(水) 午後 9:44 兎家 返信する

ダッタン、久しぶりに聞きました。
学校の大大先輩の一行詩「てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた」
韃靼海峡とは、間宮海峡のことだそうです。
韃靼て、ロシアのことだと思ってました。

2010/6/16(水) 午後 10:21 [ -- ] 返信する

顔アイコン

韃靼、いろいろなところで見たり聞いたりする言葉ですが、オペラ、「トーランドット」の主役の王子も韃靼人だった。。かな?と
言ってみれば「かぐや姫」大人版なんですが。。。
古いものには日本人の海の外へのあこがれが出ているように感じます
干支でおなじみの羊は日本にはいなかったんですね〜、今気が付きました 苦笑

2010/6/16(水) 午後 11:37 [ - ] 返信する

顔アイコン

兎屋さん
この皿見た人みなさん喜びます。
人が後ろ向きで後ろを兎が逃げているんですね!
もう一つは乳をのむ羊の赤ちゃん。
しばらく見ていて気がつきます。みなさん楽しそうに笑います。

2010/6/17(木) 午前 4:56 [ pada ] 返信する

顔アイコン

[ Yas(^。^) ] さん
ダッタンとは中国語で、範囲は非常にあいまい
ロシア人も一部はいりこみます。
韃靼海峡ですが、初めて聞きましたが、中国から見れば
そうなりますね!面白い話です。

2010/6/17(木) 午前 5:07 [ pada ] 返信する

顔アイコン

[ rosemarie ] さん
江戸後期には韃靼人を描いた陶磁器が出てきます。
西洋人とまた区別していたんでしょうね!
干支を集めるのは結構難しいですね!大体、陶磁器は台所で
使いますので、蛇やサル柄よりも金魚や兎の方が良いですよね!
台所で使われた日本の小皿で干支を集めるのは不可能に近いなんて思ったりします。

2010/6/17(木) 午前 5:21 [ pada ] 返信する

顔アイコン

いいのを
おもちですねーー。。。

2010/6/17(木) 午後 0:13 butty Z 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。
ほんわかムードの絵付けですね!

2010/6/18(金) 午前 5:38 [ pada ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事