ホームページ作成鼻整形 WAM昨年度実績、評価「S」は4項目−契約額過去最高の「福祉貸付事業」など

厚生労働省の独立行政法人評価委員会医療・福祉部会は16日の会合で、「福祉医療機構」(WAM)の昨年度業務の総合評価を概ね了承した。それによると、16の評価項目のうち、5段階評価で最も良い「S」は、契約額(2447億円)が過去最高を更新した「福祉医療貸付事業(福祉貸付事業)」など4項目だった。  同部会の真野俊樹部会長(多摩大大学院教授)は、WAMの昨年度業務実績について、東日本大震災で被災した社会福祉施設や医療施設の復旧・復興のための資金融資を的確に行い、「独立行政法人としての役割を果たした」などと総合的に評価した。  福祉貸付事業のほかに「S」だったのは、▽効率的かつ効果的な業務運営体制の整備▽福祉医療貸付事業(医療貸付事業)▽退職手当共済事業-。「福祉医療貸付事業(債権管理)」と「心身障害者扶養保険事業」は上から3番すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事